十色生活

iyim2012.exblog.jp
ブログトップ

タグ:映画 ( 28 ) タグの人気記事

映画とバラッキーノのピザ

今月3本目の映画を見てきました。

私の中では3本はすごい数字。
でも姉は2倍見ていました。

元気で一生懸命毎日を暮らしている姉、62歳。
後ろからついて行っている私です。


見た映画ですが、大好きなニコール・キッドマン主演の「グレース・オブ・モナコ」

グレースケリーがモナコ王妃になってからのある出来事に焦点を当てています。

c0292342_16532710.jpg

女優であったグレースケリーが、成功と名声の頂点でそれを捨て、モナコ王妃となった半生も気になりますが、只々、私はニコールが好きで見たかった映画です。

最初から最後まで、ほんとに美しさはパーフェクト!
同じ人間なのにどうしてこうも違うんだろう。
天と地の差? はぁ・・・比べる方が間違ってるって~?



モナコ王妃としての気品だけでなく、優しさの溢れるグレースをニコールが優雅に演じていました。

c0292342_16573100.jpg




そしてお昼に食べた、バラッキーノ(泉佐野)のピザです。
石窯で焼かれたこちらのピザは、ホントに美味しい~!

チーズはすごく好きですが、特別ピザ好きという程ではないんです。
でも、また食べたくて 来たくなるピザなんですよ~

c0292342_17003281.jpg
フンギ(モッツァレラ・きのこ)


c0292342_17020166.jpg
メランザーネ(ナス・バジル・モッツアレラ・トマトソース)


生地はもちもち。
もちもちでは今のところ、ここが私の中では一番。

サクサクではあの店が一番です。
(あの店? 久しく行ってませんが、そのうち行ったらupします)

久しぶりにピザ、堪能しました。


あ、バラッキーノ、パスタも美味しいの~

c0292342_17062837.jpg

c0292342_17071417.jpg


バラッキーノ教えてくれたDさん、ありがとう~!



By ユミでした056.gif



にほんブログ村 ライフスタイルブログ 暮らしを楽しむへ
[PR]
by iyim2012 | 2014-10-30 20:49 | シネマ&ドラマ | Comments(6)

人生勉強の場所

先日のニットカフェ「ファニット」さんで、吹田から来られたお客様が、松竹堂の「フルーツ餅」を差し入れされて、私もお相伴にあずかりました。


c0292342_23040643.jpg

このフルーツ餅、TVで紹介されたらしく、行列ができて買えない時もあるんですって。

じゃあ私はイチゴで・・・
c0292342_23062973.jpg

と、思ったらブドウでした。
c0292342_23074259.jpg




さて、ここんところ見たい映画が数本、チラホラ脳裏をかすめている。

突然思い立ってひとり映画をする為に、車を走らせました。
はい、また観てきました。

クリント・イーストウッド監督の「ジャージー・ボーイズ」です。


その昔、「シェリー」や「君の瞳に恋してる」の名曲を残した伝説の4人グループ、「ザ・フォーシーズンズ」の栄光と挫折を映画化したものです。

c0292342_16491416.jpg


C・イーストウッド監督の描く人生は胸に深く染みます。


幸せだけの人生はない。不幸だけの人生もない。
輝いていても曇ってても、生きて行くのは悪くない。


私は好きな映画で、人生を学ばせてもらっている気がする。
時として映画は私の人生勉強の場所になるのです。


歌も素晴らしい映画でしたね。

c0292342_16531603.jpg



映画の帰り道、ふと思い出しました。
先日、懐かしい人を見かけたのですが、高校時代同じ軽音楽部だった同級生の男子です。

彼は軽音楽部ではエレキギターを弾いて、ディープパープルやエリッククラプトンなんかをカバーしていました。

小学校も中学校も一緒だったんですけど、中学からギターが上手な彼でした。

そして大学卒業後、プロのミュージシャン目指して東京へ行った彼。
そしてほんとにプロになって、それもヘビメタのロックグループに。


キッスを思わせるようなメイクのレコードジャケットやポスターを、私は地元のレコード店で、
「なかなか頑張ってるやん!」
ていう気持ちで見ていたものです。

見ていただけで、レコードは買わなかったし、グループ名もすっかり忘れてしまったけど・・・


それからの彼は、どういう人生だったのか知らないけど、腰を痛めたらしく、10数年前に地元に帰って来て、今は家業のクリーニング店を継いでいます。

今でもロン毛で後ろで一つに束ねていました。


すっかり歳をとってました。
それもお互い様。

でも昔は結構モテていたヤツでした。


ふと思い出した懐かしい気持ちが映画となぜかリンクして、
心が解けていくみたいに感じた、映画の帰り道でした。



By ユミでした056.gif



にほんブログ村 ライフスタイルブログ 暮らしを楽しむへ   
[PR]
by iyim2012 | 2014-10-20 16:03 | シネマ&ドラマ | Comments(8)

食べられない物&見た映画

普段プチお一人様生活なので、家で家族のご飯を作らなくていい分、
ランチやディナーの機会も多いのかと思います。

ランチやディナーに行っては嬉しがってブログにもアップして、
食べ歩きブログみたいな時もあるけれど、
この私、なんでもかんでも 「いただきま~す!」
みたいに食べられるわけではないんです。
 
 
この世の中に、食べたいけど、食べられない物が二つあるんです。
c0292342_13134380.jpg

まず一つは、お蕎麦。

すごく残念なことに、蕎麦アレルギーなんです。
食べると、アナフィラキシー症状を起こします。(*_*;

蕎麦アレルギーってことを、自分も親もわかるまでには、
子供の時に美味しそうな蕎麦や蕎麦ボーロを食べて、何度かしんどい目にあいました。

ざる蕎麦など美味しそうですが、蕎麦屋は縁遠いお店です。

城崎温泉の近くに蕎麦で有名な出石という所がありますが、
出石に行った時は町中、蕎麦粉が舞っていて、蕎麦を食べてないのに、
ヒーヒーしてきて、ちょっとビビリました。

体調が悪い時は、ソバ殻枕も使えません。
茹で汁が一緒の、おうどんももちろんダメです。

ややこしいでしょ! (>_<) 
そばがきなんか、食べられれば好きなんだと思うんだけどな~・・・

 
c0292342_13153443.jpg

そしてもう一つの食品は、牡蠣です。

実は、牡蠣は大、大、大好きだったんです。
生食用なんか特に、大根おろしで酢牡蠣なんて、毎日でもOKだったくらいに・・・

ある日牡蠣にあたったというか、牡蠣を食べて嘔吐と下痢が止まらなくなり、
救急病院に行くと、「症状がひどいので入院です!」って言われて、3日も入院することに。。。

長女がまだ2歳でしたから、かれこれ30年程前の事です。

その後、しっかり加熱した牡蠣を2度トライしたんですが、2度とも同じような症状になったので、医者から、「もう牡蠣は食べないように!」って言われてしまいました。

それ以来怖くて食べていません。(>_<)

オイスターソースとかは大丈夫なんです。

去年、牡蠣ご飯の牡蠣だけ人に食べてもらって、牡蠣なしご飯を食べても、なんともなかったので、
ひょっとして大丈夫? なんて思ったりしますが、やっぱり躊躇してしまいます。
c0292342_19443265.jpg

お蕎麦も牡蠣も、とっても魅力的な食べ物です。

食いしん坊にとっては辛い試練です。
蕎麦や牡蠣の写真はあるはずもなく、関係のない写真になりましたが。。。



  *****
話は変わり、昨日のレディースデイに見た映画は、「ブルージャスミン」
ケイト・ブランシェットが好きで、ケイトのセレブなシーンが見たくて選んだ映画。
私の映画選びは、こんなもんです。

c0292342_21584230.jpg

NYのセレブなジャスミンが、結婚生活が破綻して人生のどん底に堕ちて行く映画なんです。
監督は、あの巨匠のウディ・アレンです。

セレブリティのゴージャスな生活も見ものですけど、ファッションもものすご~く素敵です。
シャネルやエルメスをさりげな~く、大人に着こなしています。

内容よりも、そんな所ばっかり気になっていました。
お洒落好きにはたまらない映画だと思います。



By ユミでした056.gif



にほんブログ村 ライフスタイルブログ 暮らしを楽しむへ     
[PR]
by iyim2012 | 2014-05-15 09:10 | シネマ&ドラマ | Comments(2)

“泣ける映画”と“お寿司屋さんのランチ”

4月突入です。
4月は年度替わりなどで、新しい何かが始まる方も多いのでは。

My仕事も新しい年度に入り、生活共々さらに磨きをかけて邁進していきたいと思います。
消費税も上がりましたしね。



今日のブログ、映画が先かランチが先か・・・?
ランチを食べてから映画を観に行ったので、とりあえずランチのお話を。。。
ランチネタが続きますが。。。


お寿司屋さんでいただくリーズナブルな春ランチです。
お寿司屋さんのカウンターでいただきました。
c0292342_19083004.jpg
コーヒーが付いて、1500円。一日15食限定なんですって。

カニと穴子が使われていましたが、季節によって変わっていくメニューのようです。

カニと穴子のお寿司、カニと海老の甘酢あん、カニグラタン、天麩羅、カニ団子、穴子の稚魚
茶碗蒸し、お吸い物などなど・・・
旬の色々な物を少しずついただけるので、人気メニューみたいです。
c0292342_19122680.png

頑張って全部食べきりましたが、お隣に座っていたオバサンは、天麩羅をお持ち帰りしておりました。
そんな融通もきいてくれるようです。

私も晩ご飯は、お茶漬けONLYでしたけど。

こういう時、プチお一人様生活は助かります。
ありがたや~!

@すしん坊でした。
c0292342_19155457.jpg



そして観た映画、「あなたを抱きしめる日まで」
今年になって、ようやく映画を観に行くことができました。
c0292342_22522699.jpg
この映画、上映されてからすでに2週間もたってるし、上映している映画館も少ないんです。

半ばもう諦めていたんですが、耳に入ってくるこの映画の評判が、すこぶるいいんです。
そんなだから、やっぱり心惹かれ。。。

結果ですか? 結果は評判通り。観に行って正解! よかったです。

実話を映画化したこの映画は、母の愛と人生を、悲劇的にならずロマンティックコメディに撮られています。
生き別れた息子を、50年間探し続ける母を、ベテラン名女優のジュディ・デンチが演じています。

電車に乗って、なんばパークスシネマまで、観に行った甲斐がありました。



By ユミでした056.gif


にほんブログ村 ライフスタイルブログ 暮らしを楽しむへ       
[PR]
by iyim2012 | 2014-04-01 08:43 | シネマ&ドラマ | Comments(2)

新しいアウターと観た映画

先日観た「利休にたずねよ」の舞台となった堺は、昔お勤めに毎日通った所で、
利休ゆかりの名所も訪れた事もあるのに、利休の事となると、何一つ知りませんでした。

残念ながら茶道の心得もなく、千利休が政治絡みで切腹した事さえ知りませんでした。
まあ映画は半分は小説なんですが・・・
c0292342_15213840.jpg
映画としましては、非常に美しい映画です。

風景、月明かり、花の一つを取っても、美を追求する利休の視点で、侘寂の世界を楽しめる映画です。

海老蔵さんの所作も美しく、着物の衣擦れの音もまたいいもんです。
c0292342_15265229.jpg
亡くなられた團十郎さんとの親子共演や、
利休が実際に使っていた茶碗が、映画の中でも使われていることも見所の一つです。




そして同じ日、新しいアウターを買いました。
c0292342_15301807.jpg
ツィードみたいなニットみたいな素材のダウンが欲しくて、
気に入った物がなければ買わないつもりで、とりあえずショッピングモールの店を回ることに・・・

1軒2軒・・・とアウターだけを見て回り、たまに試着をして、
6軒か7軒目でやっと気に入った物があったのでゲットです。

お色はベージュの濃い色と言いましょうか茶系です。(写真はグレーっぽいですが)
黒やネイビーに相性が良いベージュ系を探していたので、あえての色です。

アウターを買ったのは3、4年ぶりです。
他にも着るアウターは色々あるんです。
あるんですがぁ~・・・まあたまにはいいか!と思う事にします。

ほんのりモード感ありのダウンコートです。
お襟を留めればこんな感じ。
c0292342_15411784.jpg
これから重宝する物なのに、その日から30%オフになっていました。
ラッキ~! (*^^)v



にほんブログ村 ライフスタイルブログ 暮らしを楽しむへ
[PR]
by iyim2012 | 2013-12-14 11:51 | シネマ&ドラマ | Comments(4)

観ました「そして父になる」

前宣伝に惹かれて、映画を観てきました。
c0292342_22334573.jpg

是枝監督作品は、かつて観た「誰も知らない」と「歩いても歩いても」に続き3作品目でしたが、
どれも、普段の日常生活に起こる出来事を、ごく普通に、さりげなく丁寧に撮っている映画です。

孫を持つばぁばとしましては、映画の父や母と立場は違いますが、親目線で見ていました。

子供の気持ち、心が揺れ動くと、親達はもっと大きく揺れ動いてしまう。

生きていると、大なり小なり、やりきれない事に遭遇してしまう。

答えを見つけようとしなくてもいい事って、世の中にはあるんですよね・・・

c0292342_2243681.jpg

3連休も終わろうとしています。
コスモスもこのあたりでは、そろそろ盛りを過ぎようとして、どこか悲しげでした。




にほんブログ村 ライフスタイルブログ 暮らしを楽しむへ
[PR]
by iyim2012 | 2013-10-14 22:49 | シネマ&ドラマ | Comments(6)

「ひこうき雲」に泣いた「風立ちぬ」

映画を見るにあたって、予告編を見て、この映画見たい~と思って見る事も多い。
ちょっとハズレだった・・・って思う映画も時々ある中、
さすがジブリです。
大人の為のジブリです。
これが宮崎駿監督が、ずっと作りたかった映画なんですね!

予告編を見た時から、絶対見たいと思ってました。

見られた方や、これから見る方も多いだろうから、ストーリー云々や主観的な感想はやめます。

反戦を色濃く出す事なく、その時代を生きた、零戦を造る事に生涯をかけた青年の美しい映画です。

エンディングのユーミンの「ひこうき雲」がまた非常に懐かしくて・・・

人はみんな長く生きていると、身近な人や大切な人との離別れは、多かれ少なかれ経験する。
そんな切ない気持ちを思い出し、ジーンときたエンドロールでした。


c0292342_17173377.jpg



お昼ご飯は、シネコン近くの漁協横にある、漁師の方が営むお店「漁師家 幸」さんでいただく事に・・・。

ここは穴子料理が美味しくて(特に穴子の天麩羅)、昼、夜、ちょくちょくお邪魔しています。

著名人も多く訪れてるらしく、漫才師のオール阪神巨人の阪神さんもよく来られているみたいで、先日TVで紹介されたそうで、それからは行列ができるくらい、えらい人気だそうです。

今日は一日20食限定の「穴子飯セット」にしました。


c0292342_17233191.jpg


c0292342_17234566.jpg


c0292342_1724395.jpg


[PR]
by iyim2012 | 2013-08-04 17:12 | シネマ&ドラマ | Comments(7)

好きな物・・・映画

まわりに映画好きな人が多いので、映画はよく見る方です。
映画館で見たり、宅配DVDをレンタルしたり、多チャンネルの映画チャンネルで見たり・・・

見る映画の選択基準は、ストーリーだったり、キャストだったり、映画音楽や映像の美しさや、訪れた場所が舞台だったり・・・とすごく単純です。
難しい解説などはパスして、ただ単に楽しむためにお気軽な気持ちで選びます。

最近見に行った映画は、レオナルド・ディカプリオ主演の「華麗なるギャツビー」
c0292342_21543710.jpg

1974年のロバート・レッドフォード主演の物は知っていたけれど見ていないし、アメリカ文学だった事も知らなかったし・・・

ただ、好きな女優の一人であるニコール・キッドマン主演の「ムーランルージュ」や「オーストラリア」と同じ監督だと聞いていたので、きっと映像が綺麗なんだろうなと思っていたら、期待以上の美しさでした。
パーティーシーンなんかはゴージャス過ぎて、眠気も吹っ飛ぶほど。
c0292342_222436.jpg

1920年代のアメリカを今風に個性的に撮っている映画です。

夢を最後まで追いつつ、手に入れる事が出来なかったギャツビーを、貫禄が出てきたレオ様が演じていた。
一瞬ちょっと前の三浦友和に見えた瞬間が・・・(なんでやねん!?)
でも恋人を見つめる眼差しには、ちょっと胸がキュンとなりました。

映像も綺麗だったけど、ファッションもとても素敵でした。
プラダやミュウミュウのドレスや、ティファニーのジュエリーらしいです。
見とれていました。

今度ぜひ、ロバート・レッドフォードのギャツビーも見てみたいです。
c0292342_22103492.jpg

[PR]
by iyim2012 | 2013-06-29 22:14 | シネマ&ドラマ | Comments(7)