十色生活

iyim2012.exblog.jp
ブログトップ

タグ:主人 ( 24 ) タグの人気記事

還暦プチ旅 in 伊勢 お宿編

主人と1泊で伊勢へ。
主人の還暦のお祝い旅というほどの物でもないのだけれど、普段は自分から行きたいなんて滅多に言わない人だから、60歳の記念に誘ってみました。

誘ったら嫌とは言わない。
1泊なのに、私より沢山の荷物をパッキングしていた主人です。(笑)


お宿は「エクシブ鳥羽 別邸」にしました。
c0292342_15544619.jpg

和モダンの上質な空間は、凛とした佇まいです。
c0292342_16032436.jpg

お部屋もゆったり、そして余計な装飾はありません。
c0292342_16035931.jpg


c0292342_16042728.jpg

温泉がまたいいのです~
アルカリ性で、まるで美容液のような、とろっとろのお湯です。
c0292342_16143557.jpg
出ました。久しぶりの得意の足撮り。(笑)



夕食も「華暦」で、少し贅沢してみました。
ふたりでこんな食事をすることはあまりないので、気分も変わり、楽しんでいただけました。
c0292342_16161101.jpg

目で楽しみ、食して美味しい~
c0292342_16164769.jpg

朝食の前にはお決まりの散歩をのんびりと楽しみました。
c0292342_16340841.jpg


年齢を重ねたから楽しめる旅もある。
予定をこなすのではなく、時間や自然や気持ちに任せてみるのも良し。
そして家に帰りつくと、思い出や余韻と共に、新鮮なエネルギーになって私を元気にしてくれる。

いつかそれが自分にとって、かけがえのない思い出に変わる。
そして老いた時には、きっとプライスレスな財産になっている。
やっぱり私は旅が好きです。

c0292342_17111065.jpg
次回へ続きます。


今日も訪問していただきありがとうございました。


  
[PR]
by iyim2012 | 2017-03-20 09:41 | 旅行 | Comments(8)

祝 還暦!!

病める時も健やかなる時も、喜びの時も悲しみの時も、富める時も貧しい時も・・・

そんな結婚の時の誓いも、年々結婚生活そのものがルーティンになるにつれ、いつしか忘却の彼方。
やがてはお互い空気のような存在に。
あげく、留守を喜ぶまでになる。(∀`*ゞ)テヘッ

それでもせっかくご縁があったんだから、夫婦というもの、命あるかぎり互いに助け合おう~


私達夫婦、そういう中高年の結婚生活真っ只中です。


そして我が家の酉、主人は先日のバレンタインデーの1日前に60歳になりました。
俗に言う、「還暦」というものです。
c0292342_15420680.jpg
職場で年配の方達が作った鶏です


誕生日の少し前にお祝いする予定でしたが、雪が多くて赴任先から帰って来ることが出来ずに、
その後も色々みんな予定があって・・・
半月ほど遅れましたが、チビ姫チャマの初節句祝いよりも前に、主人の好きなてっちりコースでお祝いしました。
c0292342_00300883.jpg
c0292342_00303515.jpg




孫6人もやっと集合して、賑やかな還暦の宴となりました。
c0292342_00310958.jpg

60年で再び産まれた干支に還るという本卦還り
人生の新しい扉を開く意味で、主人はみんなにお祝いしてもらって、喜んでいると思います。
私も本当に楽しい時間でした。
感謝の気持ちしかありません。みんなありがとう~

私達中高年夫婦、紆余曲折を経て、最後には自分達の人生を肯定できればそれが幸せなんだと思います。



今日も訪問していただきありがとうございました。


  

[PR]
by iyim2012 | 2017-03-05 09:11 | イベント | Comments(16)

お正月のコーディネート

最近の主人のお気に入り。
昨年11月にゲットした、カステル・バジャックの小さめボディバッグ。

今年還暦の彼が選んだのは、もちろん「赤」です。
c0292342_17424022.jpg
c0292342_17432607.jpg

赤、そういえば、私もあったっけ。。。

・・・と、断捨離対象だったバッグを引っ張り出してみました。
「赤」のお揃いにしてみることに。
c0292342_17484291.jpg

で、前ブログのお正月の初詣のコーデは、こうなったのです。
c0292342_17495429.jpg
娘達にも好評の主人の「赤」のボディバッグ。

私は還暦、もう少し先だけど、私も「赤」のパワーで運気アップ、活力アップ、健康増進を狙います!



今日も訪問していただきありがとうございました。


  
[PR]
by iyim2012 | 2017-01-05 08:54 | ファッション | Comments(20)

こんな年末Σ(゚∀゚ノ) その2の巻

色々ある年末。
最後に主人がやらかしました。

昨日大阪市内で忘年会の主人、駅まで迎えに来てっていうLINEが入って、到着時間に合わせて駅のロータリーに車を停めて待っていた。

ところが到着した電車から降りる人達の中に、主人の姿はない。
もうほとんど終電に近い時間。

これは、やっちまったな~

すぐに電話をかけるけれど、全然出ません。

待つこと10分
やっと電話がかかってきて、案の定眠りこけていて、終点の駅まで行ってしまったのです。

でも幸いにも終着駅が、約8km先のH駅で、まだ良かったんです。
お隣の和歌山終着の電車だったら、こんなにも悠長にブログに書けてません。


国道とは言え、年末の夜中に人通りも車もまばらな暗い道を、車を走らせました。
ちょっと迎えに行くつもりで、パジャマにダウンひっかけたイデタチの私です。

駅に着くと、今までの暗くて人もいなくて寂しい景色が一転。
同じように終着駅まで来てしまった人たちの吹き溜まりでした。
皆さん、なかなか来ないタクシーを待って、ほんとにその一カ所だけがすごく賑わっていて、可笑しくて笑ってしまったわ。

こんな年末に、同じような事する人がたくさん居るんやね~


私の友達は、8kmのこの道を、女だてらに夜中に歩いて帰ったという偉業をやり遂げたことがありました。
ドリームの中でこの話は、伝説として語り継がれています。Σ(゚∀゚ノ)ノキャー (笑)


義母もまさに今ヘルペス(帯状疱疹)になってしまいました。(-_-;)



最後まで色々ありましたが、新しい年は気持ちを立て直して。
今年は二人の孫にも恵まれ、6人の孫のばぁばになる事が出来ました。

c0292342_18062044.jpg
c0292342_18064190.jpg
c0292342_18111632.jpg


また来年もかけがえのない天使のような6人と、笑ったり泣いたり、怒ったりして過ごしていきたいです。


どうぞ来年もよろしくお願いいたします。



*オマケ*
今日は今年最後のSoftbankスーパーフライデーに、主人と二人でミスドのドーナツもらってきました。
c0292342_20191878.jpg
キャンペーンは終了と思いきや、第2弾が、来春開催決定されたようです。

Softbankの人には朗報ですね~(^^)/



それでは皆様、今年もありがとうございました。
よいお年をお迎えください。


  
[PR]
by iyim2012 | 2016-12-30 20:49 | 生活

脳ミソが喜ぶ

今の癒しアイテム その3 万華鏡
c0292342_17440962.jpg
小さな筒の中に無限に広がる世界は、宇宙にかかる虹を見ているよう。

c0292342_17443464.jpg
同じ図柄は決して現れない、一瞬一瞬にして変わって行く手の中の魔法の世界。
時間が経つのも忘れて覗いています。
c0292342_17445415.jpg


     ***********



連日猛暑が続いていて、「暑い」「だるい」「眠い」💤(´Д⊂ヽ
トリオで襲ってきます。

大阪、本日今年の最高気温38.1度を記録しました。
主人、夏季休暇中につき 朝から冷房つけて、必要最小限の外出以外 二人でオリンピック観戦の毎日です。


テレビを見ているかと思いきや、二人で交代でウトウトとまどろむ昼下がり。
「なんぼでも(いくらでも)寝れるわ~」という主人に
「脳ミソ、溶けるんとちがう~」と、私。
二人で、それは困るな~と苦笑する。


孫チャマ達とのふれあいも脳ミソ活性化にはなりますが、気分転換には脳ミソとお腹が喜ぶことを!

姉と姉のパートナーと一緒に4人で大人の飲み会に、ガルプに行ってまいりました。
従姉妹の息子ちゃんが経営するイタリアンバルで、こちらが過去ブログです。
従姉妹との過去ブログはこちらから

私達夫婦のお気に入りで、お料理が美味しくて、ポイント高いお店です。
c0292342_16271064.png


従姉妹やおばちゃんがサプライズで来てくれ、うんとお世話になりました。

そして飲み会からのカラオケは、最近のお約束のコースです。
またまた昭和の世界にどっぷりと。


ディープな大人の夜で、脳ミソとお腹、充分喜びました。



***********


ベビーちゃんは、無事1か月検診とお宮参りも終わり、すくすくと育っています。
c0292342_17462243.jpg
そんなこんなの夏の日々です。



今日も訪問していただきありがとうございます。
By ユミでした


  
[PR]
by iyim2012 | 2016-08-19 22:34 | グルメ | Comments(14)

歳には勝てぬ

ちょっと思い出した小ネタ。
いつだったか、孫クン二人を車の後部座席に乗せて、主人が助手席、私が運転していた時の事です。

後部座席の5歳の孫が、突然主人の頭を見て
「わ~、じぃじの後ろの髪の毛、無くなってきてるで・・・」
って、驚くようにつぶやいた。

そのつぶやきは、かわいそうなじぃじに教えてあげなくては、みたいな悲哀さが感じられ、私は笑いをこらえながら運転したのです。


まだありました。
主人と二人、牛丼のすき家のドライブスルーに行った、つい最近の事です。

運転手の席側の主人が注文しなければいけないのだけれど、マイクから流れる店員さんの
「マイクに向かって注文してください」という声を聞き取れず、真顔で私の方を向きながら
「え!? なんかマイケルジャクソンとか言うてるで」って言ったのです。

はぁ~!?  全くどこをどう聞いたら、そんな面白い聞こえ方するんやろ。
きっとマイクの向こうの店員さんにも聞こえているわ。

ここでも私は笑いをこらえるのに必死だったんだから。


あんなに強くて逞しかった主人も、歳には勝てないっていう事ですね。
まあお互い歳を重ねていくのも、楽しい事も多いみたいです。



今日のおやつ
「たねや」の寒天 小豆と夏みかん
c0292342_22134454.jpg


先日Sっちからもらった、Sっちが育てたオレンジスイカ
c0292342_11341510.jpg


姫チャマは産まれてから一度も髪の毛を切ってないの。
c0292342_22190192.jpg
じぃじに分けてあげてほしいくらいのその豊かな髪の毛は、腰のあたりまであります。

うちに居る間は、姫チャマのヘアーアレンジは殆どママ。
時々ばぁば、たまにじぃじです。

ばぁばの究極アレンジ3パターン
c0292342_22211079.jpg

ベビーちゃんのヘアーアレンジは、いつもベッカムヘアーです。
c0292342_22174379.jpg


今日も訪問していただきありがとうございます。
By ユミでした


  
[PR]
by iyim2012 | 2016-08-05 20:38 | ファミリー | Comments(18)

夫婦ふたり旅 in バリ島 ー2ー

今回のバリ島旅行で、主人は簡単なインドネシア語を覚えて、ガイドさんやショップの店員さん達と楽しくコミュニケーションをとっていた。
そんなポジティブなところが、一層旅を楽しくします。

ということで、旅のブログ、前回の続きです。


3泊目のホテルは、ウブドにある「ザ・ロイヤル・ピタ・マハ」
1軒家のプライベートヴィラで、ベットルームの壁一面のガラス窓の目の前には、なんとプライベートプールの景色がドーンと広がります。
&天蓋付きベット!

c0292342_17595753.jpg

プール付きのヴィラなんて初めてで、ちょっとテンション上がりました。Σ(゚∀゚ノ)ノキャー
この部屋に着いたとたん、今までの疲れが消え去ったほどです。

華美な装飾はなく、石造りの落ち着いた1軒家です。

c0292342_18044576.jpg
リビングルームやバスルームも面白い。

次の日のお昼過ぎまで、ヴィラの魅力を満喫します。


次の日、朝の目覚めには、渓谷の素晴らしい眺望を眺めながら、プールサイドで朝ヨガ。。。
自然の気を取り込んで。 バリに来たら絶対ヨガをしたいと思ってました。
c0292342_18264275.jpg

主人は毎日プール三昧。 夜に朝にと、憧れのプライベートプールで思いっきりリゾートしてました。
c0292342_18312356.jpg

朝から広いホテル内の散歩にも出かけてみました。

インドネシア語で散歩は「ジャランジャラン」
川の音や風の音など、自然のBGMに包まれながら「朝ジャランジャラン」を1時間ほどゆったり楽しむ。

こういう時間はいいですね。
大人の旅だわ~
c0292342_18395358.jpg

伝統的な石造りの重厚なスタイルのホテルです。

ランチはホテルにて、インドネシア定番の「ナシゴレン」を。
c0292342_18424989.jpg


そして荷物を整理して、名残惜しいけどホテルにさよならです。

最終日、バリ島でまだやってなかった事、スパに向かいます。
「バリ ラトゥ」にて2時間のヒーリングテラピーマッサージコースです。 

主人、スパ初体験です。
大きい図体に小さいお姉さんのマッサージじゃ、全然応えてなかったんじゃないでしょうか。
でも、気持ちよかったそうですよ。
c0292342_08430181.jpg


その後、「ウルワトゥ寺院」訪問とすぐ隣で行われている「ケチャッファイヤーダンス」を鑑賞しました。
c0292342_08375342.jpg
c0292342_08381937.jpg

ケチャッダンスは、前回も見ましたが、バリ独特のダンスで面白いです。
大勢の男性が「チャッ、チャッ、チャッ」と声だけで力強いリズムを刻みながら、伝統的な物語が展開されます。
そして時折発せられる、雄叫びのような声。

バリの人達が守り続け、現在も受け継がれている伝統的な文化の世界です。




ケチャッダンスが終わる頃、夕陽に浮かび上がるウルワトゥ寺院のシルエットが最高に綺麗でした。
c0292342_08384220.jpg




そしてディナーを食べて空港に向かうのですが、最後の最後に飛行機が、なんと4時間も遅れるというアクシデントがあったんです~

スパでせっかく旅の疲れを軽減出来たというのに、ここにきてまた疲れがドドーッと押し寄せる・・・
結局バリ島のデンパサール空港を出発したのは、真夜中の4時半過ぎでした。



そんなこんなで終わった珊瑚婚記念旅行でしたが、過ぎてしまえばアクシデントも旅の楽しい思い出に変わるのです。

主人も想像していた通りのバリで、大満足だったんじゃないでしょうか。
私も十分リフレッシュ出来た旅でした。


バリの言葉で言うなら、
 主人 「バリ島、バグース!」(バリ島、最高~)
 私 「テレマカシー、バリ島!」(ありがとう~ バリ島)



*オマケ*

LEGOのTシャツに、マキシスカート、旅の前日に更新したネイルも、みんなボタニカル柄でリンクさせて、バリ仕様にしてみたよ。

c0292342_08392505.jpg




今日も訪問していただきありがとうございます。
By ユミでした


  
[PR]
by iyim2012 | 2016-06-08 00:07 | 旅行 | Comments(20)

夫婦ふたり旅 in バリ島 sanpo

主人とふたりで計画したバリ島旅行は、友達のSちゃんが車で関空まで送ってくれて、順調にスタートしました。

一応結婚35周年の珊瑚婚を記念しての旅行です。
主人とふたりだけの海外旅行は、結婚20周年に行ったタイ旅行以来、15年ぶりだ。

バリ島は2度目の私は、今回も旅行会社の旅の達人のY女史と相談して、前回となるべくかぶらないようにプランをたてた。


関空からバリ島まで約7時間弱。
赤道を超えて南半球に向かう。
インドネシアの中の小さな島、バリ島は、東京都の約2.5倍の大きさです。

バリ島南部のジンバランに立つホテル「アヤナリーゾート&スパ」に着いた時は、綺麗な夕焼けがホテルの部屋から見えていました。

c0292342_21331192.jpg
c0292342_21343106.jpg


ホテル内の移動はシャトルバスを利用するという巨大なリゾートホテルは、勿体ないけど短い宿泊だと遊びきれません。
1泊目と2泊目はアヤナホテルを選んだので、ホテルを楽しみつつ、観光やショッピングにと結構アクティブに過ごしました。
c0292342_21352505.jpg

バリ島定番の人気の「ビンタンビール」
c0292342_21384513.jpg

2日目の観光の始めは「バロンダンス」
c0292342_21444769.jpg
善と悪、生と死、などの相対概念を、果てしなき戦いで表現している、バリ独特の舞踊です。


「タマン・アユン寺院」 バリで2番目に大きな寺院です。
c0292342_21473747.jpg


インド洋に囲まれた「タナ・ロット寺院」 海の神様が祀られています。
c0292342_21502183.jpg


アヤナリゾートホテルの人気の断崖絶壁に建つ「ROCK BER」で、サンセットに乾杯~です。
c0292342_21575541.jpg



3日目は海の近くのアヤナリゾートホテルから、山の方のホテルに移動します。

先ずは「ブサキ寺院」から。
バリ島はヒンズー教が多く信仰され、ブサキ寺院はヒンズー教の総本山で、バリ島最大の寺院です。
c0292342_22053874.jpg

今回のバリでお世話になった、ガイドの“OKAちゃん”は、34歳で3歳のboyのパパです。
長女と同い年で、人懐こい性格の彼のガイドは楽しくて、リラックスでき、バリの良い所をたくさん教えてもらいました。



ブサキ寺院から次に向かうは、ウブドにある大好きなライステラスです。
c0292342_22231365.jpg

昔ながらのバリの自然が残るこの地域は、ライステラスが至る所にあります。


数年前の映画「食べて祈って恋をして」で、ジュリアロバーツが自転車で棚田の道を走るシーンありました。
あのシーンが好きです。

棚田とヤシの木が茂る景色はバリならではで、ここだけ時間の流れが遅いのではないかって思えるほどです。
c0292342_22533848.jpg


ウブド市場で買い物をして、3泊目のホテルに向かいます。
このホテルがまたステキだったんだよね。

つづきはまた次回へと。。。



今日も訪問していただきありがとうございます。
By ユミでした


  
[PR]
by iyim2012 | 2016-06-05 23:08 | 旅行 | Comments(24)

思うこと・・・(・・?

思いを伝える事は、簡単なようで難しい。

書くことも話すことも苦手だから、書いても話しても、思う気持ちの半分くらいしか伝わらない。

それでも伝えようと思う気持ちがあることが大事な事。
半分伝わっただけでもいいんじゃない?

伝えようとしなければ、0だもん。

c0292342_22560753.jpg




夫婦の間でも同じこと。
赴任先の主人とのコミュニケーションはほとんどline。

お互い書くことも下手な者同士だから、単純な文章で話が噛み合わないこともしばしばある。

面と向かって会話するのも、言葉足らずで思いの深い部分までは伝わらない。

女友達となら、手を握り合ってウンウンとうなずいて、ハグなんかしたりすると言葉がなくても大丈夫な時がある。
主人とハグするのもちょっと。。。(-_-;)

大事な要件や考えは伝えなければいけないけれど、
思う気持ちはやっぱり半分でも伝わればいいんじゃないかって思ってしまう。

c0292342_22570383.jpg



いつも思う事だけど、夫婦は向き合って見つめ合ってなくても、同じ方向さえ向いていればいいんじゃないかって。


主人と出会った頃、一緒によく聞いていた曲。






今年の初め、主人が「これからは有休もどんどん取って、行きたいところも行かなあかんな~・・・」って独り言のように言っていた。
なんか、嬉しかったな~

そんな風にもっとどんどん言ってよ。
もっとアクション起こしてよ。


     ******


孫の発表会の日のお昼  主人ときんちゃく屋へ。
この前と違うメニューを、ということで、私は海鮮丼並 (この上に豪華海鮮丼ってのがあるようです)
c0292342_13073224.jpg


主人は、日替わり丼定食(麺類がついております)
c0292342_13100728.jpg

ちょっと格差のあるメニューですが、
「質より量」の主人です。




本日もお付き合いくださりありがとうございます。
By ユミでした



[PR]
by iyim2012 | 2016-02-02 14:41 | feeling | Comments(15)

今年も映画&B級グルメ

今、旬の俳優 ディーン・フジオカさん。
そうNHK朝ドラの五代サマ。

ここ1週間で、何回テレビでディーンさんを見ただろうか。
朝ドラを見てない主人でも、すっかり覚えてしまったくらいです。

毎日毎日ディーンさんをこれでもか!と見ているのに、夢にはちっとも出てこない。(笑)




さて、夫婦50割引きを利用して見に行った、今年初めての映画は大作でした。

「ブリッジ・オブ・スパイ」
1か月に4本も5本も映画を見る姉のオススメでした。

c0292342_09531019.jpg

スティーブンスピルバーグ監督の実話を基にした映画で、私が産まれる2年前に、アメリカとロシアとドイツとの間で起こっていた偉業です。

最後までどうなるんだろうというハラハラドキドキ感。


ネタバレになるので多くは書けませんが、今は平和なドイツで起こっていた戦争。
ベルリンの壁の事も今まで殆ど知らなかったんですね。

c0292342_10294631.jpg


年末に見た「杉原千畝」でも、長い間のロシアとヨーロッパとの確執、そしてその後の冷戦時代。
映画を見なければ知らなかった小さな歴史の破片が、私の中で紐解かれました。


「ブリッジオブスパイ」に戻りますが、感動というより、なんだろう~
胸の深い所を捕まれた感じ?
3枚目の役が似合うトムハンクスが、神妙な顔つきで、過酷な運命を自然に見事に演じていました。

とにかく見ごたえ感いっぱいの映画でした。

主人も満足したようですよ。




帰りのディナーはB級グルメ。
お好み焼きで、これまた大満足でした。

c0292342_10111518.jpg
ソース、ジュワ~  かつお節、てんこ盛り~
B級グルメ、大好きな私たち。


       
       ***********


砂里(さり)芋
北越後の砂丘畑で育てられた里芋です。

c0292342_10171517.jpg

するめいかと一緒に炊きました。
c0292342_10181862.jpg


里芋、美味しいですね~
ねっちょ~りしながらも、口溶けのよい食感です。(*^^)v



今日も訪問していただきありがとうございます。
By ユミでした




[PR]
by iyim2012 | 2016-01-25 12:00 | シネマ&ドラマ | Comments(14)