十色生活

iyim2012.exblog.jp
ブログトップ

思うこと・・・(・・?

昨日は携帯電話の通話着信音が3回も鳴った。
スマホに電話なんて、めったにかかってこないのに。
1回目の電話が、ちょっと煩わしい話だったので、通話着信音がなるたびにドキリとさせられる。

結局3回とも、いい話ではなかった。


そんな夜は、お風呂に入浴剤のハッカ湯と家庭菜園のミントも一緒に入れて、
「きっと上手くいく!」って自分に言い聞かせ、ゆっくりバスタイムを。


今日の朝も、いつものコーヒーを小松菜&バナナのスムージーに変えて、
「きっと大丈夫!」って呟きながら、デトックスの朝ご飯。
c0292342_09490399.jpg
c0292342_09494512.jpg

頑張る自分と頑張らない自分。
頑張らない自分も、認めてあげるんだ。


******


最近、娘の家に行く機会が多く、娘宅で見た「モアナと伝説の海」

ストーリーもさることながら、ポリネシアに伝わる神話と、映像の繊細さに感動し2度も見入る。
c0292342_23181999.jpg
c0292342_16451634.jpg
これはもはやアニメではない。アナ雪に劣らず美しい。。。
すごいな、ディズニー!!


*オマケ*
9月のボランティアはたった1回になりそう。
したがってお弁当も1回。
c0292342_10411791.jpg

チーズケーキが入っていた使い捨てのお弁当箱だけど、丸いお弁当箱って可愛いって思ってしまう。

でも買っちゃダメダメ。
お弁当作る機会なんて、本当に少ないんだからね。(笑)



今日も訪問していただきありがとうございました。


  
[PR]
# by iyim2012 | 2017-09-22 08:38 | feeling | Comments(8)

食べ比べ

薔薇の花をいただきました。
花をもらうなんて、1年半前に入院した時以来だよ~
c0292342_21122232.jpg
女はやっぱり花って嬉しいのよね。

c0292342_21153167.jpg
趣味と実益を兼ねて、花を育てている方からのいただき物です。




さて、ベトナムに行く時、主人から つまらない土産は要らないから、フォーの安い袋麺的な物をたくさん買って来てって言われてた。

色々売っているショップでフォーを見つけ、もしかしたらこういうフォーなら、日本の大きいスーパーやカルディでも売っているんだろうと思いつつ、
まあ、主人の希望だからっていう事で、10個買ったら1個オマケしてくれるので、11個買って帰えった。

主人のお土産は、関空で免税のタバコとフォーの袋麺だけになってしまいました。(^^ゞ


これがベトナムで買ってきたフォー(PHO)の乾麺です。
c0292342_21234651.png
何処を探しても日本語はないのだけれど、見つけてしまった。「エースコック」の文字を!
でもコックの絵はブタではない!?


ベトナムのフォーがすっかりお気に入りになったので、自分でも買ってきた物を食べてみよう。
で、スーパーに入れる具材を買いに行く時、フォーは置いてないのか探してみると・・・

ありました。coopのスーパーではケンミンが出しているフォーが置いてありましたよ。

せっかくだから食べ比べてみよう

c0292342_21320007.jpg

二日にわたって両方食べてみました。


日本で売られているケンミンの「ベトナム風フォー」(鶏ガラスープ味)
税込108円  お鍋で炊くタイプです。 具は入ってません。
パクチーは売ってなかったので、サラダセロリと牛肉、生姜、ライムの代わりにスダチを入れています。
c0292342_21374105.jpg


ベトナムで売られていたエースコックのフォー (チキンスープ味)
日本円で約40円  器に麺とスープを入れてお湯を注ぎ、3分待つチキンラーメンタイプ
↑上の具に、ベトナムで買ってきた蓮の実も入れてみた。 オマケにめまいや不眠に良いと言う蓮のお茶も。
c0292342_21465752.jpg


日本の物の方が、麺はしっかりしている。
でもベトナムで買った方の麺は、まさにベトナムで食べた食感に良く似ている。

スープの味も、日本の物の方が薄い。
50gの麺に対し、水500ccと書かれているのでその通りにしてみるとやや薄い。

ベトナムの物は麺45gに対し、水400cc
辛味オイルが別にあり、調節できるが、私はこちらの方が美味しいと感じた。


味覚には好みがあるので、一概に言えませんが、私はベトナムで買った方がタイプです。
日本のケンミンの物も、水の量を調節して、入れる具材、辛味を足すなど工夫すれば充分美味しいと思います。

でもコスパを考えると、やっぱり本場ベトナムの勝ちかな!?



今日も訪問していただきありがとうございました。


  
[PR]
# by iyim2012 | 2017-09-20 08:39 | グルメ | Comments(8)

葡萄to祭りtoハプニング

今年も農園から直接届いた葡萄たち。
ご縁があって、姫路の川畑果樹園さんの葡萄を、ここ3年いただいています。
c0292342_23451379.jpg

今年は「シャインマスカット」と「ピオーネ」
粒が大きくて、お味が濃くて美味しいです。
c0292342_22522994.jpg

強烈な日光を浴びて、葡萄が自らを紫外線から守るために作られるのが、アントシアン!
これは、ポリフェノールの一種で、活性酸素の除去に効果的という、実は体にとっても良いフルーツなのです。


作り手さんが苦労して育て、愛情こもったたくさんの葡萄を、お祭りで集まったみんなでいただきました。


3連休真っ只中、昨日、一昨日の2日間はちょうど岸和田だんじり祭りの日。
台風の影響でお天気もややこしかったけれど、岸和田だんじり祭りは昔から「下駄祭り」と言われるほど、元々雨に見舞われる事は多いのです。
秋雨前線の影響でしょうね。


初日、雨の中でも、勇壮な姿で目の前を駆け抜けて行きました。
c0292342_09130340.jpg

昨日は、夕方まで雨は降らず、台風も吹き飛ばすかの如く、威勢のいいだんじりが見れました。
c0292342_20070286.jpg


孫6人は久しぶりに集合。
いつものように賑やかすぎでワチャワチャ~~

6人揃っての自然な写真は、動きが激しすぎてやっぱり撮れない。(>_<)
なので、いつもチビチャマふたりの写真を撮るワタシ。
c0292342_11010275.jpg
癒し組の二人です~(*´з`)


ところが、先週、とんだハプニングが。。。
チビチャマのBoyの方が、ハイチェアから落っこちて、右手撓骨(手首の上の骨)を骨折してしまいました。(´;ω;`)ウゥゥ

1歳と2ヶ月。こんなに小さくてか細い手が骨折なんて・・・可哀想で・・・
c0292342_11125785.jpg
今はシャーレで固定してます。
お医者様曰く、綺麗に折れているし、子供の成長は早いので、固定も通常より短く、早く治るとのこと・・・

それでもまだちゃんと歩けない時期なのでバランスも悪く、片手が使えないのでハイハイも出来ず、とても不自由なんだと思う。
左手だけで一生懸命に遊ぶ健気な姿を見ると、ますます愛おしい。。。♡


子育て中はハプニングもそりゃあるよ。
ハプニングを活かして、ハプニングから学ぼう。
起きてしまった事には、爾後が大切なんだ。


さて、台風ですが、地元は避難勧告が出たにも拘らず、無事に過ぎてくれました。
風は多少強かったようで、朝起きると植木鉢がひっくり返っていて、後片付けに追われました。



今日も訪問していただきありがとうございました。


  
[PR]
# by iyim2012 | 2017-09-18 09:27 | 生活 | Comments(10)

一生に一度は見たい名画

「一生に一度は見たい名画、ついに大阪へ!」
こんな自信ありきな大胆なキャッチコピーが着いた絵画展が、「ブリューゲル『バベルの塔』展」

10月半ばまで、中之島の国立国際美術館で開催されているので、行ってみました。
芸術の秋ですもんね。
c0292342_17394153.jpg

「バベルの塔」は、旧約聖書に登場する物語の中の空想の世界の中の塔。

500年前、何人もの画家がバベルの塔を描いた。
中でもブリューゲルが描いた、この空想の世界のバベルの塔の絵は、独創的で緻密な描写、世界的にも至宝と言われるほど称賛されている。


その絵は、思ったよりも小さかった。
その小さな絵の中の塔は、壮大なスケールで空へと伸び、未だ建設中だ。
よく見ると、米粒よりも小さな人がたくさん働いて作業している。その数1400人!?
c0292342_23595501.jpg

なんという細かさ。
小さなキャンバスに、どうすればこんな緻密な絵が描けるのだろう。想像もつかない。

モンサンミッシェルや、ポロヴドール遺跡を見た時と同じ感じ。
圧巻という以外、言葉が出ない~~!!!
日本には24年振りに来たらしいから、ほんとに一生に一度しか見れないかも・・・



名画観賞の後のランチは、美術館近くのアジアン料理のお店に。
あまり時間がなかったので、軽く食べる。
c0292342_17543136.jpg
季節の野菜のココナッツカレー


c0292342_17552105.jpg
軽くと言いながらも、デザートもしっかりいただいて。




今年はいつになく一気に涼しくなって、台風はやってくる季節だけど、9月と言えばもう秋。
ネイルも涼しげに秋を先取りで、スモーキーなグリーン、グレーがかったオフホワイト、グレーがかったベージュ
c0292342_10154506.jpg
少しずつ秋色にシフトしています。



芸術の秋、読書の秋、食欲の秋、スポーツの秋、お洒落の季節も到来です。

好きな季節を心行くまで堪能したい。
どんどんお出かけしたい心境・・・

でもまずはすぐにやってくる台風、皆さんお気をつけください。



今日も訪問していただきありがとうございました。


  
[PR]
# by iyim2012 | 2017-09-16 09:27 | お出かけ | Comments(8)

ロータスを愛でて食して

ベトナムの国花は蓮の花と言われている。


ベトナムのここかしこで、その姿は見られた。 
凛としているけれどひっそりと咲いていた。
c0292342_13474454.jpg

日本で蓮と言えば、花の他には「レンコン」 そう、根っこをいただくのだ。

でもベトナムでは、日本ではあまり馴染みのない、蓮のお茶と蓮の実が、食されている。
蓮のお茶は、蓮の実の芯から出来ているらしい。


まるで漢方薬とそれを用いた薬膳のように、その効能は調べれば色々と書かれている。
現地のガイドさんが言っていたのは、高血圧、めまい、不眠気味、リラックス効果、などに良いと言う事だった。
めまいや不眠気味は、とりわけ女性に多く、私にも持病のようにある症状なので、これは嬉しい。



お土産も含め、自分用にも買って帰った。
c0292342_14010894.jpg


蓮の実は、このままでもポリポリとお豆のように食べられるけれど、ベトナム現地では、スープなどに入っていた。
少し煮る事で、その食感はホクホクと、よりお豆さんに近くなって美味しかったので、料理に使ってみようと思う。
c0292342_14062404.jpg



そしてタイムリーな事に、昨日、灯り作りの第3回目として、前回より大きな「蓮の灯り」作りに参加させてもらった。
c0292342_23111213.jpg
大小2個の蓮の花灯り
前は可愛いピンクにしたので、今度は大人カラー


c0292342_23125097.jpg
それぞれの作品が集まると、華やかで美しい~




c0292342_14071304.jpg

「蓮は、泥より出でて(いでて)、泥に染まらず」


蓮は、濁った泥の中で育っても、気高く美しく花を咲かせる。
池の水が汚れていれば、汚れているほど、綺麗な大輪の花を咲かせるのだ。


What a wonderful!!


P.S. ベトナムで写した写真は、睡蓮の花のようです。



今日も訪問していただきありがとうございました。


  


[PR]
# by iyim2012 | 2017-09-14 09:02 | グルメ | Comments(8)

ベトナム再訪*ダナン*

ベトナム旅行記は、ラストになります。
3日目は、ダナンにある五行山への観光と買い物、そしてスパに行きました。


五行山
中国から伝わった儒教の五行思想(火、水、木、金、土)の名が着いた5つの山があり、信仰の対象となっています。
いわゆるパワースポットですね。

ホテルから見える五行山
c0292342_12210323.jpg

途中までエレベーターが出来たので、登りやすくなっています。
山上の洞窟には仏像が祀られています。
c0292342_12242897.jpg
c0292342_12261140.jpg
c0292342_12270350.jpg
c0292342_12293556.jpg


午後からはショッピング。

ダナンで有名な上質のチョコレートのお店「Pheva(フェヴァ)」です。
旅の手配をしてくれたY女史から、ここは絶対に行っておいで~って言われたお店です。

綺麗なカラーのパッケージと、ひと口サイズのチョコが選べます。
スパイステイストのチョコレートがイチオシだとか。
c0292342_15043208.jpg


そしてスパで、オイルマッサージ、ホットストーンマッサージで疲れた体をリフレッシュ。
リラックスタイムを堪能しました。


ディナーはダナンのビーチ沿いのシーフードのお店です。
次の日の昼便で帰るので、最後のディナー。
7日、ちょうど満月でした。 ビーチで美しい満月を眺めながら、ベトナム最後の晩餐です。
c0292342_12592405.jpg

前回のベトナムでも飲みましたが、ベトナム、スイカジュースがとっても美味しいです。
フォーと同じく、何回もスイカジュースを飲みました。
c0292342_13023746.jpg

スイカジュースに限らず、暑い国なので、休憩と飲み物は必須です。
c0292342_13064403.jpg


さて、この旅でイケメンドライバーのアンさんが運転し、旅の足となりお世話になったトヨタの四駆の車です。
c0292342_12405981.jpg

そしてお世話になったガイドのラッキーさんも登場~!
c0292342_12420134.jpg

29歳で既婚、5ヶ月の男の子のパパです。
とても好青年で、真面目で優しい人。 
さりげなく気配りが出来るので、ガイドは適職だ。

因果応報や縁を大切にする勉強熱心な彼から、頻繁に出てくるセンスのいいジョーク。
(あ~、センスはそうでもなかったか・・・笑)

でも笑える。ウケる。ハイタッチで盛り上がる。
彼が居てくれたおかげで、どれだけ旅が楽しかっただろうか。
c0292342_12484256.jpg

ガイドとドライバーと私達だけの4人旅?
こういう旅を経験すると、本当に楽しいし充実する。それにものすごく楽なのです。

たった丸3日間一緒だっただけなのに、最後空港で お別れでハグしたときには、不覚にも泣いてしまったワタシです。

「お母さん」と呼ばれていた私達に、ラッキーさんから最後のプレゼント。
折り紙が得意で、500ドン紙幣で折られたハートです。
c0292342_12554149.jpg
大切な思い出が、またひとつ増えました。
ラッキーさんのお陰で、愛おしくてハートのある思い出です。



8日の午前中はホテルでゆっくりとし、午後2時40分発の飛行機で一路関空へ。
3泊4日のベトナム再訪の旅、終了と相成りました。

c0292342_13205742.jpg
空がやっぱり美しいベトナム


今回初日、空港からホイアンに向かう車の中から街中を眺めていると、一昨年行った北部とその雰囲気は良く似ていて、
「あ~ 懐かしいベトナムの景色。また来ることが出来たんだ~」ってしみじみとした気持ちになった。
そしてやっぱり外国っていい。
海外旅行も まだもう少し頑張って行きたいなって思う。


一昨年の北部、今回の中部
さてさて残りの南部はどうしたものでしょうね~?



長い旅行記、お付き合いいただきありがとうございました


  
[PR]
# by iyim2012 | 2017-09-12 09:12 | 旅行 | Comments(8)

ベトナム再訪*フエ*

ダナンのホテルの部屋から見える海に、朝陽が登り始めるのは午前5時40分過ぎでした。
まだ薄暗い中、もう海に入っている人もたくさんいます。
c0292342_18405813.jpg

私の住んでいる所からは、山から太陽が昇り、海へと沈むので、海からの太陽が珍しい。
ブルーとオレンジの神秘的な世界。言いつくせない美しさ。。。 もう目を離すことが出来ません。

我慢できなくなり、こっそりとビーチに。
友達はまだぐっすりお休み中。( *´艸`)
c0292342_18444362.jpg


さてベトナムの旅、2日目。
ダナンのホテルからその日は フエに向かいます。
ダナンからフエまでは、車で約2時間ちょっと。

ベトナム最後の王朝、グエン朝が築いた都が残る大きな都市です。
殆どの建造物が、世界遺産に登録されています。


カイディン帝廟
c0292342_19081203.jpg
c0292342_18581797.jpeg
西洋趣味だったカイディン帝は、随所に洋式建築が取り入れられています。

ガラスや陶器を使ったモザイク画が美しい。
その中の梅の木は、日本のキリンビールのビール瓶が使われていて、キリンの「キ」の字を見つけて大盛り上がりしました。
c0292342_22091831.jpg


トゥドゥク帝廟
c0292342_19105688.jpg


ティエンムー寺院
c0292342_19120591.jpg


グエン王朝宮
c0292342_19131877.jpg


この日のお昼ご飯もベトナム料理。
大好きなフォーです。
c0292342_19162463.jpg
一昨年のベトナムでもフォーが美味しくて、今回の旅でも、朝のビュッフェでのフォーを含め、結局6回もフォーを食べましたよ。
地方や具材に寄って、お味は多少違うようですが、基本美味しいの一言に尽きる。
やはり米粉から出来ているので、日本人に合うのかしら?

因みにこの日のディナーは、中華でした。



さて、今回のホテルは、ダナンのヴィンパール・ダナン・リゾートです。
c0292342_19225638.jpg
c0292342_19232304.jpg


インフィニティのプールが、もうリゾート感たっぷりだよ~
c0292342_19235127.jpg

プールから続く海は、ゴミどころか、シーグラスや流木も全くない美しい砂浜が続きます。
地元の人達の努力の賜物なんですね。

新しいホテルもどんどん出来て、まだまだ進化中のダナンです。
c0292342_00041948.jpg


海も綺麗なら、ベトナムの空も本当に美しい。
改めて、刻々と変わる空の美しさを実感しました。


次回へ続く・・・
今日も訪問していただきありがとうございました。


  
[PR]
# by iyim2012 | 2017-09-10 22:54 | 旅行 | Comments(11)

ベトナム再訪*ホイアン*

唐突ですが、ベトナムに行ってきました。

一昨年、友達とベトナムに行き、ハロン湾で癒されて、ハノイで元気をもらい、次は絶対中部に行くぞ!
そう決意してからも、早や2年。
ようやく実現しました。 今回も同じく女ふたりの個人旅。

関空からダナンまでの直行便が出来るのを待っての、あえての9月5日出発でした。


関空から4時間半、ダナン空港に到着し、この旅でお世話になるガイドさんと落ち合い、ドライバーさんの運転する車で最初に向かったのはホイアンです。

ホイアンはダナンより南に1時間の所にあります。
この旅で一番行きたかった所です。
c0292342_23591860.jpg


ノスタルジックで懐かしく感じられる町は、200年ほど前に建てられた中国式家屋が並び、くすんだ黄色の壁に濃い緑、南国を象徴するブーゲンビリアのピンク色とのコラボがなんとも言えず素敵です。
c0292342_23584590.jpg

街のあちこちにみられるランタンはホイアンの象徴。
c0292342_23593843.jpg
c0292342_09180842.jpg

街全体が世界遺産で、街中に車は入る事が出来ません。
哀愁漂う街を昼過ぎから、夜 暗くなるまでのんびりと歩く歩き旅。


ランドマークである、来遠橋(日本人橋)、福建会館、フーフンの家などを見て回り、しばし時代を逆走してタイムスリップ~

そして疲れたらカフェでベトナムコーヒーとスイーツで休憩をとって。
c0292342_00004603.jpg
日本人が造ったと言われる 屋根付きの橋、日本人橋


c0292342_09202233.jpg
c0292342_00010223.jpg
ガイドブックにも載る ザ・カーゴ・クラブにてマンゴーケーキとベトナムコーヒー


小さな船に乗り、小さな村ターハイ村・キンポン村にも行きました。
c0292342_09235402.jpg


この旅最初のご飯は、ホイアンの有名店シークレットガーデンにて、ホイアン名物のカオラウ、ホワイトローズ、揚げワンタンなどをいただきました。
c0292342_00044035.jpg
c0292342_00050510.jpg


日が暮れると、夕暮れの路地にぽつりぽつりとランタンに灯りがつき始め、街が輝きだします。

c0292342_09244755.jpg
c0292342_09402411.jpg

夜風に吹かれながら、その中をのんびり歩いていると、昼間とはまた違った雰囲気に、心がときめきました。

その後ダナンのホテルへと向かい、3泊します。



今日も訪問していただきありがとうございました。


  
[PR]
# by iyim2012 | 2017-09-09 09:52 | 旅行 | Comments(16)