十色生活

iyim2012.exblog.jp
ブログトップ

フランス旅行記 vol.3 sanpo

5日目。。。パリ

パリで3連泊です。
5日目は「パリ」を大忙しで周ります。

なんせみっちゃんが5日かけたパリを、私達は2日(正確には6日目午前中ジヴェルニーに行くので1日半です)で、周らねければならないんですから。


まずは外せない「ベルサイユ宮殿」へ。
c0292342_14464447.jpg

c0292342_14473118.jpg

映画「マリーアントワネット」では、実際の宮殿で撮影された事が有名で、映画を見て以来興味深々、ワクワク感一杯で向かいました。

その日も曇り空です。

入口は長蛇の列。
でもツアーは、専用の入り口から入れるので、ここはツアーがオススメかな?

ガイドさんの説明もありますし、わりとゆっくりしたペースで一通りは見学出来ました。
c0292342_14540778.jpg

c0292342_14545492.jpg

鏡の間です。
c0292342_14555645.jpg

c0292342_14565366.jpg

有名なマリーアントワネットと子供達の肖像画。。。
c0292342_15020755.jpg


「マリーアントワネット」の映画では、その時代の宮廷文化が現在的な見方で撮られています。

そんな宮廷文化の面影が残る、きらびやかな世界でした。
c0292342_15023982.jpg




そしてもう一つ外せないのは、やはり「ルーブル美術館」ですよね。
c0292342_15052637.jpg

世界最大級と言われているだけに、ものすごいスケールです。

個人的に行っても1週間では見られないらしいところ、ツアーではほんの一つまみかじるだけ。

それでも見ました。
ミロのヴィーナスさん。
c0292342_15081940.jpg

横顔はこんなです・・・
c0292342_15091388.jpg

そうなんです。美術館の中は普通に写真OKなんですよ~!
日本とは違いますね~。

だからかの有名なこの方も。。。
c0292342_15113771.jpg

ルーブル美術館ではやはり一番有名なので、ガラスに、ロープに、警備員のガードです。
c0292342_15134072.jpg

今、綾瀬はるかさんの映画で話題になっている「モナリザ」さんの前はこんなに人だかり。
c0292342_15151625.jpg

他にも、ダ・ヴィンチ、ラファエロ、オダリスクなども見れました。
c0292342_15173953.jpg

天使の羽根の「ニケ」は修復中。
フェルメールが見られなかったのが残念でした。
c0292342_15193263.jpg

c0292342_15200158.jpg



フリータイムにオルセーに行かれた方もいましたが、私達、買い物も外せないので・・・(汗)


その後は、ノートルダム大聖堂とセーヌ河クルーズ。

パリの「ノートルダム大聖堂」ってあまり知らなかったんですが、中は圧巻、感動物でした。
c0292342_15232334.jpg

c0292342_15235146.jpg

c0292342_15250410.jpg

バラ窓と言われているステンドグラス。
c0292342_15265255.jpg

ジャンヌダルクの象像です。
c0292342_15275469.jpg

c0292342_15282999.jpg


この後は少し自由に散策して、夕食後にセーヌ河のナイトクルーズでした。

長くなりそうなのでクルーズは次回に書くことにして・・・


オマケ。。。
c0292342_15321722.jpg
BENETTONのヒールスニカー。
歩きやすく、この旅で大活躍してくれました。


それでは次回につづきます。



By ユミでした056.gif




にほんブログ村 ライフスタイルブログ 暮らしを楽しむへ
[PR]
# by iyim2012 | 2014-06-08 13:31 | 旅行 | Comments(8)

ブレイクは「えんどう豆の煮込み料理」

フランス旅行記は、あと2、3回くらい続く予定です。
旅行の事ばかりもなんなんで、本日は少しブレイクタイムということで。。。


食品に季節感がなくなったとはいっても、まだお野菜には春や秋を感じさせてくれるものがたくさんありますね。

今日は結婚した当時から、ずっと作っている煮込み料理をちょっと載せてみます。
c0292342_20114707.jpg

まわりに家庭菜園をしている人が多いので、自分の家だけでは食べきれないからと、色々なお野菜をおすそわけしていただきます。
ありがたい事です。

少し前ですが、さやえんどうや、そら豆をいただきました。

c0292342_20134205.jpg

色々な美味しいいただき方がありますが、さやえんどうがあると、私が必ず作るのは煮込み料理です。
結婚したての大昔、友達から教えてもらってから少しずつ自分でアレンジしています。


☆☆☆作り方☆☆☆
まず材料は、さやえんどう、玉ねぎ、ベーコン、レタス(あれば…)です。
あとは、スープの素(固形や顆粒)、小麦粉、塩コショウ、砂糖です。

1.さやえんどうは使う直前にさやから出し、塩茹でします。
ある程度柔らかくなったら、しわがよらないように水にさらします。
c0292342_20210980.jpg

2.玉ねぎ、ベーコンは、小さく切ります。
レタスも小さくちぎっておきます。
c0292342_20223173.jpg

3.バターで、玉ねぎ、ベーコンを炒め、えんどう豆も入れて一緒に炒めます。
(写真は直径20cmの小さなフライパンで作っています)
c0292342_20262969.jpg

4.レタスも加え、小麦粉大さじ1~2くらいを入れて焦がさないようにさらに炒めます。
次に水をヒタヒタに注ぎ、スープの素を入れます。
c0292342_20292248.jpg

5.とろみが出て、えんどう豆が柔らかくなるまで煮込み、塩コショウで味を調えます。
私は隠し味に砂糖を一つまみ入れます。
くれぐれも焦がさないように、まぜながら煮ます。
c0292342_20323920.jpg

出来あがりです。
c0292342_20334589.jpg


私は一人だと、これのみで充分。
シチュー感覚で、パンなんかと一緒に食べてもなかなかイケますよ!

こんな記事をかいている本日、またまたいただきました。
今度は、さやいんげん(インゲン豆)です。

胡麻和えと、茄子と豚肉とで炒めて食べようかと・・・



By ユミでした056.gif




にほんブログ村 ライフスタイルブログ 暮らしを楽しむへ
[PR]
# by iyim2012 | 2014-06-06 10:40 | グルメ | Comments(6)

フランス旅行記 vol.2

3日目。。。ロワールからモンサンミッシェルへ

3日目はロワール地方から北西にある「モンサンミッシェル」に向い、一日モンサンミッシェルで過ごしました。
c0292342_15123881.jpg


モンサンミッシェルのある対岸に渡る前に、この地方ではコレ!と言われている名物のオムレツをいただきました。
c0292342_23152287.jpg

巡礼者の為にプラールおばさんが考案したそうで、味は昔ながらの味を忠実に守って、かなりの薄味でした。
塩やケチャップをかけていただくそうです。

オムレツの後は、こんな感じでした。
c0292342_23183656.jpg

修道院であるモンサンミッシェルは、浅瀬にある一つの島ですが、中は想像以上に広く、超複雑な迷路のようでした。
c0292342_23211747.jpg

片言の日本語が話せるフランス人のヤンさんに、2時間かけて案内していただきました。

見所はかなりあります。
c0292342_23255602.jpg

でも、アップダウンばかりで足腰にこたえます。

上部にいくと、干潮の時間で干潟がとっても綺麗でした。
c0292342_23233423.jpg

c0292342_23280119.jpg


細い参道の両脇にぎっしりとあるショップも、ここならではで楽しいです。
c0292342_23291033.jpg


ホテルは島の対岸ですが、スーパーやレストランが数軒あるだけで、他には何もない田舎街です。

ホテルも古いホテルで、お部屋もかなり小さいです。
c0292342_23313189.jpg

でも対岸に宿泊する魅力は、なんといってもライトアップされるモンサンミッシェルを観られることです。

でも、この時期のフランスはサマータイムで、日没が10時前なんです。
夜の9時を過ぎても昼間のように明るいなんて、日本では考えられませんよね!


ライトアップを観るために夜の戸張が降りるのを、ホテルの部屋のテレビから流れる、意味のわからないフランスのトーク番組を、ボーッと見て待っていました。

スーパーも夜8時には閉まってましたから。

結局10時半過ぎてからようやく暗くなってきて、とっても寒い思いをしたライトアップ観賞でした。
c0292342_15135113.jpg


でも、とっても綺麗でしょ!



4日目。。。モンサンミッシェルからオンフルールとルーアンへ

4日目はモンサンミッシェルから北東の「オンフルール」にまずは行きました。
一日どんよりした曇り空で、寒い日でした。

オンフルールはノルマンディー様式の木造家屋が建ち並ぶ、港町です。
c0292342_12590125.jpg

c0292342_12593343.jpg

可愛らしい街並みと港との融合。
これもフランスの顔なんですね。
c0292342_13011885.jpg

c0292342_13014331.jpg

お洒落なお店が多く、買い物散策で楽しめました。
c0292342_13032586.jpg

c0292342_13035193.jpg


私はこの街、かなり好きなタイプです。
c0292342_13044726.jpg

c0292342_13051038.jpg


次に訪れた「ルーアン」は、街全体が美術館と言われるらしく、14世紀前後の古い建物が今でも大事に保存され使われています。

画家のモネは、ルーアンの「ノートルダム大聖堂」を何枚も描いていて有名です。
c0292342_16025576.jpg

c0292342_16033285.jpg

大聖堂の中も見学しましたが、内部の雰囲気はパリの大聖堂とよく似ていたのでここでは端折ります。
c0292342_16052644.jpg
ジャンヌダルクが19歳で、処刑された街でもあります。

c0292342_16061043.jpg

c0292342_16064133.jpg


その後、パリに向かいセーヌ河沿いのホテルにて宿泊でした。


オマケ。。。
ルーアンのマルシェ(市場)の野菜売り場です。
c0292342_16085417.jpg

それでは、この後もう少し続きます・・・


By ユミでした056.gif


にほんブログ村 ライフスタイルブログ 暮らしを楽しむへ  
[PR]
# by iyim2012 | 2014-06-03 22:53 | 旅行 | Comments(8)

フランス旅行記 vol.1

帰って来た昨日は身体の疲れと、無事帰れた安心感で、なにもかもスローペースでダラダラとしてしまってましたが、まる一日過ぎると、心も身体も落ち着き、じわじわとワクワク感は蘇ります。

好きなアイテムである、数々の映画や絵画に影響され、いつかはフランス! と、思ってました。

今回は比較的フリータイムの多い、6泊8日のツアーを選びました。
海外はハワイ以外、悲しいかなツアーでないと行く事出来ません。(-_-;)


1日目。。。関空からフランスへ

やはり飛行機は長かったです。
ルフトハンザ航空でフランクフルトでトランジットだったので、フランクフルトまで11時間半でした。

時間つぶしに映画3本と、CD1枚、持参した本を読んで過ごしました。
(ゲームはなかったです)

途中ウトウト出来る時はなるべく眠るようにはしましたが、トランジットを終えパリのホテルに着いたのは、フランス時間の夜11時過ぎで、日本を出発してから17時間も経っている事になります。

さすがにバタンキューでした。
時差はマイナス7時間。(サマータイムです)フランスの方が7時間遅れている事になります。


2日目。。。パリからシャルトル、ロワールへ

いよいよフランスでの1日が始まります。
まずはパリから南西にあるシャルトルへ。

世界遺産に登録されている、ステンドグラスが美しい「ノートルダム大聖堂」です。
c0292342_16385603.jpg


シャルトルのシンボルとなっています。

日曜だったのでミサが行われていたので、教会内は奥には行けませんでした。
c0292342_12535576.jpg


c0292342_12545767.jpg

でも、外観のゴシック様式の建物もすごいでしょ!
c0292342_16400703.jpg

c0292342_12562067.jpg

周辺も歩いて散策しました。
c0292342_13010199.jpg


日曜なので小さな蚤の市が開かれていて、早速アンティークのネックレスなどを買ったりして。
c0292342_13031262.jpg



続いてロワール地方に向かいます。

ロワール地方は緑が美しい森に囲まれた田舎街で、たくさんの古城が今も現存しています。

この地方最大の「シャンボール城」です。
c0292342_13154547.jpg

c0292342_13161496.jpg

c0292342_13163744.jpg



「ジュノンシソー城」も庭園が美しいお城で、色んな国の人達が来ていました。

c0292342_13184909.jpg
c0292342_13191911.jpg

c0292342_13194615.jpg

ジュノンソー城を出た後は、メイン通りの並木道の左側の小道を通るのがオススメです。
小鳥のさえずりを聞きながら、濃い緑の中をのんびり歩くことが出来ました。
c0292342_13223169.jpg
人も少なく景色もこちらの方が最高でした。


トゥール駅のすぐそばのバゼリーアユニバースというお店でディナーを食べ、近くのホテルメルキュールに泊まりました。
c0292342_13253339.jpg

c0292342_13263647.jpg
2日目は、教会やお城メインの一日でした。

オマケ。。。
フランスのポストです。
c0292342_16405946.jpg


それでは、つづきはまた次回へ。


By ユミでした056.gif


にほんブログ村 ライフスタイルブログ 暮らしを楽しむへ
[PR]
# by iyim2012 | 2014-06-01 20:29 | 旅行 | Comments(4)

ただいま~!

ただいまです。
本日の朝、無事帰ってまいりました。

あっという間の8日間でした。

写真もたくさん撮りましたよ。
とりあえず、モンサンミッシェルのお写真でも。。。
c0292342_18562836.jpg


ひと段落してホッとしたら、また旅のブログをアップしたいと思います。
もうかなりひと段落したんですが、あともう少し・・・

とりあえずは時差ボケを早くなおして、生活リズムが整えばいいんですが、歳のせいで時間かかるんでしょうね・・・(-_-;)

それにしても、帰って来たとたん、暑いです!
フランス、涼しくていい気候でした。

By ユミでした056.gif



[PR]
# by iyim2012 | 2014-05-31 19:20 | 旅行 | Comments(6)

行ってきま~す!

フランス旅行のために関空なう。

c0292342_12293060.jpg


2年ぶりの海外旅行です。
ヨーロッパはイタリア以来、2カ国目です。

でもおとといから、またまた孫チャマの一人が熱を出していて、少し後ろ髪引かれる思い…

フランスの天気も、ネットで調べるとイマイチの日が続きそうで…


気分だけでも盛り上げようと、ネイルをちょっとだけお洒落してフランス仕様?
あえて左右1本ずつだけ、お花を書いてみました!

c0292342_1592451.jpg



せっかく行くのだから、いつまでも、ドキドキワクワクが続く旅でありますように…
そして何事もなく、無事に帰って来れますように…

c0292342_10312674.jpg



それでは、行ってきま~す♪



By ユミでした( ^-^)ノ∠※。.:*:・'°☆
[PR]
# by iyim2012 | 2014-05-24 12:29 | 旅行

フランス旅行の準備

今年も友達の家のツバメの巣から、赤ちゃんが顔を出しました。
c0292342_22130060.jpg
みんなお父さんお母さんの帰りを、首を長くして待っています。
微笑ましいです。



さて、旅行の準備もほぼ9割ほど出来たかな、という感じです。

パジャマや下着類はそれぞれ可愛いイラストのついた袋を見つけたので、そちらに収納します。
c0292342_19295852.jpg

洗面用具にカメラ、充電器、化粧品。
他に、傘と薬類も必需品です。

薬は・・・お陰様で持病のめまいも、ここ何年かは落ち着いていて、薬も必要としないし、毎年5月の初旬頃にピークを迎える、私の花粉症もすっかりよくなりつつあります。

普段飲んでいる薬がないので、持っていくのは風邪薬と胃腸薬など。
場所が変わると眠れないたちなので、旅行の時はお医者様から、習慣性のない軽い睡眠導入剤を処方してもらいます。
時差ぼけ解消の手助けにもなります。

あと、疲れを取る為の、キューピーコーワゴールドも効果ありです。


着がえの服は、着回せるように枚数を少なくするため悩みました。
気候やTPOも考慮して・・・
調節できる羽織り物も忘れずに。靴ももう1足持っていきます。


持っていくと便利なのは、飛行機の中で使うエア枕。機内の手荷物の中に。
そして折りたたみのバッグやエコバッグなど。
これは毎日行く先々で買い物した物を入れて、ホテルに帰る時に便利です。

あと、こちらはメガネが二つ入るメガネケースです。
サングラスとメガネを入れて、毎日持ち歩きます。
c0292342_14550943.jpg

それと、行き帰りの飛行機には、必ず着圧ストッキングを履きます。
履くと履かないでは、浮腫みと疲れが全然違います。
ステイフィットの肌色で、この時期は膝下ストッキングがオススメです。


後は電波時計。
フランスに着いたら、リューズの下のボタンを押すだけで時間を合わせてくれますし、
ソーラータイプなので、電池交換も要りません。
セイコーのルキアです。
c0292342_20021442.jpg


みんなそれぞれポーチなどに収納して、スーツケースに詰めます。
最小限の荷物に厳選し、必ずスーツケースの半分は買った物のために空けておきます。

国内だと、買った物が多いと宅配便で送りますが、海外では送るの心配だし面倒だし。

・・・と、こうしてあーでもないこーでもないと準備している時間も、旅の楽しみの一つですね。

行く前、旅真っ只中、帰って来てからと、それぞれに違うワクワクドキドキがあります。
どんなワクワクドキドキが待っているのかな。
楽しみです。(^^)/~~~


By ユミでした056.gif



にほんブログ村 ライフスタイルブログ 暮らしを楽しむへ
[PR]
# by iyim2012 | 2014-05-21 20:36 | 旅行 | Comments(12)

和歌浦プチハイキング

さわやかな行楽シーズンが続いています。
こんな季節は、ちょっとでいいから何処か行きたいな~って思える、一年の中でも貴重な季節です。

でも人込みは苦手だし、ショッピングモールもちょっと違うし・・・
みたいな時は、プチドライブなんか最適なんですが・・・

今回は、プチドライブにちょっと毛の生えた、プチハイキング的な気軽なお出かけで「和歌浦」に行って来ました。 初めての和歌浦です。

最寄りの周辺まで車で行って、行く途中で早めのお昼をすませ、午後からのホントにプチなハイキングです。


「和歌の浦に、潮満ち来れば潟を無み・・・」
と、山部赤人の歌に代表されるような、万葉集の歌によく詠まれているという和歌浦です。


片男波の万葉の小路から歩き始め、まずは美しい橋に出会います。
不老橋は江戸時代に架けられたアーチ型の石の橋です。
c0292342_22534996.jpg

そしてあしべ橋を通り、妹背山の多宝塔へ。
多宝塔に架かる三断橋は、和歌山最古の橋らしいです。
c0292342_22555855.jpg


あしべ通り途中で、お屋敷を利用したお洒落なカフェを見つけたので、しばしのティータイムを。

この周辺、ものすご~くお洒落なカフェのようなお店が、他に2軒もありました。
セレブが通うような雰囲気のテラスなんかあって・・・
ちょっと敷居が高くて入りそびれてしまい、こちらの「カフェ・リェール」さんにお邪魔したしだいです。
c0292342_23023578.jpg


c0292342_23031298.jpg

カフェでほっこりした後は、関西の日光とも呼ばれている「紀州東照宮」と「和歌浦天満宮」にお参りをして。

どちらも石を敷き詰めた急な階段です。
階段って・・・上りは太ももがパンパンになり、下りの階段では、膝がガクガクと笑い始めます。

登り切った後のすがすがしい気持ちと、見下ろす和歌浦の眺望は、ナイスビューでしたけど。
「あ~しんど~(>_<)」 やっぱり階段は、この歳になるとこたえますゎ。
 
c0292342_23254848.jpg

で、駐車場まで戻って、約5、6Kmのコースです。

車でさらに雑賀崎によって、灯台へ。
雑賀崎は、昔信用金庫に勤めてた時の慰安旅行で行った場所です。
って、何年前だ~? 35年ほど前・・・?

昔も上った灯台に、また訪れ、しばし黄昏ていたワタシでした。
c0292342_11293691.jpg

c0292342_11300376.jpg


ハイキングの日のコーデです。
c0292342_13202873.jpg
シャツ、ボトムともにユニクロです。


ショッピングモールはちょっと違う、だのなんやかんや言っても、
やっぱり帰り、和歌山イオンにも寄ったりしたので、
結局一日で歩いた歩数は、14000歩になっていました。

でもまあ、お花見に行った京都の20000歩に比べると可愛いもんです。


By ユミでした056.gif



にほんブログ村 ライフスタイルブログ 暮らしを楽しむへ     
[PR]
# by iyim2012 | 2014-05-19 17:14 | お出かけ | Comments(2)