十色生活

iyim2012.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:音楽( 33 )

もう一つの小さなライブ

4万人以上入る巨大ドームでの、福山雅治ライブの次の日、
たかだか100人ちょっとの小さなライブ会場で歌う「ザビエルズ」の歌を聴いてきました。

会場は大阪は難波の真ん中
道頓堀のシンボル「くいだおれ」人形のあるビルの地下の「道頓堀ZAZA」
c0292342_21554633.jpg
観光客や外国人に混ざって、くいだおれ人形写してきましたよ。(∀`*ゞ)テヘッ


ご縁があったザビエルズは、神戸を中心に活躍している アカペラで歌うグループで、2年前にも聞いていました。


アメリカンオールディーズやナツメロ歌謡曲、みんな知っている歌っていうのがいい。
c0292342_21563757.jpg
アンコールはヒデキを偲んで「YMCA」
ビッグスターのライブもいいけれど、この近い距離感もホッとしますね。



ランチは行ってみたかったあの店もこの店も、みんな順番待ちで行列が出来ていて・・・
仕方なく断念して、くいだおれビルの斜め向かいのイタリアン「doppa (ドッパ)」へ。
c0292342_21584857.jpg
あまり期待はしてなかったけれど、なかなか美味しゅうございました。(´~`)モグモグ


*オマケ*
大阪の人間がミナミのランドマークの写真はそうそう撮らない。
でもブログの為にもう1枚
c0292342_22003435.jpg


今日も訪問していただきありがとうございました。


  
[PR]
by iyim2012 | 2018-05-22 23:25 | 音楽 | Comments(2)

B'zライブは誰と行く?

独自のビジュアル的な世界観を持ちながら、不動の人気を保っているB'z
最近色んな人の、生のステージを見るようになると、この人達の生ライブもきっとすごいんやろうな~と、思ってしまう。

でもチケットなんてなかなか取れないのが現状。
3度トライし、3度目の何とか。。。で、やっと取れたんです。
でも第3希望の平日のライブです。

平日木曜日のチケット2枚
主人が行きたかったんだけど、主人は単身赴任の身、平日は無理です。
では、誰と行く?
どうせならB'z好きの人をお誘いしよう。

っということで、問題です。
このB'zライブ、私は誰と行ったでしょうか?
① 主人の友達
② 娘の婿殿
③ 姉のパートナー
(答えは最後に書きました)
c0292342_15545016.jpg

さて、B'zライブですが、アルバム「Dinosaur」を引っ提げてのツアーで、
予想通りの盛り上がりだけど、予想以上に楽しかった~~

席は桑田さんのライブと殆ど同じで、3塁側。
角度は悪いけれど、距離的には近いです。(始まる前の写真です)
c0292342_10411738.jpg

30年の長い活動の中で楽曲も多く、生で聞いてみたかったあの歌やあの歌は聞けなかったけれど、
赤い河も、MOTELも歌ってくれて・・・(笑)

アンコールのUltra Soulでは、昔、病院で勤めていた時、慰安旅行の余興で、浴衣姿でUltra Soulを踊った事を思い出し、思わず踊ってしまいそうでした。(笑)

楽しいMCもあり、自分的にはまた行きたいと思えるB'zです。
でも、最初から最後まで立ちっぱなしには、少々堪えるお年頃・・・

c0292342_16353684.jpg

ところで問題の正解ですが、
勿体ぶってしまいすみませんm(__)m  仕事場から隣の席に駆けつけて来たのは、B'zファンの②の長女の婿殿でした。

娘婿と二人でライブだなんて~!!
(∀`*ゞ)エヘッ きっと京セラドームの中で私達だけだったでしょうね!?

行きは別々だったけど、帰りは婿殿の車に乗せてもらい、ラーメン食べて帰りました。


ライブ前のひとりティータイムでは、
今年もタリーズのスノーマンに会えました。(^^)/
c0292342_16321506.jpg


今日は節分ですね!
何年かぶりで、主人と節分を迎えられます。



今日も訪問していただきありがとうございました。


  
[PR]
by iyim2012 | 2018-02-03 09:03 | 音楽 | Comments(8)

コンサートが熱い!

松の内も開ける頃になって、すっかり新しい年を迎えた事も忘れる程、日常にどっぷりです。
年々、お正月気分でいられる期間が短くなってる気がします。


週末はまた予定が続きました。
そして思いっきり寒かった・・・


昨日土曜日はアダルト4人(主人と私、姉とパートナー)でドリカムのコンサート「DREAMS COME TRUE CONCERT TOUR 2018」でした。
今年二つ目のコンサートは、火曜日から 中3日空けての、今週二つ目で、余韻に浸る暇もないほど接近しているスケジュールでした。
c0292342_20162012.jpg
「ドリカム」は約1年振りの2回目の参戦です。

会場はいつも大阪城ホール  
今回も12599人で熱く盛り上がりました。
c0292342_00020117.jpg

吉田美和さんって人は、パワフルで伸びやかな歌声はもちろんだけど、可愛いしダンスもカッコイイし、音楽への探求心はハンパなくて、ライブでは100%以上の力を発揮できるんだと思う。

テレビでは見れない、トークやダンスを踊る美和さん、魅力ある人です。

c0292342_00015092.jpg

外は寒いけれど、ホール内は熱気でアツアツ!
アダルトはまるで遊園地に行ったようなライブを楽しみました。



そして4人で新年会も兼てコンサートの打ち上げは、珍しい燻製専門のお店「鉄燻CHOI」
姉のパートナーがおススメしてくれるお店、いつも楽しみしているんです。
c0292342_00095939.jpg

メニューは殆ど自家製燻製料理です。
こんな物まで燻製に・・・っていう面白いお店でした。

「鉄燻CHOI(テックンチョイ)
大阪市城東区蒲生1-8-9   ℡ 050-5570-1049
17:00~24:00
京橋駅から徒歩5分です。



そして、コンサートの日のお昼は、寒いけど主人とゴルフ打ちっぱへ。
クラブを握るのも、5か月ぶりでした。
c0292342_15390429.jpg


練習あるのみ!
まだまだ下手っぴの私達は、いつも2階の片隅で打っています。(笑)

ひたすらな練習、今年はどれだけ出来るでしょうか。



今日も訪問していただきありがとうございました。


  
[PR]
by iyim2012 | 2018-01-14 22:26 | 音楽 | Comments(6)

新春のお出かけ

今年初めてのお出かけは、昨日 姉とフェスティバルホールへのコンサート
初めての中島みゆきさんの「夜会工場Ⅱ」です。

c0292342_14082667.jpg

「夜会工場」とは...
中島みゆきを語るうえで欠かすことの出来ないステージ「夜会」がありますが、
この コンサートとも芝居ともミュージカルとも称しがたい「夜会」というステージの、最初から18回目までの総集編が「夜会工場」とでもいいましょうか。。。
いわゆるヒット曲を歌わない、一風変わったステージです。

ガツンと魂を揺さぶられる力強い曲も、女々しい女心が共感できる曲も、どれも言葉が生きている。
こんな風に巧みにメロディに言葉を乗せて作られた歌は、メッセージ性が強く、心に響いてきます。

こんなにも素晴らしい人の歌を、昔から好きでずっと口ずさんでいたのに・・・
今、やっと生歌聞けました。

ブロ友さんで、みゆき譲をひたすら愛してらっしゃる人がいるんですけど、気持ちよーくわかりますね。


「夜会」「夜会工場」のチケットはなかなか取れないらしいです。
しかも今回の席はちょっとリッチなBox席
何度かフェスティバルホールへは来ているけれど、Box席なんて初めてでした。



夜会と名が着くからか、19時開演だったので、早めのディナーをとる事に。
2度目の「FIFTH SEASONS」

またまたこちら、額縁仕立てのバーニャカウダのチョップドサラダ
c0292342_14324424.jpg

シェフ自ら近畿エリアの農園に出向いて仕入れたという 野菜中心のお料理をチョイスして
c0292342_15100661.jpg

美味しい美味しいと言いながら食べ過ぎてしまい、コンサートが始まってすぐにお腹が痛くなって、トイレに駆け込んだという、
エピソード付きの新春のお出かけでした。(>_<)



昨日のコンサートのコーディネートです。
黒のロングダウンの下は、ダックスのスカートメインでコンサバティブなコーデになりました。
c0292342_13170244.jpg

スカート穿きたかったんです。



今、関西の神社では、十日戎の真っ最中


「笑う門には福来る」
今年も笑って過ごせますように・・・



今日も訪問していただきありがとうございました。


  
[PR]
by iyim2012 | 2018-01-10 22:08 | 音楽 | Comments(10)

桑田さんライブとお疲れ会

今年最後のライブは、楽しみにしていた桑田佳祐さんソロライブでした。
c0292342_09442713.jpg

一昨年のサザンの時は車で行ったけれど、今回は電車で。
電車も駅もすでにすごい人・人・人でした。

駅の外のツリーも桑田さん一色で、写真を撮る人の行列ができていましたよ。(って、私も撮ったんですけどね)(^^ゞ
c0292342_12535045.jpg

外は寒いけれど、京セラドーム周辺は熱気で熱々!!

席はスタンドにしちゃ、まだいい方だと思いましょう。
ステージは左端で角度はイマイチですが、距離だけを考えるとまだましな方でしょう。
Blue-salviaちゃんのように、配られたライトの記念撮影も!(笑)
c0292342_12590343.jpg


桑田さんのソロステージ、とても良かったです。
歌詞をじっくりたどりながら聞くと、日本の綺麗な情景が頭に浮かんだり、昭和人間の気質が表れていたり、とにかく言葉というか、単語というか、歌詞が美しいんですよね。

パロディ的なシーンもあり、トークも含め多彩なライブでしたが、ソロ30年という事らしく、つくづくこの人は減速せずに走り続けているんだな~と思いました。

私の好きなバイオリニストの金原千恵子さんも益々パワーアップしていました。



今回も主人と、姉と姉のパートナーとの4人で参戦。
最近、この4人でのコンサートもよく行くようになりました。
終わってからのお疲れさまの遅い晩ご飯は、裏ナンバまで出て、パートナーおススメの「いっちょう」というお店へ。
c0292342_13121771.jpg
またお肉? いえいえ、これは馬刺しで、お店はお寿司屋さんでした。

c0292342_13141754.jpg

結局お店閉店時間まで居て、帰ったのはシンデレラタイムを過ぎてしまいましたが、ちょうどいい4人の忘年会になりました。



今日も訪問していただきありがとうございました。


  
[PR]
by iyim2012 | 2017-12-18 07:12 | 音楽 | Comments(4)

玉置浩二~30th Anniversary Tour 2017

今週は出かける事が続いています。

昨日はソロ30周年の記念ツアーの真っ最中である、玉置浩二ライブinフェスティバルホールに初参戦してきました。
c0292342_23132618.jpg

1度目の先行予約で外れ、2度目でやっと手に入れたチケットです。
でも、席が3階の2列目だった・・・(*_*;
まあそういう時もありますよね。

歌の上手さには定評がある玉置さんですが、かねてより生でぜひ聴いてみたい人でした。
ホールを包み込むようなあの声、あの歌・・・
想像通りの聴かせる歌、声、聴き惚れるコンサートでした。

ただ全くMCってものがないのです。歌いっぱなしです。
オマケにアンコールも、バンドは退出しても、玉置さん本人は退出せず、アカペラで1曲歌っただけでした。
それには少し驚きました。

c0292342_23200575.jpg
出かける事は続いていますが、感動も日々いただいています。

生のライブってやっぱりいいな。
フェスティバルホール、また来月来ます。



コンサートの前に、友達の買い物に付き合って堺のつぼ市製茶本舗に。
せっかくなので、お抹茶でほっこりタイムを楽しみました。
ブログによると、5ヶ月ぶりでした

c0292342_23240320.jpg

食べてみたかった、栗より栗の「栗茶巾」です。
c0292342_23251381.jpg
5個くらい一度に食べたいくらいの美味しさでした。


c0292342_23322791.jpg

「茶寮 つぼ市製茶本舗 堺本館」
大阪府堺市堺区九間町東1丁目1-2  ℡072-227-7809
定休日:火曜日  10:30~18:00



それにしても雨ばっかりですね。。。
今日も訪問していただきありがとうございました。


  
[PR]
by iyim2012 | 2017-10-19 08:39 | 音楽 | Comments(8)

コンサートとコーディネート

昨日、地元の古いホールに、大黒摩季さんがやって来た。
2010年に病気の為活動を休止し、去年6年振りに活動を再開したニュースは聞いていた。

せっかくこんな近所まで来てくれるのなら、そう思い主人とコンサートに行ってきました。

c0292342_15220012.jpg

近いというだけで選んだコンサートに、正直あまり期待はしていなかった。
どころがどうだ。なかなかいいじゃん、大黒摩季!

パワフルなエナジーを放ってくれたのはもちろんだけど、病気や介護を経験したからこそ出るトークや歌声を、ホールの隅々まで届ける気持ちが嬉しい。


「人は長く生きていると、みんな色々な事が起こるものだけれど、どんな時も自分を見捨てず、自分を好きでいてください」
そんな言葉が印象的でした。
c0292342_23144615.jpg

地元の1500人入る小さなホールだけど、今まで色んな人の音楽をこのホールで聞いて来たな~
谷村新司、高橋真梨子、松山千春、ハウンドドック、チューリップ、きろろ・・・そして歌舞伎

ブログのお友達も最近コンサートに行って来た記事を立て続けに拝見して、改めて生活の中に音楽って必要な物なんだって感じました。
私もまだまだ好きな音楽に触れあって、色んな思いを感じる機会を作ろうと思います。



コンサートの後は、ホールの近くの回転ずし「くら寿司」に行く事に。
久しぶりの回転ずしは食べ過ぎた。。。(>_<)
c0292342_23180356.jpg



さて、最近暑かったり涼しかったりで、ほんと何を着ていいのか悩む。
ボヤーっと悩みながら、コンサートに出かけたコーデです。
c0292342_19102705.jpg

ふんわり袖のジャケットはシルク
黒のパンツは後ろの裾がファスナーで開くようになっています。


主人にこういう時、これでいいか聞いてみると、決まって「ええんちゃう!」って言う。
裏を返せば「どうでもええんちゃう」っていう事なのです。(-ω-)/



今日も訪問していただきありがとうございました。


  
[PR]
by iyim2012 | 2017-10-15 07:19 | 音楽 | Comments(10)

桜、つぼみ膨らむ

4月初めは、コンサートとランチでスタートしました。

コンサートはいつも、ローソンチケットかイープラスチケットのメルマガから、ネットで先行予約で購入します。
先行予約ですから、当然抽選で外れる事もあり、席も選べないのです。
抽選に当たればラッキー 程度の気持ちで、申し込んでいます。

アダルト向きのコンサートが大半ですから、人気のあるアーティストと違い、だいたいは当選するんですけどね。

コンサートも今までは友達や姉と行く方が多かったけれど、最近は週末に主人と行くことも多くなりました。

今回は、鈴木雅之 with オーケストラ・ディ・ローマ(指揮者 服部隆之)@いつも素敵なフェスティバルホール
鈴木雅之ソロデビュー30周年を迎え、歴史と芸術の都、ローマを代表するオーケストラとの共演でした。
c0292342_14083237.jpg

c0292342_14063895.jpg


率直な感想です。
オーケストラはオーケストラで、それはそれは素晴らしい。
マーチンのラブソングを歌うその声は、相変わらず素敵で人の心を魅了する。

だが、二つが合わさるとどうなの?
もちろん合う曲もあるんだけれど、曲によってはなんでわざわざ競演するのか意味がわからず、返って引いてしまう自分がいたりした。

やっぱりノーマルがいいな。


コンサート後のディナーは、「昌久園」にて久しぶりの焼肉を二人で平らげました。
c0292342_20444240.jpg




次の日のランチは、昔のサークル仲間「こだちみ」のメンバー達との定期的な集まりでした。
c0292342_14091190.jpg

桜の綺麗な岸和田城の前の、「クラブ コントラーダ」でのお花見ランチとなるはずが・・・
桜はまだまだで、つぼみが少し膨らんでいた程度でした。
c0292342_14100172.jpg

地元で居ながら、岸和田城をこんなに近くで見るのは久しぶりです。
c0292342_14113911.jpg

足並みを揃えずたった1本だけ、咲いていた桜の木。
誰もがカメラを向けていました。
c0292342_14123105.jpg

今日からうんと暖かくなるようですね。



*オマケ*
「こだちみ」の2年4か月前の過去記事です。↓


「クラブ コントラーダ」の3年前の過去記事です。↓

今朝のテレビの占いで、おうし座は2位でした。
2位は手で表すとピースです。  皆さんもピースな一日を!

今日も訪問していただきありがとうございました。


  
[PR]
by iyim2012 | 2017-04-03 09:00 | 音楽 | Comments(8)

スペシャルな時間スペシャルなコンサート

豪華コンサートにアダルト4人(私&主人、姉&パートナー)で行って来ました。

関西を中心にライブ・イベントを企画する制作会社の「サウンドクリエイター」が40周年を迎えた節目を記念し、ゆかりあるアーティストを迎え、豪華ライブステージを企画してくれました。

題して「石の上にも40年」
c0292342_17342303.jpg

出演したアーティストは、出演順に
松山千春(北海道より)
BEGIN(沖縄より)
TUBE(湘南出身)
明石家さんま(奈良出身)
葉加瀬太郎(大阪出身だけどロンドンより)
藤井フミヤ(福岡出身)
中村雅俊(宮城県出身)

なんで歌手に交じって明石家さんまやねん?って思いますよね。
さんまさんもね、トークライブをサウンドクリエイターでお世話になっているんだそうです。


若い人には興味ない面々でしょうが、60手前の私には、そして音楽好きの私にとっては、ものすごくスペシャルなアーティストのスペシャルなコンサートでした。


松山千春×BEGIN、葉加瀬太郎×藤井フミヤのコラボも見れて、全員でのアンコールも含めて約5時間強!
もうこんなコンサートは2度とお目にかかれないかも、なんて思いながら聴いていました。
(いや、50周年に期待したい)


会場は大阪城ホールです。
c0292342_18002696.jpg
c0292342_18011942.jpg

40周年で、40年前と言うと、ピンクレディの「UFO」や「ウォンテッド」が流行っていた頃。
洋楽では、ビージーズのディスコサウンド「スティンアライブ」(サタデーナイトフィーバー主題歌)が流行っていました。


私の40年前はというと、自分でもギターを弾いて軽音楽部で歌い、色んな音楽にも興味が出てきたころです。
40年経っても、やっぱり音楽は大好き。生活に欠くことの出来ない癒しです。


懐かしい歌を聴きながら、遠い昔を思い出し、新しい気持ちも生まれました。
葉加瀬太郎さんのバイオリンを初めて生で聴いて、心の深い所を揺さぶられました。
CD買おうと思います。
さんまさんと千春さんの掛け合いが、笑いのツボにはまり、このノリがわかる人種で良かったなんて思ってしまう。


アダルト4人、5時間のコンサートの締めには、「月の小路」(岸和田)で美味しい物をいただいて・・・
c0292342_18504711.png

それはそれはスペシャルな一日でした。

来週もまたコンサート行くよ。(^^ゞ



今日も訪問していただきありがとうございました。


  
[PR]
by iyim2012 | 2017-03-28 08:37 | 音楽 | Comments(19)

大人の発表会

お気に入りのカフェ「rojica(ロジカ)」での<サロンコンサート of アダルト>
c0292342_23113989.jpg


コンサートと言うよりは、大人のための発表会。

c0292342_23222451.jpg

ピアノやサックス、バイオリン、フルートなどの楽器、そして声楽、
アダルト達が普段趣味として習っているそれぞれを、一生懸命、発表していらっしゃいました。

皆さん緊張して、ちょっと恥ずかしそうに、間違っては止まったり最初に戻ったり・・・


その発表会で友達がピアノを披露する事になったので、聴かせてもらいに行きました。
c0292342_23213954.jpg

彼女は同級生で、小学校中学校と仲良しで、大手カメラ会社に就職してからは東京で暮らしていて殆ど会う事はなかった。
そしてその 子会社の社長として、ニューヨークで7年も活躍していたバリバリのキャリアウーマンでした。

3年前に、そのキャリアをあっさりと捨てて、親の介護の為にニューヨークから地元に帰って来たのです。

ピアノも全く弾けなかったのが、2年前から習い始めていました。


アメリカで居る時は何処か遠い存在だと思っていた彼女。
3年前に再会してからは、時々連絡を取り合って、ご飯やお茶をするようになりました。
こうして彼女のピアノを側で聞いていると、もともと二人の間には距離なんてなかったんだよねってしみじみ思います。
c0292342_17060342.jpg

演奏した曲はソナチネの「クレメント」



大人の発表会、
ショパンやシューベルトから、エンヤ、坂本龍一、小田和正を経て、美空ひばりまで。。。

アダルトの方々、上手下手関係なく皆さん輝いていました。



何歳になっても音楽って深くて広い。
人の心を浄化し、繋がる事が出来る素敵なプレシャスアイテムです。

c0292342_17274186.jpg

一緒に食べた早めのディナーは、ラパンにて。
c0292342_08505813.jpg



カフェrojica(ロジカ)の過去ブログ↓



友達との再会の過去ブログ↓


今日も訪問していただきありがとうございました。


  

[PR]
by iyim2012 | 2017-03-24 09:06 | 音楽 | Comments(4)