十色生活

iyim2012.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:シネマ&ドラマ( 58 )

なんばパークス

なんばパークスで映画を見た。
「母さんがどんなに僕を嫌いでも」

c0292342_10034448.jpg

原作は、小説家・漫画家の歌川だいじによる、同名のコミックエッセイです。
実話が元となった原作です。

大好きな母に愛されることなく大人になった青年が、友人たちに動かされて母と向き合っていきます。
母に虐待され拒絶され、それでも母からの愛を取り戻そうとする・・・

ともすると暗いテーマになりがちな話だけれど、涙の後はさわやかな思いで見終わる事が出来ました。
吉田羊さんの熱演、やっぱり凄い迫力です。



ひとり映画なら、映画の前後もそれなりに過ごすだけだけど、
友達と一緒の映画は、朝から夕方までゆったり&楽しい時間を過ごせます。

映画の前のランチは自然食の「菜時季」にて
c0292342_10281258.jpg
選べるメイン料理(根菜とキノコの豆腐ハンバーグ)の他は、副菜、ご飯、お味噌汁、飲み物はビュッフェで食べ放題。
お野菜をいっぱい摂れます。
お腹一杯だけど、ヘルシーだよねー(^^ゞ (って言い訳している。笑)


映画の後のティータイムは、「ELMERS GREEN」にて
c0292342_10433438.jpg
ヘルシーなホットドリンクと、タルトタタン&チーズケーキ


いずみピクルスNuts DOMで買い物していたら、外はすっかり暗くなってイルミネーションが始まっていました。

c0292342_10461081.jpg

友達と一緒ならではの楽しい一日、素敵な時間

なんばパークスを満喫出来ました。(ほんの一部だけど・・・(^^ゞ )
c0292342_10480016.jpg

さあ、世間一般では3連休
主人も珍しく3連休。。。

昨日はいい夫婦の日でもあった事だし、今から車で小旅行してきます。(^^♪



今日もお立ち寄りくださり、ありがとうございました。


  
by iyim2012 | 2018-11-23 06:17 | シネマ&ドラマ

映画と新しい靴

見ました「ボヘミアン・ラプソディ」

イギリスが生んだ伝説のバンド 「クィーン」のヴォーカル、フレディ・マーキュリー
1991年に45歳でこの世を去ったレジェンドの波乱の生涯を描いた、感動の映画です。
c0292342_13131601.jpg

高校の軽音楽部に入っていた時、アコースティックギターでフォークソング一辺倒だった女子に対して、
男子はリードギター、サイドギター、ベース、ドラムなどで、クィーンを始め、レッドツェッペリン、ディープパープルなどのハードロックをコピーしていた。

その時初めて知ったクィーン。
数々の名曲を残していたのに、何も知らなかったんだな~と改めて思う。


伝説のバンドのスーパースターにはもちろん光と影があって、その影の部分が孤独で切なくて、とても悲しい。
久しぶりに泣いてしまいました。

c0292342_13284840.jpg

1885年の「ライヴ・エイド」が映画のクライマックスシーンですが、映画を見終わってからネットで本物のライヴ・エイドを見たんです。
俳優の衣装や振りつけがそっくりなだけではなく映画は見事に再現されています。
その完成度の高さ、あっぱれです。

名曲が生まれた瞬間やレコーディングのシーンも興味をそそられます。
よく知られた曲の意味がよくわかって、死を意識していたフレディの心情と重なって、よけい泣けました。
知って良かった。 見て良かった。

映画で流れる曲は28曲
演奏シーンは主にフレディ本人の歌声が使われています。


************


先日のりんくうプレミアムアウトレットで買った物なんですが・・・
インスタにアップしたオニツカタイガーのショップ袋を見て、インスタでフォローさせてもらっているお洒落なある方から、ぜひ靴の写真を撮ってってお願いされたのです。

で、ブログでも初オニツカタイガーの靴、お披露目することに。

c0292342_14033613.jpg
赤がアクセントになっている、レザーのハイカットスニーカーです。

c0292342_14044878.jpg
デビューさせました。



今日もお立ち寄りくださり、ありがとうございました。


  
by iyim2012 | 2018-11-14 10:48 | シネマ&ドラマ | Comments(6)

ハナレイ・ベイとカレンダー

ハナレイ・ベイは、ハワイのカウアイ島にある美しいビーチです。
そのハナレイ湾が舞台の映画「ハナレイ・ベイ」を見てきました。
c0292342_11012547.jpg
ハナレイ・ベイ
ここでサーフィン中にサメに襲われ、右足を失い命を落とした一人の若き青年。
その息子を弔うため、母親のサチは毎年、島を訪れていた。
10年目のある日、島で出会った日本人サーファーの若者達から
「片足の日本人サーファーを何度も見た」
という話を聞き、サチの心が乱れる。
なぜ、自分には見えないのか。。。


原作は村上春樹の「東京奇譚集」の中の短編小説です。

村上春樹は、その昔、王道の「ノルウェーの森」を読んだのですが、長編すぎてそれっきりこれっきりになった作家さんです。(^^ゞ
そんな私でも、これが村上ワールドの映画なんだって思える映画でした。


佐野玲於(EXILE JENERATION)クンや村上虹郎クンが出ているので、その子達目当てに若い人も何人も見に来ていましたが、
これはやっぱり“母”の立場や目線で見ないと、伝わりにくいと思います。

クールな母が息子の死を受け入れていく難しい役を、吉田羊さんは、見事に演じていると思います。
ピアノも英語も上手な方なんですね~
c0292342_11411241.jpg

カウアイ島の美しい空と海と太陽 そして島の死生観
それを受け入れ、東京で淡々と生きていく母

吉田羊さん、注目してみたい人ですね~



今年も残すところ、あと2ヶ月
来年のカレンダーも買いました。
c0292342_20362285.jpg

ほとんど毎日目にする物だから、どんな物でもいいっていうのも何なんで、ここ何年かはお気に入りを見つけて買っています。

でもこのハウス型とイラストレーター米津祐介さんのは、ここ4、5年買い続けています。
c0292342_20370603.jpg

手芸でアートを作るMICAOさんのイラストカレンダーも2度目です。
c0292342_20372513.jpg

やっぱり自分の好みの物で結局、落ち着いて行くんですよね。
みなさんもきっとそうだと思います。



今日もお立ち寄りくださり、ありがとうございました。


  
by iyim2012 | 2018-11-01 09:25 | シネマ&ドラマ | Comments(4)

樹木希林さん 映画2本

今話題の映画「日日是好日」を観てきました。
c0292342_10004688.jpg
原作は森下典子さんの、人生のバイブルとして多くの人に支持された、ベストセラーエッセイです。

お茶を通して季節を感じる物語、日々への感謝を知る物語
二十四節気の季節の流れと共に、雨の音、水の音に身をゆだね、五感を使って全身でその瞬間を味わう。

静かな映画でしたが、掛け軸やお茶菓子、茶道具やしつらいを知る楽しみもあり、毎日を少しだけゆっくり丁寧に生きてみようと思わせてくれる映画でした。

樹木希林さんはそこに居るだけで説得力がありますね。
c0292342_10284410.jpg



もうひとつの樹木さんの映画は、BS朝日で放送していた「あん」
河瀨直美監督の2015年の映画で、実のお孫さん内田伽羅さん(モックンの娘さん)との共演も話題でした。
c0292342_20565390.jpg

私達はこの世を見るために、聞くために産まれてきた
だとすれば、何かになれなくても、私達には生きる意味がある

こんな素晴らしい映画を、何本も残した樹木希林さん。
もう過去の映画の中でお会いするしかないのですね。



映画の前のランチです。
土佐の明神丸にて、カツオのたたき
c0292342_10351577.jpg

映画の後のデザートは、gramでモンブランのパンケーキ
c0292342_10364147.jpg
美味しそう~~!!(´~`)モグモグ って、もちろん美味しかったです!



今は家でも、録画保存しているドラマや映画をたくさん見ています。
そして関西でもあの懐かしの「東京ラブストーリー」始まってますね(^^♪

美味しい物、ちょこっと摘まみながら。

秋の夜長
映画もドラマもいいけど、やはり食欲の秋



今日もお立ち寄りくださり、ありがとうございました。


  
by iyim2012 | 2018-10-26 09:42 | シネマ&ドラマ | Comments(8)

樹木希林さん

先日亡くなった樹木希林さんの、亡くなるまでの1年を密着取材した、ドキュメンタリー番組を録画していた。
c0292342_18050425.jpg
今は時間があるので、2度見たか? 3度見たかな?

2017年6月からの1年間、希林さんは4本の映画に出演している。
「モリのいる場所」「万引き家族」「日日是好日」そしてもう1本はドイツ映画。

自宅から撮影現場まで、自分で車を運転して向かう。
それも大きなトヨタのオリジン、時にクラウンやベンツ、どれも高級車だ。
そして自分でギャラの打ち合わせ。


仕事にはゆるりと臨むが、妥協はしない。
しかもこんなに自然に演技できる人はそういないと思う。

破天荒な人生を自分に正直に生き抜いた人。
淡々と生きているけれど、決してブレない人だった。


c0292342_18443973.jpg
友達がありがたい事に映画に誘ってくれました。
「モリのいる場所」

もうとっくに上映終了した映画だが、希林さんを偲んで再上映している所があり、私もやっと見る事が叶いました。

画家のモリこと、熊谷守一さんと妻秀子さんの、虫や木々に囲まれた古い家で過ごす、夏の日々。
自分の庭に、毎日冒険に出かけるモリ
それを文句を言いながらも、優しく見守る秀子さん

夫婦で一緒に年とっていくのも、悪くないなって思いました。

ストレスのない、生命力あふれた庭
豊かな生活とは、実はこういう物なのだって教えてくれる、ユーモアを交えた素晴らしい映画でした。


c0292342_19110463.jpg
初めてのシネマ、
2015年の河瀨直美監督の「あん」も上映されていました。


P.S.  映画を見て、虫嫌いな私でも、虫が可愛く見えたり、暮らしの中で生き物を最近飼っていないので、手が治ったら、ベタを絶対飼おうと思いました。



今日もお立ち寄りくださり、ありがとうございました。


  
by iyim2012 | 2018-10-06 23:56 | シネマ&ドラマ

夏が終わる

昨日午後に、主人が赴任先に戻って行きました。
私もまたプチおひとり様生活に戻りました。

主人の夏休みが終わると、いつも夏が半分終わったような気がして、少し物悲しい気持ちになるのです。

16日間あった夏休みは、福知山での数日過ごした後、大阪へ帰って来てからはほんとにあっという間に過ぎた感じです。

母の入院でも忙しくしていました。
義母の自宅の片付けも、ほんの少し進んだ程度で、まだまだ残っています。
後半、主人の体調も悪くなりました。

早朝ゴルフも美術館の予定もやめて、後半は自宅で療養!?

まあ予定は未定
決定ではないのだから、そこらへんはポジティブに!

2日間の絶食の後は、お粥や野菜をクタクタに煮た煮物などが主人の食事でした。
婿殿が釣ったタコ 柔らか~く煮た「タコの柔らか煮」は美味しく出来ました。
c0292342_22092543.jpg


孫の為にレンタルしたDVDを返却しに行った時に、主人と二人で見るDVDを数本借りてきました。

「祈りの幕が下りる時」
c0292342_20432260.jpg
子供を思う親の心がテーマで色々な絡みがあるけれど、少し内容がベタな所も・・・


「DESTINY 鎌倉ものがたり」
c0292342_22142653.jpg
西岸良平の原作が良いと聞いて見たファンタジー 同じCG有りきの映画でも夢があり、「空海」よりも断然良かった。


「トゥームレイダー ファースト・ミッション」
c0292342_10565623.jpg
アンジェリーナジョリーに変わり「リリーのすべて」のアリシアヴィキャンデルが大活躍 日本にも拘るインディージョーンズのような映画


3本借りるのも5本借りるのも同じ値段だったので、上の3本に加えて、映画館で見た「ラ・ラ・ランド」と「グレイティストショーマン」のミュージカルも借りてきた。

映画三昧の後半でした。


あ、でも最後にはちゃんと、義母の自宅のゴミや我が家の断捨離したゴミを、ゴミ処理場まで運びました。
まだまだ片付け、断捨離は続きます。
c0292342_22315959.jpg
市のゴミ処理場



今日もお立ち寄りくださり、ありがとうございました。


  
by iyim2012 | 2018-08-19 14:07 | シネマ&ドラマ | Comments(10)

スルスルすぎる夏休み

暑さもひと頃に比べれば、ほんの少し和らいだ気がします。
最近雑事に追われる毎日で、主人の夏季休暇もあっという間に3分の2が過ぎてしまいました。

熱を出した孫のお守りの日もあったり、ケアハウスで暮らす義母の自宅の片付けは真っ只中だし、
姉の家で居た母も、再び脱水症状で入院する事になってしまった。
まあ暑い時期、そして高齢な事もあり、病院の方が安心です。


そんなバタバタとした毎日の中、主人と息抜きに映画に行ってきました。
@素敵な景色のベイサイドモール
c0292342_20511588.jpg

「ミッション:インポッシブル フォールアウト」観てきました。
c0292342_20530919.jpg
シリーズ6作目
普段アクション映画は見ないんですが、なぜだかこのシリーズは全部見ています。
やっぱり痛快な面白さがあります。

回を増すごとにアクションもストーリーの複雑さも高まるし、CG無しのアクションや本物の景色がいいですね。
今回もトムクルーズは、骨折しながらも登山やダッシュをしていたというから、作り手の熱意ってのも観る側には伝わるのかなと・・・


そして前回にも登場したイルサ(レベッカファーガーソン)(写真上)がめっちゃステキでカッコええ~
グレイティストショーマン(YouTube)でも綺麗だと思ったけれど、こっちの方が似合ってますね~
c0292342_21341646.jpg
そして今回はイーサン(トムクルーズ)の愛しながら分かれた妻、ジュリア(ミシェルモナハン)(写真下)の物語もちゃんとあるんです。
そう聞くと、シリーズファンの人はやっぱり見たいでしょう~

見覚えのあるフランスの景色も、私にはやっぱり良くて、ひとり心惹かれて見入っていました。


     **********


お墓参りの時に見上げた空
c0292342_21500368.jpg

慌ただしくしていても、空を見上げる気持ちの余裕がある。
なら大丈夫、まだ余力は残っています。


P.S. 主(あるじ)が不在の実家の仏壇に供えた仏花
ホウズキが綺麗だと思って買ったのに、なんと良く見るとニセモノのホウズキでした~
ショック~(ノД`)・゜・。



今日もお立ち寄りくださり、ありがとうございました。


  
by iyim2012 | 2018-08-14 08:53 | シネマ&ドラマ | Comments(10)

2つの映画と、その成り行き

今週は、ユミ保育園と言う名の孫守りが繁昌しておりまして、身辺多事な最近です。
そんな中友達が誘ってくれたお陰で、短いけれど自分の時間を楽しく過ごせました。
ランチと映画に行ってきました。

「焼肉ドラゴン」
見たいと思ってた映画です。
大阪舞台だし、ブロ友さんの評判も良しだし。
c0292342_15141705.jpg

時は高度成長期時代、大阪で万博が開催される頃の、在日韓国人の家族の愛の物語です。
50年近く前の話とはいえ、在日韓国の人達の事情を知るすべも今までなかったので、見て良かったと思います。
c0292342_23271901.jpg
キャストの大阪弁には上手下手があったけれど、アボジ(お父さん)、オモニ(お母さん)の、体の奥の奥から血が吹き出るように出される言葉が胸に突き刺さった。素晴らしいと思った。

気が付けば涙が出ていました。
感動しました。


ただ、私にはもう一つ少し前から見たいみたいと思っていた映画がありまして、なかなか見に行く機会を逃していたのです。

「焼肉ドラゴン」見ようって言われた時も、こっちの映画の事を言おうと口まで出かけたのですが、やっぱり言えなかった。
だって友達の趣味ではなさそうなんですもん。

上映して1ヶ月ほど経つし、上映回数も少なくなっているだろう。
これはもうあきらめるしかない・・・
でもそう思ったら、尚、見たいと思う気持ちがフツフツと・・・

なので、夜(もう夜しか上映してなかった)、ひっそりこっそりフットワーク軽くひとり映画してきました。

「ワンダー 君は太陽」
c0292342_08594790.jpg

生まれつき遺伝子疾患で、人とは違う顔で産まれてきたオギーは10歳
自宅で学習していたけれど、初めて学校に行く事になる。
そこで受けるイジメや偏見に苦しみながら、家族の愛が一つになっていくという映画です。


元々は児童文学らしく、王道のストーリーではありますが、主人公だけでなく、友達や姉などがそれぞれの境遇に対峙した部分もあり、見ていて心温まる映画でした。
c0292342_10303045.jpg

そして何といっても、ジュリアロバーツ!!
50歳らしいですが、彼女を見るだけでも価値はあったかな!?(∀`*ゞ)テヘッ

c0292342_09485914.jpg

どちらの映画も家族の愛の物語
時代やお国は違っても、家族を思う気持ちは誰も皆一緒なんですよね。

とりあえず二つの映画を見れて、満足できました!



今日もお立ち寄りくださり、ありがとうございました。


  
by iyim2012 | 2018-07-13 09:20 | シネマ&ドラマ | Comments(10)

パンケーキtoあの映画

出先でちょっと時間が空き、「小腹すいたな~」

実は、カフェ好き☆ (言わなくてもわかるって?)
ハワイアンカフェ「エッグスンシングス」でコーヒーブレイク(^_^)v

c0292342_11163680.jpg
c0292342_11200004.jpg

すぐ横に座る家族は、ブロンドヘアでヨチヨチ歩きの可愛いベビー連れ〜(o^∀^o)

アメリカ人? イギリス人? そっち系・・・
孫より少し小さいかな~? 

何ともほのぼの家族に笑顔がこぼれる。
「幸せ」な風景は、ささやかな時間にある。。。

可愛いな~ まいったな~ (*˘︶˘*).。.:*♡

c0292342_11171130.jpg
初めてこのパンケーキを食べた時、ひとりで全部食べられると思った。
これはシェアするものだと学習した4年前。

4年前の記事です↓


そしてあの映画も見てきましたよ。
カンヌ映画祭 パルムドールを受賞した、巨匠の是枝監督の「万引き家族」

c0292342_17443013.jpg
同じく是枝監督の「誰も知らない」を見た時と同じ、心の深ーい部分での衝撃がありました。
100人いれば100通りの感想があると思います。
ずっと家族を描き続けてきた監督の、見る人への問いかけが強い映画です。

「家族」っていったい何・・・?


キャストが素晴らしいです。
奥田瑛二さんの娘の、安藤サクラさん、ピカイチ光ってました!
10月からのNHK朝ドラのヒロインらしいですね。
楽しみです。



今日もお立ち寄りくださり、ありがとうございました。


    
by iyim2012 | 2018-06-26 22:16 | シネマ&ドラマ | Comments(4)

パーマネント野ばらとゴルフ

福山雅治コンサートに向けて、予習の為のCDをレンタルした時に、一緒に借りてきた映画のDVDがあります。

「パーマネント野ばら」
コメントをいただいているバラさんに教えていただいた映画です。
c0292342_20111234.jpg

原作は西原理恵子さんのコミックで、2010年の映画です。
ネタバレになるとこの映画の素晴らしさがなくなってしまうので、殆ど語れませんが、切ない切ない映画でした。

見られた方はご存知のように、あの手の映画です。
あの手にやられました...

小さな漁村の美容室「パーマネント野ばら」に身を寄せてくる、女達の優しさと淋しさを、笑いあり涙ありで描かれていて、人の心の奥底にある気持ちに気づかされます。

c0292342_20130578.jpg
「どうしてこんなに淋しいんだろう・・・」
2度目に見た、電話ボックスのシーンは泣けました。

人って誰かと一緒に騒いでいても、みんな心の奥底には 計り知れない孤独を抱えて生きているんだと思います。



      *********



さて、話は変わり、一昨日同級生3人のゴルフ女子部でゴルフラウンド行ってきましたよ。
久しぶりのコースです。
c0292342_20150274.jpg

コースに出る事自体、まだ少ないので、こうしてブログには残しておきたい気分なんですが、大して暑くもなく、緑がほんとに美しく最高に気持ちよかったです。
結果はともあれ、ワイワイ言いながらまわるオバサン達のゴルフは楽しむ事が一番です。

たくさん歩いたし、程よい疲れがこれまた気持ち良かったな (´-`).。oO


c0292342_17311622.jpg
ゴルフ後の seed のスィーツも一層美味しく思えます。
ケーキ3個!?(@_@。 お味見セットで、ミニサイズのケーキなのでご心配なく!(笑)
疲れた時はやっぱり甘い物ですね!



今日も訪問していただきありがとうございました。


  
by iyim2012 | 2018-05-24 09:31 | シネマ&ドラマ | Comments(6)