十色生活

iyim2012.exblog.jp
ブログトップ

タグ:古いもの ( 4 ) タグの人気記事

父の箸置き

亡くなった父は、出かけた先々で箸置きを買って集めるのが好きでした。
箸置きに限らず、昔のマッチのレッテルや、切手など、綺麗な物を集めて残しておくのが好きだったんですね。
一眼レフカメラで写真を撮るのも好きでした。
よく娘達の写真を写してくれてました。

綺麗な物を集めたり、写真を撮るのが好きなこと、やっぱりそういう所、私によく似ている。
いや違った、私が父に似ているのでした。(^^ゞ


実家には父が集めた物がまだあって、その中の箸置きの一部を以前持って帰ってきました。
姉と分けて。
でも私達が持って帰った3倍ほどの量の箸置きが、まだ実家にはあるのです。

c0292342_16294215.jpg
私はベトナムで買った、アタとバッチャン焼の籠に入れてキッチンに置いています。


父は自分で作った木箱に入れていました。
そうなんです。晩年体が不自由だったんだけど、今で言うDIYも好きな人で、コレクションを入れる箱や踏み台など色々作っていましたね。

↓こんな木箱がたしか4、5段箸置きで埋まっていたと思います。
c0292342_17160154.jpg



箸置き、海の生き物シリーズ
c0292342_16344076.jpg

野菜類シリーズ
c0292342_16352432.jpg

珍しい所では、こんなのも。
c0292342_16360664.jpg
どれも可愛いでしょう~ 大好きです。


でも皆さん、箸置きって普段使われますか?
私はなかなか使いません。 
ひとりご飯の写真を撮る時なんか、ちょっと気取って出してきたりしてますが・・・

せっかく父が残してくれた、素敵な箸置きたち、
これからは意識して使って行こうと思ってます。
ブログで小さな決意表明。。。
そう言いながらも、つい忘れてしまう気もする。。。(笑)



今日も訪問していただきありがとうございました。


  
[PR]
by iyim2012 | 2017-11-13 10:01 | 暮らしの道具 | Comments(14)

京都「建仁寺」と「ユキパリス」

5月後半、京都が続きました。

最初の京都は、友達のご主人のお墓参りが一番の目的で、オマケを楽しむ京都歩きです。
ちょうど命日の日でした。

初夏の日差しの中、4人でお墓参りを済ませ、オマケの徒然と賑やかな京都歩きが始まりました。
お昼は花見小路にある「ぎおん楽楽」にて
c0292342_23233485.jpg

花籠弁当
旬を食すとは、日本人の贅沢な食文化の一つだけど、目で頂く贅沢は、京料理ならでは。
c0292342_23252601.jpg
美味しいお料理は、何より会話が弾みます!(´▽`*)



続いては花見小路の端にある「建仁寺」へ。
京都最古の禅寺です。

俵屋宗達の「風神雷神図屏風」をはじめ、小泉淳作「双龍図」など絵画作品の宝庫とでも言えるお寺です。
c0292342_10165929.jpg
「風神雷神図屏風」

c0292342_10180116.jpg
「双龍図」天井画です。



その後、新緑の美しい哲学の道を堪能して
c0292342_10355218.jpg


前々から行きたかった「ユキパリス・コレクション」にお邪魔してきました。
c0292342_10364079.jpg

ユキパリスさんご本人が収集した、16~20世紀のヨーロッパ各地で作られた、レースや刺繍などの手仕事の作品を始め、古今東西の優れた美術、工芸などを展示したミュージアムです。


2002年に出来たというミュージアムには、アンティークと一口に言ってしまうのは勿体ないくらいの素晴らしく繊細で美しい物たちがぎっしりと・・・
1階はショップ、2階はギャラリーとして、京都の古い民家に溶け込んだ素晴らしい空間でした。


ユキさんは月刊誌への連載などもされ、著書もたくさんあります。
ミュージアムの中は残念ながら写真撮影はご遠慮願いますとのことなので、気になる方はこちらをご覧ください。↓


c0292342_11034998.jpg

たくさんの素敵な物たちの中から、約70年前のアンティーククロスステッチを購入し、レジにいらしたユキさんにお願いして、ショップの袋にサインしていただきました。



哲学の道沿いにあるリバーサイドカフェ「GREEN TERRACE(グリーンテラス)」でひと息ついて。

c0292342_21133934.jpg

その後は買い物タイムも忘れずに・・・

この日の京都は鴨川に納涼床が出揃いはじめ、そろそろ夏の匂いが漂い始めていました。


     
     ****

「ぎおん楽楽」
京都市東山区祇園町南側570-122 ℡075-532-0188

「建仁寺」
京都市東山区大和大路四条下ル小松町584 ℡075-561-0190

「ユキパリス」
京都市左京区浄土寺南田町14 ℡075-761-7640

「GREEN TERRACE」
京都市左京区鹿ケ谷法然院町72 テラス哲学の道 ℡075-751-8008





今日も訪問していただきありがとうございました。


  
[PR]
by iyim2012 | 2017-05-23 09:28 | お出かけ | Comments(18)

堺歩き「山口家住宅」

「山口家住宅」
堺市立 町屋歴史館 江戸時代初期に建築された町屋で、国の重要文化財に指定された家屋です。

前回のブログの糀カフェ→つぼ市製茶茶寮 からの堺歩きで行った所です。

c0292342_09402327.jpg
江戸時代、庄屋を務めていたお宅です。
その佇まいとゆったりした構えから、当時の豊かな暮らしぶりがうかがえます。


c0292342_09480399.jpg
堺は千利休生誕の地で、茶の湯の伝統があります。
山口家にも、江戸後期に茶室と水屋、待合が設けられています。


c0292342_09513436.jpg
見事な梁のある土間です。


c0292342_09532153.jpg
土間に5つものかまどがあるなんて、衝撃!
丁稚(でっち)や使用人も何人もいたんでしょうね。


実は10年くらい前まで、実際にお住いになられていたようです。
あちこちに暮らしぶりの一端を見ることができます。
c0292342_10002301.jpg

c0292342_10004709.jpg

c0292342_10015292.jpg


「山口家住宅」 堺市堺区錦の町東1丁2-31 ℡072-224-1155


観光ボランティアの方が説明してくれます。
昔人の暮らしのおこないがよくわかる、古い物、いいですね。

「山口家住宅」も「つぼ市製茶本舗」も、結婚前に働いていた信用金庫のすぐ近所でした。
なのに、若い時は興味なかったのですね。 当時は全く知りませんでした。




今日も訪問していただきありがとうございました。


  
[PR]
by iyim2012 | 2017-05-19 15:42 | お出かけ

夢語り

おはようございます。
人参のヘタから伸びた葉っぱが、まるでハーブのようにキッチンのアクセントになり、綺麗です。
薬味に使えそうです。
c0292342_23201953.jpg

変な夢を見ました。


夢の中で、私はずっと泣いていた。
悲しくて辛い夢だった。

プールの中でダンスする私は、悲しくて悲しくて踊る事が出来ない。
早く夢から覚めたくて、目覚ましが鳴る前に目が覚めてしまった。

ってか、プールの中でダンスって、いったい何やねん!?(笑)


目が覚めて自分なりに、当たり前の朝が来ることのありがたさを、改めて考えた朝でした。


そんな朝の朝ごはんは、シンプルに、デキシーの黒豆きなこクリームを塗ったトーストで。
c0292342_23003058.jpg





仕事を辞めて、したいことのひとつに断捨離がありました。

断捨離と言ってもストイックにならず、気の向くまま淡々としたいと思っています。
横道にそれるのも大いにOK!
したい事があるなら、それを優先して、時間のある時にだけ気が向いた時だけ。
時間はたっぷりとあるのだから。

そうだな~例えば1年かけて割と物が減ったかな?程度の断捨離をしたいと考えています。


そう考えながらも、昨日は一日結構な時間を、あちこちと出しては捨てて、に費やしていました。
ずっと家の中でちまちまとしていたものだから、変な夢を見たのかもしれません。


断捨離の途中に見つけた物。
1階和室の押し入れの奥の箱には、古い切手がたくさん。
たぶん小学生の頃に、父から譲ってもらったんだと思う。
c0292342_19581858.jpg

シリーズごとに分けて、自分の持ってない物を友達と交換したりして集めていました。
記念切手発売日には、母が近くの郵便局へ買いに行ってくれました。
あの頃は切手を集めること、流行っていたよな・・・

たかが切手、されど切手。
今見ると美しくって懐かしくって、愛おしい。

c0292342_19585012.jpg

私の古い物への愛着心はそうして培われたんかなぁなんて思います。
さあ、この切手たち、将来孫クン達がもらってくれるかな?



*オマケ*
断捨離の日のお昼ご飯は、買い物に行って買ってきたおにぎりで、ちゃっちゃと済ませました。
プレミアムなおにぎりは、肉巻きと大きな鮭入りです。
c0292342_20013119.jpg
c0292342_20021619.jpg


今週から新学期が始まり、ひとりの孫チャマは新1年生です。
ハジマリはわくわく、ドキドキ、ちょっぴり不安。

実は子供よりもママ達の方がドキドキしてたり。

ママ達にとっては、もしかしたら1年で1番ドキドキする季節かもしれませんね。



今日も訪問していただきありがとうございました。


  
[PR]
by iyim2012 | 2017-04-13 08:59 | 生活 | Comments(21)