十色生活

iyim2012.exblog.jp
ブログトップ

タグ:バッグ ( 6 ) タグの人気記事

映画とついうっかりの巻

主人が単身赴任中で、普段は一人なので、洗濯は3日に1回くらいです。(小さな節約のつもり)
そもそもこの3日に1回くらいというアバウトさが、つい うっかりと忘れる元なのです。

洗濯をするのを忘れるんじゃなくて、先日は干すのを忘れたんです。

今日は洗濯したよな~ そろそろ取り込もうとベランダに出ると、あれ?ない。。。
たしかしたよな~  
で、急いで洗面所に行って洗濯機をのぞき込むと、洗濯が終わったままのあの状態なんです。
洗濯物が洗濯槽にギッシリへばりついたままの状態で、放置してあったんです。

特に忙しかった日でもなく、家にいても夕方(それもかなり遅く)まで気づいてなかった。
主婦歴36年ですが、干すのを忘れたのは初めてでした。



母は、この前、少しズボンが濡れたからと言って、電気ストーブにズボンをかけて乾かし、ズボンに穴を開けたんです。
「つい、うっかりしててな~」って簡単に言うけど、私のつい うっかりとは全然違いますでしょ~

ズボンに穴が開いただけで済んで良かったんです。火でも出てたら今頃こんな事書けませんよ。
だからね、いつも言うてるでしょ~ カクカクシカジカ◎△$♪×¥●&%#?!・・・むにゃむにゃ・・・


最近自分でも嫌になるくらい、ついうっかりが多いんですよ。(;´∀`)
一昨日も切手を貼らずに出した郵便物が戻ってきました。(-_-;)
年が行くほど気をつけなければいけませんね。


     ************



さて、ブラッド・ピットが見たいからという、ほんとに単純な気持ちで見に行った映画の話です。
マリアンヌ

c0292342_10003021.jpg

ストーリー云々よりも、ただブラピとマリオン・コティヤールの美しさにうっとりでした。

物語は第二次世界大戦下、極秘任務で出会った男女が、やがて深く愛し合い夫婦となります。
でも幸せな時は長く続かず、妻に二重スパイの容疑がかかり、疑惑が夫を苦しめます。

c0292342_10005959.jpg

ストーリーは割とベタですが、ダンディで大人の色気を放つブラピは素敵でした。
若き日のロバート・レッドフォードによく似ているな~って思いながら見ていました。

相手役のマリオン・コティヤールはエキゾチックで華やかで、衣装もうんと素敵なんですよ。
c0292342_10022489.jpg

今見ると、逆に新鮮な古き良きメロドラマ
綺麗な映像の大人のラブストーリーって感じです。

まだ見たい映画が2本あります。




*オマケ*
先日届いた、新しいバッグ キプリング
キプリングと言えば、可愛いモンキーちゃん 彼の名前はMATT マットでした。

c0292342_11464735.jpg
明日のお出かけはコレを持って行こう~



今日も訪問していただきありがとうございました。


  
[PR]
by iyim2012 | 2017-02-24 00:08 | シネマ&ドラマ | Comments(12)

新しいバッグで「マレフィセント」

今日は二十四節気の大暑。関西も熱帯夜が続いています。
暑さ厳しい折、皆さま、お身体にくれぐれもご自愛くださいね。



迷彩柄のバッグ、探していたんです。
メンズっぽくない迷彩柄がいいな~と思って。

c0292342_20572849.jpg
フランスで買ってきた クリッツァです。
イタリアのブランドです。

イタリア制だけど、パリのプランタンで迷わず 「I'll take this」(笑)
メンズっぽくないキラキラなラインストーンが散りばめられているバッグです。


新しいバッグを助手席に置いて・・・

c0292342_21110221.jpg


「マレフィセント」を見てきました。
c0292342_21121775.jpg

c0292342_21154426.jpg


誰もが知ってるディズニーのクラシックアニメの名作「眠れる森の美女」を、
悪役マレフィセントの視点から作られた、新しい愛の物語です。

アンジーの存在感はカリスマ的な物がありますね。

幻想的で美しい風景も素敵でした。

c0292342_21123894.jpg

1シーンだけですが、アンジーとブラピのお子さんも出ていて 可愛かったです。

はかない切ない愛の物語でした。


                    053.gif


ところで、この歳になって、以前から行きたかったネイルサロンに行き始めて早や半年。

爪が弱くてすぐに二枚爪になっていた私の爪ですが、ジェルネイルのおかげでそんな悩みも解消です。
家事も普通に大丈夫です。

ネイルは私のストレス解消の一つでもあります。
(10歳離れた、妻を亡くした私の兄。要介護2で、若干認知で若干体が不自由な兄の生活を、ここまで助けている私って偉い。でもストレスがかなり貯まる、貯まる、貯まる・・・ブツブツブツ・・・)

ストレスは早めにケアをしたいものです。


約月一のペースでジェルネイルを楽しんでいますが、私が好むのはアート的な物ではなく、
いつも塗っているか塗ってないかわからないくらいの、ヌーディーなカラーを極シンプルに塗るナチュラルなネイルにこだわっています。

たまに一つラインストーンを着けてもらったり、お花を書いてもらったり・・・

今回は夏なので、先端にちょっとキラキララメを散りばめて涼しげに。
c0292342_10370499.jpg
7回くらいした中で、一番気に入っているかも。



By ユミでした056.gif


にほんブログ村 ライフスタイルブログ 暮らしを楽しむへ
[PR]
by iyim2012 | 2014-07-23 19:47 | ファッション | Comments(10)

好きな物・・・LOUIS VUITTONモノグラム

ブランド物のバッグへの関心は、一時期に比べると随分減ってきて
ブランドバッグも今では殆ど残っていません。

ただ唯一「ルイ・ヴィトン」のモノグラム柄だけは好きです。

昔、高島屋のルイ・ヴィトンでお財布を買った時、名前を登録していただき、
それ以来ルイ・ヴィトンのカタログが、年に数回送られてきます。

先月も新しいカタログが届きました。
c0292342_17383326.jpg
c0292342_17390537.jpg

いかにも・・・の柄がちょっと・・・と敬遠される方もいらっしゃいますが、
ルイ・ヴィトンの伝統的な柄であるモノグラムは、
どこか日本の家紋を感じさせる、特別な雰囲気があるように思えるのです。


モノグラムの「アルマ」は思い出の品です。

14年前の話ですが、父が亡くなる前に殆ど毎日看病していた時に、
父から手書きで「お礼」と書かれた封筒に入った現金を渡されたのでした。

父が亡くなってから、いただいたその現金を何か形として残しておきたいと、このアルマを購入しました。
c0292342_17511481.jpg

ルイ・ヴィトンも毎年新作が出される中、アルマは不動の人気があり、
デザインも定番でありながら、何処かクラシカルで、それがまた新鮮で、
私達世代にはよく似合うと思います。

この先、他のモノグラムバッグは娘達に譲るとしても、
アルマは腰の曲がったお婆ちゃんになっても、持ち続けたいです。



にほんブログ村 ライフスタイルブログ 暮らしを楽しむへ


[PR]
by iyim2012 | 2013-12-02 21:10 | ファッション | Comments(4)

あこがれの竹網代編バッグ

先月に行った有馬の温泉街に、竹工芸有馬籠「くつわ」という竹製品を取り扱っているお店があります。

過去3度程、有馬に行く度にそのお店に寄っています。
c0292342_19573665.jpg
お店の一番奥のショーケースの中に、あこがれのそれがあるんです。

いつかは買いたい、竹の網代(あじろ)編みの籠バッグです。
c0292342_19593738.jpg
値段的には、「くつわ」さんに置いてある物で、6万円~18万円位
それでもお店の人いわく「自分の所で作っているから安いんよ~」と。008.gif

いつかは欲しい・・・と手に取り、まじまじと眺めておりますと、そばに居た友達が言います。
「バリ島で買った、籠バッグがあるやん」

あなた~・・・それはちょっと・・・やっぱり違いますでしょう・・・(・_・;)

バリで買ったアタのバッグ、あれはあれでとても気に入ってるんですが・・・

網代編みバッグは、何と言いますか、気品と造りの違い、素材そのもの、漆仕上げ・・・
やはりそれなりのお値段のそれなりの価値があるバッグです。
c0292342_20090095.jpg
10歳年上のお友達は、以前洋服に網代編みバッグをさりげなく持って現れたのが、とても素敵でした。

年中使える籠バッグで、着物に似合いそうなその姿形。
私こう見えて、着物好きなんです。最近はとんと着ておりませんが。

普段洋服の時に持つには、10年位たって60歳以上になってからの方が似合うのかもしれません。

それならば、自分が還暦を迎える節目の時に、自分へのプレゼントとして買うっていうのはどうでしょうか?
いい考えだと思うんですが。049.gif

あと6年弱・・・へそくりをコツコツ貯めてあこがれのバッグを買うっていう楽しみもありますが、
網代編みバッグの似合う女性になれるようにという目標もまた、楽しみの一つになります。



にほんブログ村 ライフスタイルブログ 暮らしを楽しむへ
[PR]
by iyim2012 | 2013-11-23 16:59 | feeling | Comments(6)

初めてのキプリング

私の仕事場に来られる、お洒落な80代の女性ですが、
紫に近いフューシャピンク (濃いピンク) のキプリングのリュックを、いつも持っています。

キプリングとはベルギーのアントワープで生まれたバッグを中心にしたブランドです。

お猿さんがトレードマークで、だいたいのバッグにはモンキーチャームが付いています。

ナイロン製で軽く、そのチャームがなんともユニークで、前から気になっていました。

デパートでは定価で売られているのですが、
あるショップで数点だけ割り引いて売っていたので、買ってしまいました。

私のファーストキプリングは、薄いグレーで (キプリング的にはラッカーグレーと呼ぶそうです)
ポケットもたくさんあり、斜めがけできるショルダーストラップが付いている物を選びました。
c0292342_21121182.jpg

ちなみに、キプリングファンの人の事は、キプラーと呼ぶらしいです。
c0292342_21144233.jpg


ピンクのキプリングを持っているご年配の女性ですが、
洋服はだいたいご自分で編まれたシックな物。だけど、小物はキラキラ。。。072.gif
杖を持つ手の爪には、時々薄いピンクのネイルをしている事も・・・

お孫さんと仲良しで、今時の話題にも敏感で、誰とでも気さくにお話ができる人。

私もああいう風に、歳とっていきたいなぁ~!
そう思える、人生の素敵な大先輩です。



にほんブログ村 ライフスタイルブログ 暮らしを楽しむへ


[PR]
by iyim2012 | 2013-10-16 21:25 | ファッション | Comments(2)

アタのバッグとバリ島


夏を感じる日が続くと、そろそろ籠バッグを持ちたくなる。

今はアタのバッグがお気に入りです。

アタとはインドネシアに自生するシダ科の植物で、その茎を乾燥させ編みこみ、バッグや雑貨が作られています。
c0292342_2272259.jpg

左のアタのバッグは、去年バリ島に行った時に買った物で、使い勝手のいい大きさのアタのバッグを探して、やっと見つけて買い求めました。
右の蓋付きの物は、10年程前に日本のアジアン雑貨屋で買った物です。
c0292342_22115477.jpg

神が宿ると云われているインドネシア、バリ島。

バリの人達はみんな信仰心が篤く、ヒンズー文化を現在に受け継ぎ、工芸品にその文化を反映させています。

アタ製品もその一つですが、他にもお守りとして身につける鈴のようなガムランボールや、華麗な模様を豊かな染色で染め上げたバティックなどアジアン雑貨が豊富で、買い物にも時間がかかった物でした。

寺院、棚田、海、夕日・・・美しい景色やスパに癒され、まさしくリゾートに相応しい島でした。

そしてマダム達は、旅の最後に勇気を出してバリ衣装を体験したのでありました。
c0292342_2220222.jpg

[PR]
by iyim2012 | 2013-05-27 22:22 | 旅行 | Comments(4)