十色生活

iyim2012.exblog.jp
ブログトップ

<   2016年 08月 ( 14 )   > この月の画像一覧

走れるサンダル

暑かった8月ももう終わりです。
今台風が影響している所の皆さまは、どうぞお気をつけください。
大阪も台風の影響で昨日は一日雨でした。
今日は涼しくて爽やかですが、今年の大阪の残暑は厳しいです。


出かける時は、つい素足にサンダルとなってしまいました。

お洒落は先取り。
巷のお店はもう秋の装いばかりですが、暑くて、もうビジュアルなんて言う言葉とは無縁になりました。
このまま秋に突入してくれれば・・・ いや~今週後半にはまた35度超えの予報です。
夏ファッションも、もう少し続きそうかな。


サンダルはヒルズアヴェニュー(アイボリー)とアーチフィッター(ピンクベージュ)がこの夏活躍してくれました。

c0292342_14565563.jpg

どちらも肌馴染みの良い色です。

そしてどちらもヒールがあるにもかかわらず走れます。
福知山のお山にある神社にも登れました。

c0292342_15034659.jpg


最近は健康志向、健康重視ブームで、靴も足の事を考えた優れた靴を作るブランドが増えてきました。
お値段もびっくりするくらい高い物もあります。

でも値段が高い物が決して万人に合うとは限らないと思います。

作る工程で、いくつもの作業を経てお値段が上がるのは致し方ないとは思います。
でも自分に合う靴は値段に関係なく、これは履きやすいと感じる 足との相性だと思って靴選びをしています。

これも一種の出会いです。

まだまだ出会ってないブランドの靴の方が多いと思います。

靴はある程度は消耗品だと思うので、その時々に自分が履きやすい歩きやすい靴に出会えるよう アンテナを張って選びたいって思っています。
デザイン重視の若い頃とは違いますが、やっぱりデザインにも まだあまり妥協したくはないんですよね。


***********


今の癒しアイテム その7 福岡県の篠崎の甘酒「国菊」。砂糖不使用、発芽玄米入りです。
c0292342_15133045.jpg
甘酒は冬の飲み物だと思っているアナタ、夏に冷やして飲む甘酒の美味しい事、知りませんでしょう~
「飲む点滴」と言われるくらい栄養価が高く、夏バテ予防やこれからは夏の疲れを取ったり美肌効果があると、今注目されているんです。

私も最近そのことを知り、ブロ友さんから国菊の甘酒が美味しいって聞いて、堺のイオンで見つけ大人買いしてきました。
牛乳や豆乳で割っても美味しいし、お料理にも使っています。


暑さもあともう少しです。
頑張りましょうね!(;''∀'')



今日も訪問していただきありがとうございます。
By ユミでした056.gif


  
[PR]
by iyim2012 | 2016-08-30 13:16 | ファッション | Comments(16)

思うこと・・・(・・?

お気に入りの場所にて。
久しぶりのサンセットに間に合った。

c0292342_20060663.jpg



先日届いた一通の絵はがき。
ヨガのKimiko先生からの愛ある絵はがき。

Kimiko先生は都合でヨガをお辞めになって、地元で姿を見かけることもなくなった。
c0292342_20090254.jpg

孫の世話で忙しかったけど、やっと落ち着いた生活に戻ると、やっぱりしみじみと寂しいなぁ。


海景さんとのご縁を繋いでくれたのも先生だったし、色んな出会いと世界を広げていただいた。



出会いや人生の選択は、自分にとってきっと必然的な物。
だから自分に必要な物は、自ずと向こうからやってくる。


これからの私の歩く道。 どんな道だろう。
ますます目が離せない。

自ら光を照らし、輝いた道を自分らしくしっかりと歩かなければいけないな。
この歳でも、守る物はまだまだいっぱいあるし。


でもあの日から私の心は、Kimikoロスです。




ここはやっぱり好きな場所。

遠くても、ご縁と空は繋がっていると信じよう。
c0292342_20173975.jpg


今日も訪問していただきありがとうございます。
By ユミでした056.gif


  
[PR]
by iyim2012 | 2016-08-28 09:33 | feeling | Comments(16)

小田和正さんコンサート

8月も後半になり、やっとや~っと今年初めてのコンサートに行けました。

小田和正さん、約1年半ぶりのコンサート。

ブログにも小田さんは3度目の登場になりますが、今回もどれだけ楽しみにしていたことでしょう。
生歌にどっぷり酔いしれてきました。
c0292342_23204008.jpg
小田さんはオフコース時代の歌もたくさん歌います。
「YES-YES-YES」なんて、もう最高だ~

c0292342_23230535.jpg
画像は小田さんのタイムラインより


お席は今回もラッキーないい席で、近くまで来てくださって、感動とパワーをたくさんいただいてまいりました。
c0292342_00120502.jpg


いつものようにファンへのサービスは旺盛で、汗をいっぱいかいて全身で精一杯の愛を届けてくれたように感じます。
後半はもう声もかすれ気味で・・・


小田さん、ほんとにありがとう~♪

また次お会いできる日その日まで、小田さんも私も元気でいなければ。


さて遅いスタートですが、小田さんのコンサートを皮切りに、今年も限られた時間ですがコンサートを楽しみたいと思います。



今日も訪問していただきありがとうございます。
By ユミでした056.gif


  
[PR]
by iyim2012 | 2016-08-26 00:51 | 音楽 | Comments(14)

ひとりご飯生活

リオオリンピックも終わりましたね。
どれほど沢山の感動をいただいた事でしょう。

多くの人に感動や悔しさを与えられる選手の方達って、本当に素晴らしい。

次はパラリンピック。
パラリンピックには我が市から、水泳競技に出場予定の選手がいらっしゃいます。
応援しなきゃね!



ひとりの生活に戻って、当然ですがご飯もまた一人分。
c0292342_13262209.jpg
一人分のご飯は拘りたい時は手をかけるけれど、出来れば簡単に。
↑昨日の鮭クリームパスタも、一つのフライパンで茹でて炒めて・・・

一人分のパスタは大体一つのフライパンで済ませます。
c0292342_13283876.jpg
仕上げにコーヒーフレッシュでクリーム感を出します。
コーヒーフレッシュは、水分とオイル類(この時はオリーブオイル)を馴染ませるので味がよく混ざりやすくなります。


ひとりご飯の特権は、食べたい時に食べたい物を、食べたい分だけ食べれるという事。

3食時間通りに食べる事が規則正しい食べ方と思われがちですが、お腹がすいた時に食べたい物をおいしくいただくのが良いとヨガの先生は言われます。

体内時計に従って、規則正しく食べるのです。
体調が問題なければ1日1食でも2食でも大丈夫だと。

ひとりだと自分の食欲に従って食べれる、ストレスがかかりませ~ん。


また長女が産まれたら、こんな風には生活出来ないので、今だけ限定のひとりご飯生活です。
そんな今日の晩ご飯は、ごま油でカリカリに痛めたチリメンジャコとトマトの冷やし中華。(Mちゃんのブログよりお知恵拝借)
c0292342_13510085.jpg
チリメンジャコどんだけ~~っていうほど入れたった!

麺類が多いです。



今の癒しアイテム その6  入浴剤「北見のハッカ湯」です。
c0292342_10220701.jpg
北海道のお土産にひとつ付けていただいて、ほのかなミントの香りとお色に惹かれて少しですがお取り寄せしました。

夏でもお湯に浸かる私に、清涼感と乳白色がかったペパーミントグリーンは癒される。
夏限定のネイルと、珪藻土バスマットとも同じ色です。


珪藻土バスマットも意外と重宝しています。
すぐに乾いて足元もサラサラになります。この上に寝ころびたいくらい。(笑)




今日も訪問していただきありがとうございます。
By ユミでした056.gif


  
[PR]
by iyim2012 | 2016-08-23 20:50 | グルメ | Comments(16)

永遠だよね!?

今の癒しアイテム その4と5

バリ島で買って来たアロマキャンドルと ココナッツカリンバという楽器
c0292342_10084908.jpg

単純な楽器だけど、まさしくこれはバリ島の音色。

暗い部屋でアロマキャンドル灯しながら、バリ島に思いを馳せてカリンバを鳴らす。
気持ちいい時間だけど、これってちょっと不気味な光景・・・!?


     
     ***********



気が付けば、朝からうるさかった蝉の声が聞こえなくなっていた。
蝉たちは7日間、精一杯生きて命をまっとうしただろうか。

季節は少しずつ進んでいる。

主人の16日間という長ーい夏季休暇も、ようやく今日で終わりです。
昨日赴任先に戻っていきました。


主人が帰った早々でなんなんですけど、私は昨夜、暑さMaxの中、ドリームのSっちのバースデイのお祝いに。
ごくご近所の古民家カフェでのディナーでした。
c0292342_11034099.jpg
いつものようにわちゃわちゃとした会話と大爆笑連発。
やっぱりドリームはこうでなくっちゃ。

人生の午後を、この仲間たちと過ごすことが出来て本当に良かったって思える。
SMAPは解散しても、私達は永遠だ!


P.S. 今朝目覚めると、当然の如くひとり・・・ 自由だ~と思う反面、やっぱり寂しい・・・
孫や主人の嫌いだったゴーヤ、思いっきり食べたる~(笑)
c0292342_19462099.jpg



今日も訪問していただきありがとうございます。
By ユミでした056.gif


  
[PR]
by iyim2012 | 2016-08-21 20:57 | 生活 | Comments(8)

脳ミソが喜ぶ

今の癒しアイテム その3 万華鏡
c0292342_17440962.jpg
小さな筒の中に無限に広がる世界は、宇宙にかかる虹を見ているよう。

c0292342_17443464.jpg
同じ図柄は決して現れない、一瞬一瞬にして変わって行く手の中の魔法の世界。
時間が経つのも忘れて覗いています。
c0292342_17445415.jpg


     ***********



連日猛暑が続いていて、「暑い」「だるい」「眠い」💤(´Д⊂ヽ
トリオで襲ってきます。

大阪、本日今年の最高気温38.1度を記録しました。
主人、夏季休暇中につき 朝から冷房つけて、必要最小限の外出以外 二人でオリンピック観戦の毎日です。


テレビを見ているかと思いきや、二人で交代でウトウトとまどろむ昼下がり。
「なんぼでも(いくらでも)寝れるわ~」という主人に
「脳ミソ、溶けるんとちがう~」と、私。
二人で、それは困るな~と苦笑する。


孫チャマ達とのふれあいも脳ミソ活性化にはなりますが、気分転換には脳ミソとお腹が喜ぶことを!

姉と姉のパートナーと一緒に4人で大人の飲み会に、ガルプに行ってまいりました。
従姉妹の息子ちゃんが経営するイタリアンバルで、こちらが過去ブログです。
従姉妹との過去ブログはこちらから

私達夫婦のお気に入りで、お料理が美味しくて、ポイント高いお店です。
c0292342_16271064.png


従姉妹やおばちゃんがサプライズで来てくれ、うんとお世話になりました。

そして飲み会からのカラオケは、最近のお約束のコースです。
またまた昭和の世界にどっぷりと。


ディープな大人の夜で、脳ミソとお腹、充分喜びました。



***********


ベビーちゃんは、無事1か月検診とお宮参りも終わり、すくすくと育っています。
c0292342_17462243.jpg
そんなこんなの夏の日々です。



今日も訪問していただきありがとうございます。
By ユミでした056.gif


  
[PR]
by iyim2012 | 2016-08-19 22:34 | グルメ | Comments(14)

ここにも赤ちゃん baby

産まれて間もない赤ちゃんにも不思議なパワーがあります。

間近にいる人の顔の表情を一瞬ですが真似したり、自分が楽しいと感じるワンアクションの動作を繰り返してみたり。


何もわかってないようで、ちゃんと色々観察しているんだよね。
案外一番冷静な目で、世の中を見通してたりして・・・

c0292342_10034452.jpg
ベビーちゃんは、私の膝の上かお腹の上がお好き。
私もベビーちゃんにも気持ちのいい体制。



孫チャマ達が自分の家に帰ってしまっても、我が家にはこの子達が赤ちゃんをたくさん作ってくれているんです。

次々産まれてくる小さなエアープランツやサボテンの赤ちゃんたち。
c0292342_10084777.jpg
大きい写真ですが、4cmほどのエアープランツのお尻から小さな赤ちゃんが・・・


c0292342_10095818.jpg
サボテンもどんどん小さな赤ちゃんが、あちこちから産まれてきています。

この子達に癒されている毎日です。



今は他にも癒しアイテムはいっぱい。

癒しアイテム その2は、Hちゃんが貸してくれた高橋真梨子さんのカバーアルバム。
c0292342_14202086.jpg

『君に会いたい、Mr.サマータイム、天使の誘惑、襟裳岬、思案橋ブルース、死ぬまで一緒に、メロンの気持ち、さらば恋人、いとしのエリー、白い珊瑚礁、瞳はダイアモンド、くちなしの花』

思いっきり昭和やな~~



     ***********



一昨日は夜景の綺麗なお店で、長女夫婦にゴチになりました。
c0292342_12355177.jpg





今日も訪問していただきありがとうございます。
By ユミでした056.gif


  
[PR]
by iyim2012 | 2016-08-17 22:11 | 生活 | Comments(10)

父を想う

今回お盆と終戦記念日を目前に、舞鶴の引揚記念館を訪れたことは、やっぱり何か意味があったのだろうか。
c0292342_16550455.jpg

記念館の中には、引き揚げ者が後々に体験を書いた手記も多く展示されていた。
c0292342_16571430.jpg

私の亡くなった父も戦争を経験し、その手記を遺している。

引揚記念館に行った事で、また何年かぶりにこの手記を開くことになった。
c0292342_16591444.jpg

昭和62年に書かれた手記。

昭和16年3月に、満州第851部隊山中隊に入隊し、山中隊から大体本部へ。
初年兵は4年で上等兵になり、終戦の5日前に陸軍兵長になり、昭和20年8月終戦を迎えます。

満州は暑い時は気温37、8度。
寒い時は零下35、6度まで下がったそうです。

そんな満州から終戦後、ソ連の捕虜となり、シベリアまで連れて行かれます。
シベリアの収容所に着いたのが昭和20年10月の終わりごろ。


「その日その日が無事に済むように。その日が元気で終わるように祈るだけである。」

栄養失調や病気で亡くなった戦友も多くいたという。


電気もないランプもない、汚れた収容所で2年を過ごし、昭和22年8月に高砂丸に乗って舞鶴に引き揚げて来たのである。


父の引き揚げはまだ早い方であったらしい。
それでも6年半ぶりに日本の地を踏みしめた時の嬉しさは、生前よく話していた。
c0292342_22133939.jpg

「ソ連に抑留された時は、もう帰る事は出来ないと思っていたのに、感無量でした。
僕と一緒に過ごした仲間たちは、まだ異国の地で過酷な労働を強いられているのだと思うと、目頭が熱くなりました。」


「シベリアに抑留され、人には言えないような苦労もしました。死んだ方がましと思った事も。
これもつまらない戦争を起こしたためであると思います。
二度と戦争を起こさせてはならないと思います。」

「つまらない事を書いたと思われるが、気が向いたら、読む気になったら読んでください。」


そうして家族に渡されたのがもう30年近く前の事。

私もまだ子育て真っ最中で若かった。
若い時は胸の深い所まで届かなかった事も、今は違う。

違う物になって何処までもいくらでも汲み取る事が出来る。


手記には私の知らない、若い父がいます。
21歳から27歳までの青年時代を、軍隊という想像もつかない世界で、想像もつかない時間を送っていた。


父が亡くなってから、早や17年。
生きている間に、戦争の話もあまりしなかったよね。

50ページにも及ぶ手記。
よくこんなに詳しく覚えていたよな。
忘れられないくらい大変だったんだろうな。

父に限らず、戦争を経験した人は、みんな誰でもたとえ難い思いや体験を持っている。

せめて私が生きている間だけでも、私の中だけでも風化させずに、この手記をひっそりと滔滔と讃えて行こう。


お盆、そして終戦記念日に父と戦争の事を書くことが出来てよかったです。



今日も訪問していただきありがとうございます。
By ユミでした056.gif


  
[PR]
by iyim2012 | 2016-08-15 21:07 | feeling

丹波つれづれ旅2016 Ⅲ

前回の続きで、今回で旅行記最終回です。
福知山に戻ってきて、知る人ぞ知るパワースポットの、元伊勢三社を巡ってきました。

元伊勢とは、伊勢神宮が現在の伊勢に着座するまでに、分祀されたと言われ、各地に20社存在する神社の事だそうです。
福知山には元伊勢三社と総称される「元伊勢内宮・皇大神社」「天岩戸神社」「元伊勢外宮・豊受大神社」の3つがあります。


今回旅の2日前に、素敵なご縁で繋がらせていただいているMさんに、偶然元伊勢三社の事を教えていただいたのです。
なんてタイムリーな出会いなんでしょう。そしてちゃんと行くことが出来たのですから。

伊勢神宮よりも古い歴史を持つ由緒ある神社で、お伊勢さんと符合する事も多く、意外にすごいパワーを持つ三社なのです。


まずは「元伊勢内宮・皇大神社」へ。
c0292342_13441729.jpg

2000年以上もの歴史があり、元伊勢伝承地といえば、福知山ではまずこちらを指します。
c0292342_13500554.jpg
「黒木の鳥居」と呼ばれている皮付きの杉の木が使われている鳥居で、こちらと後に行く「元伊勢外宮・豊受大神社」伊勢にある伊雑宮にしかない鳥居で、珍しい物だとか。


樹齢2000年と言われているご神木の「龍灯の杉」
c0292342_13593825.jpg


次にお詣りする「天岩戸神社」へ行く途中にある「日室ケ嶽」
願いがひとつ叶うと言われる一願成就の遥拝所であるらしく、教えていただいたMさんは、こちらが一番パワーを感じる場所であったそうです。
c0292342_14134085.jpg


渓谷に佇む「天岩戸神社」へ。
どうしてこんな所に・・・という岸壁の遥か上の場所に祀られています。
c0292342_14175743.jpg
鎖を使って岩の斜面を登り、お詣りするのですが、足元が非常に危険です。
主人に手伝ってもらいお詣り出来ましたが、登れない方の為に下にもちゃんと遥拝所がありました。

「天岩戸神社」は奇岩の道を歩き水辺に下りてたどり着きます。
一帯は神聖な水場で、まさに神々が舞い降りた渓谷です。



そして「元伊勢外宮・豊受大神社」へ。
c0292342_14324481.jpg
豊受大神社(とようけだいじんじゃ)と読むそうで、さすが伊勢神宮外宮の元宮とされていて、近くには五十鈴川や、宇治橋と名の付く場所もありました。

こちらも杉を用いた黒木の鳥居です。
豊受大神は農業の神様で男神です。



神聖なる神社の話が続き、ブログもここでブレイクタイム~

アパートに戻る前に福知山の名店「洋菓子のマウンテン」に寄りました。
ワールドチョコレートマスターズ2007で優勝し、世界一の称号を手にした水野直己氏のお店で、度重なる豪雨の被害を経て、今年7月に新しい場所で再オープンさせたお店です。
c0292342_16010605.jpg
レモンケーキと、ベリーのゼリーを買って帰り、夜オリンピックを見ながらいただきました。


夜は私は主人のベッドを拝借し、主人はソファーベッドに・・・
次の日はいずこへ・・・と相談しながら眠りにつきました。


次の日は福知山から南西に向かって約1時間、兵庫県朝来市の「生野銀山」に行きました。
実は朝来市は、主人が出生した場所です。
c0292342_17145801.jpg

「あさが来た」で名が知れた「五代友厚」さんが、明治の初めにフランスより技術者を呼び 栄えた鉱山だそうです。
c0292342_16193261.jpg


銀山内は気温13度で、涼しいというよりも寒いので、夏でも薄手の上着が必要だと聞いていたので準備は万端でした。
c0292342_16273968.jpg
ごく一部が見学ルートとして公開されていますが、実際の坑道は、長さ350メートル以上、深さ880メートルにも及ぶそうです。
まさにアンダーグランドの世界です。

「白銀も黄金も玉も何せんに 勝れる宝子にしかめやも」 山上憶良(万葉集より)
その昔、学校で習いましたよね。
万葉の時代も今の時代もやっぱり同じ。でも白銀黄金の価値は、この時代はどれほど貴重な物だったんでしょうね。



今年の夏季休暇中の丹波つれづれ旅は終了です。
来年は、さて何処に行きましょうか・・・

旅は終われど、主人の長い夏季休暇は続いているので、また一緒に大阪に帰って、オリンピック観戦の毎日を送っております。


長い旅のブログにお付き合いくださりありがとうございます。
By ユミでした056.gif


  
[PR]
by iyim2012 | 2016-08-13 22:13 | 旅行 | Comments(10)

丹波つれづれ旅2016 Ⅱ

主人の赴任先を拠点に、定年までの夏季休暇を利用してあちこち巡る旅の企画。
昨日帰って来たので、旅を振り返りたいと思います。

先ずは舞鶴に行ってきました。

福知山の主人のアパートから舞鶴若狭自動車道をとおり、舞鶴までは約1時間ほど。

舞鶴は何度か訪れているけれど、こんなにゆっくり色々行ったのは初めてです。まさに物見遊山。


最初に行ったのは、「赤レンガパーク」とよばれているエリアです。
c0292342_22054815.jpg


明治、大正時代の海軍倉庫が今も残され、イベントホールやショップ、学べる場所などのコミュニティの場としてリノベーションされています。
c0292342_22100385.jpg

旧海軍が築いた美しいレンガの風景は、浪漫が薫るノスタルジックなエリアです。
c0292342_22174775.jpg

舞鶴市街には、他にも赤レンガの風景が見られます。
明治37年、海軍引込線として設けられたれんが造りのトンネル「北吸トンネル」
c0292342_22213991.jpg


次に行った、引揚記念館は、昨年ユネスコ世界記憶遺産に登録されたそうです。
第二次世界大戦後の引き揚げの歴史を後世に伝える、大切な資料館です。
c0292342_22234161.jpg

父も戦争を経験し、リベリア抑留を経て、ここ舞鶴に引き上げてきたと生前よく話していました。
亡くなる少し前に、引揚記念館に行きたいと言っていたので、ただただひたすらに父の思いが身に染みて、感慨深い思いで見学しました。

終戦の年から13年間、66万人の引き揚げ者を迎え入れた、終戦と平和のスポットです。
c0292342_22311272.jpg

引揚記念公園から見た景色は、平和そのものですね。
クレインブリッジは二羽の鶴をイメージして造られたそうです。
c0292342_22342703.jpg


海上自衛隊の大きな護衛艦を横目で見ながら、五老ケ岳公園ヘ向かいました。
五老スカイタワーからのロケーションは、近畿百景のひとつです。
c0292342_22455327.jpg

そして舞鶴を後にして、福知山へと戻ります。

福知山市毛原地区の棚田
日本棚田百景に選ばれているそうです。
c0292342_22482465.jpg

棚田の景色が好きなので、何処かに行くと棚田はないだろうかと検索します。
つれづれ旅で見つけた、福知山の棚田。主人も知らなかった。
c0292342_09524107.jpg



この後のパワースポット巡りと、次の日の旅の記録は、次回へと続くことに致します。



本日もお付き合いくださりありがとうございます。
By ユミでした056.gif


  
[PR]
by iyim2012 | 2016-08-12 13:07 | 旅行 | Comments(8)