十色生活

iyim2012.exblog.jp
ブログトップ

タグ:好きな歌 ( 25 ) タグの人気記事

今日という日

今日、今頃、本当は関空に居たんだ、私達。

今頃、南の島行きの飛行機待って、
ひょっとしたら、あの時買ったお揃いのTシャツなんか着ていたかもしれない。

ウキウキした気分でいた時の、ごめん!m(__)m 私の突然の骨折。
ほんと、ごめん。。。


5人で絶対行って来て!って言ったのに、
5人はキャンセル料払ってまで、キャンセルしてくれたんだ。

キャンセル料1人30000円だぜ!

一人で悩んで・・・
5人も悩んで・・・


結果、私はこうして今、みんなの気持ちを受け入れて、家で今日も普通に食事をしてテレビを見ている。
結果、Tちゃんの旦那様も骨折して、ほらやっぱり行かれへん運命やったんや!って事にもなったけど。


キャンセルはしたけど、見送り。
気候のいい時に見送るだけだ。

楽しみな計画は、いったん真っ白になって、
新たな色に塗り替えられる。
運命の女神は、まだそっぽを向いていないぜ!
味方してくれるはず。
c0292342_08460828.jpg





するりと過ぎた1日だったけど、
私は今日という日を忘れないやろな~ 



今日もお立ち寄りくださり、ありがとうございました。


  
by iyim2012 | 2018-10-24 21:19 | feeling | Comments(14)

季節の狭間

好きな音楽を聞きながらまったり過ごすティータイム

1987年 全米ビルボードヒットチャート 1位の「Always」





ティータイムのお供は、Charpentier MATSUI(シャルパンティエ・マツイ)のシュークリーム
お茶はドライのレモングラスで自家製ハーブティー
c0292342_20304163.jpg


また大きな台風がやってきます。
平成最大級の台風と言っても過言ではないそうです。
明日は直撃を受けそうです。(◎_◎;)


そんな中、今日、忘れ去られたように何処からか転がって来た、蝉の脱け殻を見つけました。(・_・)..?


夜には、すっかり秋を告げる虫の音が聞こえる9月の始めです。
でも昼間は、真夏日を思わせる暑さ。
正に、季節がミックスする時期ですね。

c0292342_17414731.jpg
蝉の声で、夏の始まりを感じ、
蝉の抜け殻は、夏の終わりを告げる。


大人になってから、秋という季節が好きになったけれど、
子供の時は、夏が好きで夏の終わりを淋しく感じた物です。
一年中で、こんなに季節の終わりを切なく感じるのは、きっと夏だけなのだ。


小学生の孫達も、同じように思うのかな~
君達の夏休みも終わりましたね。
c0292342_22463667.jpg

エアコンの付いている学校は、もう始まっている所もあるけれど、孫達は今日から2学期始まりました。
冷房なしの教室はまだまだ暑いやろな~(>_<)

明日はまた朝から警報出そうやな~(*_*;
台風、皆さんくれぐれも厳重に警戒してください。



今日もお立ち寄りくださり、ありがとうございました。


  
by iyim2012 | 2018-09-03 21:16 | 生活 | Comments(10)

先週末のステキ時間

土曜日は、ケアハウスで暮らす義母の誕生祝いで、主人と3人 ディナーに行った。

今年は88歳の米寿の歳だけど、3人でひっそりとイタリアンで。
素敵な時間でした。
c0292342_10084909.jpg
c0292342_10091169.jpg


今思えば「老い」について考えることって全く無かった若い頃。
今では、何気ない日常で、これまで普通に出来たことが出来なくなる変化を感じるようになりました。
老いるという事、今更ながら日々 義母や母から教わっている気がします。

人間誰しも歳はとるけど、それと比例して得るものも沢山ある。
c0292342_10095806.jpg



素敵な時間part2は、
昨日癒しの場所アーシャイルで、魅力ある歌声の シンガーソングライター宮城愛さんのライブを聞きに。

アーシャイルでいつも流れていた宮城愛さんのCD
透き通る歌声の愛さんと、黄昏時のアーシャイル
とても幻想的な世界になり、癒されました。
c0292342_21474085.jpg
素晴らしい方とご縁を繋いでくれた、先生に感謝です。


YouTubeで愛さんの歌、色々ありますが、
素敵な映像見つけました!
もぐらハウスというやっぱり素敵な所で、歌っている愛さんです。




宮城 愛

徳島県神山町、豊かな自然の中で薪を使う昔ながらの生活を営み、高校在学中から日本各地で数多くのライブを経験。
自然の息遣い感じさせる澄み切った歌声は、聴く者の心に深く染みわたる。
母となり、また新しい想いを歌に込め、平和への道を進んでいる。

c0292342_21493121.jpg



今日もお立ち寄りくださり、ありがとうございました。


  
by iyim2012 | 2018-06-25 09:41 | イベント | Comments(16)

ユーミン (*˘︶˘*).・*♡

庭のムスカリがちょうど見ごろを迎え、一気に春めいた気分を味わえてます。
c0292342_13560811.jpg


さて、本日のNHKあさイチのプレミアムトークのゲストはユーミンでした。
見られた方も多かったのでは?
そして、ユーミンの歌と共に青春を歩いて来られた方もたくさんいらっしゃるはず。
c0292342_13592258.jpg
今年デビュー45周年を迎えられるそうで、いつまでも静かにパワフルな人です。

モットーは、「ギャラが出ない時はオーラを出さない」その辺りがやはりスターですね。
サプリを飲んだり、トレーニングをしたり、夜には炭水化物を食べないなど、スターはやっぱり努力を怠っていない。

そんな反面、電動ママチャリでスーパーに買い物に行くという主婦の顔が見えるのも取っ付きやすい部分です。

c0292342_14080922.jpg

45周年を記念して、4月に出るBESTアルバムは、ユーミン自信が選曲した45曲が入っているらしい。

純粋さを捨てない
”私”で生きてゆく
旅をやめない

そんな思いで選んだ45曲らしいです。

最近の歌こそ知らないけれど、あの頃もあの時も、ユーミンの歌に自分を重ね合わせていた私もいます。
アルバム、ぜひ聞いてみたいです。

歳を重ねても好奇心と感性を磨き続けている人なんだな~って改めて思いました。





      *********


監査が入ったりで、此処のところ忙しかった主人が、今日は4週間ぶりで赴任先から帰ってきました。
c0292342_14184598.jpg
そう言いながらも、特別ご馳走ではなくて、普通の和食メニューでした。(^^ゞ




今日も訪問していただきありがとうございました。


  
by iyim2012 | 2018-03-23 23:22 | feeling | Comments(12)

グレイテスト・ショーマン

映画「グレイテスト・ショーマン」を観てきた。

「レ・ミゼラブル」のヒュー・ジャックマンが実在したアメリカの興行師、P・T・バーナムを演じたミュージカルです。
c0292342_16013947.jpg


少しどんよりとした気分の時に、この映画なら元気をもらえそう、そう思って見ました。
「ラ・ラ・ランド」の製作陣が手掛けた楽曲ですが、とにかく歌に感動して何度か涙がでました。
心動かすメーッセージを忍ばせた歌です。

家族への愛と、夢に向かうただひたすらな信念。
そして人生の底を知った人達が、自分らしくいられる場所を見つけると、こんなにも強くなり輝く事が出来るのですね。
c0292342_16020106.jpg

最近はあまりパンフレットを買わないんですが、歌やキャストが知りたくて思わず買っちゃいました。

展開が早い映画ですが、見終わった後も、心地よい余韻が残る映画です。


ブログに残しておきたい歌と映像・・・ひとつに絞れなくて悩んだけど、これに決めた!




何年か前のフェイクムートン×とってもワイドなワイドパンツのコーデでした。(笑)
c0292342_22400292.jpg


今日も訪問していただきありがとうございました。


  
スカパー!

冬の5大テーマ祭り「映画」をもっと見る

by iyim2012 | 2018-02-20 09:21 | シネマ&ドラマ | Comments(8)

週末のいろいろ

金曜日、インフルエンザの予防接種に行ってきました。

仕事をしている時は、高齢者と接するため、移し移されを予防する意味でも予防接種は毎年義務付けられていた。
でももう仕事も辞めたんだし、予防接種していてもインフルになる時はなる、予防接種していなくてもならない時はならない。
そういうもんだ。
だからもういいんじゃない?

そう思っていたけど、娘から秋に入った頃早々に「小さい孫達と接触するんだから、受けといてよ」って言われていた。

それでも今まで「そのうち、そのうち」「いや、やっぱり接種しないといけないか?」などと自問自答しながらも行きかねて・・・
でもまあ毎年、6人の孫の誰かがインフルエンザにかかっている事だし、まだ1歳の孫達の顔を見ていると、ここは素直に言う事を聞いておこうと、ようよう重い腰をあげたわけですよ。

で、結構な値段のする予防接種をKクリニックで受けました。
そしたら、まさかまさかですよ。
私の打ったワクチンがクリニックの在庫の最後だったようで、後から接種目的で来院された人達はみんな断られていました。

業者からすぐに入るかどうかはまだわからないようで、入荷次第連絡しますと皆さん言われていました。
ワクチン、不足しているんですね・・・

タッチの差でギリギリセーフでした。
その日思い腰をあげて良かったです。娘達に「ほれ見たことか」って言われずに済みました。

老いては子に従えではありませんが、今の所子供の言う事はちゃんと聞いている母なんですよ。
c0292342_23025119.jpg



昨日の土曜日は、主人と映画館に。
最近はひとり映画が多いので、主人と映画にいくのは1年半ぶり。
又吉さんの、あの「火花」を見ました。
c0292342_23034139.jpg
お笑い芸人としての10年の生活が淡々と描かれています。
大阪出身の桐谷健太、菅田将暉の大阪弁のやり取りがとってもリアリティに溢れていて、上手いな~って思いました。
舞台は関東ですが、コテコテの関西のお笑いのアンビエンスがよく出ている映画でした。


主題歌の浅草キッドも好きな歌です。





映画の後のディナーは、義母も誘って、てっちりを食べました。@「うずしお」
c0292342_23143423.jpg

生簀から出された活フグで、運ばれてきた切り身の状態でも、まだピクピクしてるんです~(@_@)
c0292342_23160731.jpg


義母がケアハウスに入居してから3ヶ月が過ぎましたが、今の生活が順調で気持ちも落ち着いているように思えました。
食事も希望すればみんなと一緒に、後は自立と自由を尊重してくれる施設なので、一人暮らしが不安だった義母には「安心」が得られたことが何より良かったです。



今日も訪問していただきありがとうございました。


  

by iyim2012 | 2017-12-03 08:44 | 生活

ナミヤ雑貨店 再開店

今年の秋のだんじり祭りも終わり、孫たちのお風呂のお手伝いというお役目もひと段落した。
頑張りすぎたのか、色々気疲れもあってか、案の定風邪気味です。(>_<)
10月というのに暑い日が続いていたせいもあるのだろう。
これからが秋のさわやかな季節の到来なので、早く治さなくては。

ただこの気持ちのいい季節は意外と短いのですよね。
それが毎年、残念に思う。



ひと段落ついたので、気になっていた映画を見てきました。
「ナミヤ雑貨店の奇跡」
c0292342_09512310.jpg


東野圭吾の感動作ですが、残念ながら原作は読んでないんです。
でも去年、舞台化されたものを観ました。



舞台がかなり感動したので、期待して行ったんですが、「あ~、そうだったのか」というあのシーンも、全てが繋がっていくあのシーンも、なぜか弱いの。

舞台で感じた、ドーンと来るものがなかった気がします。
これはストーリーを知っているから仕方ないのかな。
ストーリーは大好きなんですけどね。


西田敏行さんはやっぱり名優ですね。
山下達郎さんの主題歌「REBORN」はとってもいい。
歌詞が素敵すぎる~~





久しぶりの映画でした。

軽めに食べたランチは、タリーズコーヒーにて。
パンプキンラテ&サラダピッツア キーマカレー
c0292342_10133124.jpg


家でのひとりご飯は、『古民家ダイニング「茶倉」で買ったアスパラガスの麺』をパスタ風に使ってみました。
c0292342_10160186.jpg
ほのかに香るアスパラガス
でも少し茹ですぎてしまいました。(*_*;


最近のお茶は、丹波の黒豆茶です。
イソフラボンとアントシアニンがたっぷりです。
c0292342_10180760.jpg
ハリオの耐熱ティーボトル、新しく買いました。
可愛いです。


今日もこれから次女が美容院に行きたいというので、チビ孫チャマのお守りに行ってきます。
まあ必要とされる事は花と思い、出来る事は喜んで。



今日も訪問していただきありがとうございました。


  
by iyim2012 | 2017-10-11 08:25 | シネマ&ドラマ | Comments(8)

思い出をふくらます

月2回の英会話に、先月、元お隣のご主人が入って来た。
“元”というのは、5、6年前に同じ市内だけど、山手の方に引っ越しされたのです。

お隣に住んでいる時は、奥様とはよく喋っても、ご主人とは挨拶する程度で、ほとんど会話らしい会話をした覚えもなかった。


先月、お互いビックリして簡単な近況などを交わしたのだけど、
「このご主人、こんなに喋る人だったのか」と、思うくらい、他の人ともよく喋り、おまけにそこそこ知識人だった。
「きっと無口で、家の中でもほんとに喋らない人」 そう勝手に思い込んでいたのだ。


そして今月の英会話での、ご主人の話。
ご夫婦そろって旅好きなのは知っていたけれど、ご主人の方が好奇心は熱かったのです。
つい最近、ひとりで自転車を担いで泉大津港からフェリーで門司まで行き、自転車で関門海峡トンネルを渡り、山口県の角島という所まで行った話をしてくださった。

歳はきっと60半ば・・・
なんという男のロマンあふれた旅だろう。 
しんどそうだけど・・・私は自転車で行きたいとは決して思わないけれど。(笑)

行きたい場所が多くて、経費節減でよくひとり自転車旅をされているのだそうです。
しまなみ海道や淡路島など。

こんな人だったんだね~ 意外だわ~
人は見かけによらぬもの。



で、もう片方のお隣さん。

こちらも定年後ご夫婦でよく旅行なさるのですが、今度はアメリカ西海岸に1週間の旅行に行って来たそうです。
西海岸のお土産は、リンツのリンドールのホワイトチョコでした。
c0292342_22531919.jpg

サンフランシスコやヨセミテ国立公園はちょうど気持ちいい季節で、素敵だったらしい。
ラスベガスではシルクドソレイユを観てきたらしいです。
(襲撃事件は帰った直後の事だったようです)


アメリカ西海岸。。。
我が家も19年前、初めての家族での海外旅行の思い出の地です。

19年前、まだフィルムカメラで、景色の写真などはとても見られたもんじゃない。
でも、サンタモニカやロデオドライブ、グリフィス天文台など、懐かしく思い出される景色はいっぱいある。


映画の世界です。
プリティウーマン、理由なき反抗、最近ではララランド。。。
c0292342_22515699.jpg

ユニバーサルスタジオで思いっきり転んだ長女、ディズニーランドでグーフィーの方から握手を求められた次女、アメリカ人に道を尋ねられた主人、旅の興奮で2日間眠れなかった私。
生まれて初めて乗ったセスナで飛んだLAの夜空。

懐かしい。。。

c0292342_11165762.jpg

c0292342_11175369.jpg


まるで割れない風船を持っているようだ。
しぼんでいても、また息を吹き込むと大きく膨らんで、風船は思い出で満たされる。
c0292342_11182182.jpg
c0292342_11184044.jpg

もう4人だけで旅行する事はないかもしれない。
ましてやアメリカなんぞ、2度と行く事はないかもしれない。

でも割れない風船を持っている限り、もっともっとおばあちゃんになっても、時々膨らます事が出来るんです。
それだけで幸せになれる気がします。



とんだ方向へと話は流れていきましたが、思い入れの深かった旅行なので、思い出すことができ、少しだけでもブログに残せて良かったです。






今日も訪問していただきありがとうございました。


  
by iyim2012 | 2017-10-05 12:24 | 旅行 | Comments(10)

思うこと・・・(・・?

夫婦は見つめ合ってなくても、同じ方向を向いてさえいればいいんです。
そう私に教えてくれた人は、最近離婚した。

自分の心を解放した結果の事です。
そう言っていたけれど、彼女の言葉は切なくて、きっと長い間気持ちに蓋をしていて、後悔はないと言うけれど、私は勝手にこっそりと辛くなるのです。


心を解き放つ、心のまま、心に正直になる
難しいです。

夫婦の間には夫婦の数だけ色々あって、計り知れない事だけれど、自分の心を吐き出せずに、しんどくなってる人もいる。
もっともっと心をさらけ出せたら、きっと楽になるのにね。
私も出来ていない。

c0292342_23371131.jpg


私は本来はすごく寂しがり屋で、誰かそばに居て欲しいと思う性格。
小さい時も、とてもかまって欲しい子供でした。

そのくせ甘えるのがとても下手なのです。大人になっても他人とはなかなか馴染めない。気持ちを表に出すのも下手。
小学2年生の孫は、どこか私に似ています。

c0292342_23444436.jpg

今世間を騒がしている、あの松居一代さんも、きっと心の奥底ではまだ船越英一郎さんの事が好きなんだろうな。
真の思いを吐き出せず、思いは歪んで、 壊れて、憎悪に変わって、ますます壊れていく。。。


そんな風に心とは厄介なものです。
自分でコントロール出来ずに勝手に迷走してしまうのです。


自分の心の中をごまかしながら、隠したままでも生きていける。
でもその代わり、お相手様も あなたに真を見せることはしない。

お互い様 文句なし。

そう教えてくれたのも、離婚後の彼女です。



好きな歌です。




心とはやっぱり厄介なものです。
心の中の蓋を外して、どこまで吐き出せるのかな。
何処までも永遠の課題です。



訪問していただきありがとうございました。


  

by iyim2012 | 2017-07-15 09:57 | feeling

灯ともし頃に思うこと

今頃の時期だと、ちょうど6時半過ぎた頃。
日が沈みかけるその時に、空がほんのりオレンジ色に染まる時がある。

こんなにも赤く焼けた日も久しぶりです。
c0292342_23105796.jpg

1日の中で好きな時間です。

街中の灯りが明かりポツポツと灯り始める頃でもある。
オレンジ色の灯りは、自然と人の目と心を癒やしてくれる。
“灯ともし頃”とも言いますね。

灯ともし頃・・・「二人の銀座」の歌の中での歌詞に出てきます。
“夕暮れ”などという表現よりも、“灯ともし頃”という方がなぜか好きです。
懐かしいです。 ベンチャーズの曲です。






こんな形でゆらぐ街灯りや夕焼けに癒やしを求める私がいる。。。


録画していたNHK BSプレミアムの「京都人の密かな愉しみ 桜散る」を見ました。
京都をテーマとするドキュメンタリーとドラマが交差する番組で、季節ごとにシリーズ化されています。
番組の中で気が付くと流れている、「京都慕情」のメロディー。

やはりこちらもベンチャーズ。
しっとりとしたメロディに乗せた、この歌が好きです。
この歌の歌詞には京都の色々な所が登場するが、私が連想するのは、いつも京都先斗町の“灯ともし頃“の景色である。

その景色を初めて見て、京都の魅力と得も言われぬ切なさを感じた。
あれはいつだったんだろう。
今のように木屋町通りも先斗町も、若者が入りやすい店などなくて、花街らしい昭和の香りが残る先斗町だった。







年齢と共に、求める癒しも変わってくるものです。
京都、景色、火ともし頃、歌・・・
二つの歌は昭和も昭和、思いっきりナツメロの世界です。

そうだ、私も京都へ行こう・・・


      *******


先日のヨガは、久しぶりに大好きな先生のヨガでした。
お会いするのも4ヶ月ぶりです。

c0292342_09151655.jpg

優しい声と言葉は心の奥底に届きます。

神経を傾け聴いていると、目には映らぬものが見えてくる。


ある時、声は色を放ち。
ある時、言葉は形を表す。


目に映るもの全てが真実とは限らず、見えない真の姿まで手繰り寄せ、あるがままの心の様が見えてくる。
ヨガを通して、伝えたい思いが溢れている先生でした。



今日も訪問していただきありがとうございました。


  
by iyim2012 | 2017-05-21 09:18 | feeling