十色生活

iyim2012.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:お出かけ( 75 )

お雛様にお別れしました

大きな断捨離をしました。
娘達のお雛様です。


管理していくのが大変になって来たと感じ、手放すことを決めました。
年明け早々に出して、旧暦のひな祭りの3月末まで飾っていました。



その間色々考えた結果、お内裏様とお雛様の一対は手元に置くことにしました。

お内裏様とお雛様だけなら、私ひとりでも出せます。
毎年出して、お顔を眺めたいと思います。

後の人形たちは、人形供養としても有名な和歌山市の加太にある「淡島神社」で供養していただくことにしました。

c0292342_12490187.jpg

境内には供養の為に納められた、無数の雛人形や市松人形、はてはフランス人形まで、多種多様な人形たちが所狭しと並べられています。
c0292342_12514697.jpg

c0292342_12521038.jpg
c0292342_13133186.jpg


持って行ったお雛様は本殿でお祓いしていただき、3月3日に白木の船に乗せられて、加太の海に雛流しされます。
環境上、流しっぱなしには出来ないので、その後境内でお炊き上げをしていただけるようです。

人形たちを神社の箱に納めましたが、変わらず優しいお顔をしていました。



淡島神社の鳥居の横にある「満幸商店」はテレビでもよく紹介されるお店です。

山盛りで有名なしらす丼を食べてきましたよ。
c0292342_13343736.jpg
これで普通盛りなんです。
ご飯に行きつくまで、パラパラとしらすが落ちまくり・・・そのための受け皿なんですね。

タープ屋根も傾いてるようなお店ですが、順番待ちする人気のお店です。
梅干しとワサビの入ったタレをかけていただきます。
c0292342_17343995.jpg



ローカル的な余談ですが、加太は海水浴やサーフィンで、大阪からでもみんなが行く磯ノ浦海岸の横にある地域です。
夏や土日はすごく混雑し、道も渋滞する事が頻繁にありました。
ところが、大阪から続く国道26号線のバイパスが、和歌山の孝子まで4月1日に開通されていたのです。
あの深日の渋滞にも合わずに、高速を使わずともスイスイと和歌山市内まで行けそうですよ。
ジモティやサーファーには嬉しい事ですね

これで私も和歌山イオンに短時間で行けそうだわ。


道の駅「みさき」も4月2日にオープンしていました。
買い物をして、あまおうソフトクリームも食べて帰りました。
c0292342_17354346.jpg


今日も訪問していただきありがとうございました。


  
[PR]
by iyim2012 | 2017-04-17 07:29 | お出かけ | Comments(14)

桜、咲くら。。。

私の桜ショット&お花見弁当

思えば去年の今頃は、目の手術をしていたので、お花見どころではなかった。
去年のブログです↓



今年はお天気が崩れた日も多かったので、ゆっくりと桜を愛でることも少なかったかもしれないけれど、毎日車の中から咲き競う桜を眺めたり、皆さんのブログやSNSから、毎日美しい桜の写真を拝見させてもらっている。

桜並木の桜のトンネルや、川沿いの桜、散った花びらが雪景色のような桜の絨毯、山里にひっそりと咲く桜・・・
どれもが美しく、どれもが春いちばんの風景です。

立てに長い日本列島 ネットの上ではもうしばらく桜を楽しめそうです。



竹内まりやの大好きな歌「人生の扉」の歌詞ではないけれど、満開の桜を、この先いったい何度 見ることになるだろう・・・

出来る限り毎年、移り行く四季の景色を目に焼き付けたい。
今年は何年かぶりに、いま開催中の「造幣局の桜の通り抜け」に出かけました。

c0292342_15031348.jpg

こんな感じで、桜と同じくらい人も見事です。
c0292342_15042273.jpg

c0292342_15045099.jpg


造幣局の桜には、1本1本名前が付いています。
そして通り抜けでは、毎年「今年の花」というのが選ばれます。

こちらが今年の桜の「鬱金(ウコン)」です。↓
少し緑がかった白い花が、生姜科の鬱金の根に似ている事からつけられたそうです。

江戸時代に京都、知恩院に植えられていた木ということです。

c0292342_15070861.jpg

先週見た 大川の桜もまだまだ綺麗でした。
c0292342_15092864.jpg



家のすぐ横の遊歩道の桜は、孫チャマ達と一緒に楽しみました。
c0292342_23261968.jpg
c0292342_23264011.jpg


ちなみに「さくら」という名称は、「咲く」という言葉に、複数形「ら」がプラスされ出来たという説もあるそうです。


今日も訪問していただきありがとうございました。


  
[PR]
by iyim2012 | 2017-04-15 09:38 | お出かけ | Comments(10)

やっと春がやって来た

今朝は雨がしとしとですが、ここ4、5日で、一気に暖かくなってきた。
各地では桜の便りもさかんに聞かれるようになり、いよいよ春本番ですね。
今年は寒い時期が長かったので、待ってたよ、春!!

去年から私の花粉症はうんと楽になったこともあり、花の香りや木々の清々しさを感じると、やっぱり何処かに行きたい気持ちがうずうずと頭をもたげる。

仕事を辞めても、変わらず活動的な日々は続いている。
結果、ブログも日記のように・・・(^^ゞ



友達と桜を見に行って来ました。
全体的にはまだ5、6分咲きくらいだったけど・・・

大川さくらクルーズです。
c0292342_22291086.jpg

かつて水の都と呼ばれた大阪。
大都会の中の河川は今も美しいです。
そしてその両側には、桜がいっぱいなんです。
c0292342_22351718.jpg
曇り空の一日でしたが、クルーズは爽やかな風を受けて、とても心地よかったです。


中之島エリアには、川沿いにステキなテラスカフェがたくさんあります。
c0292342_22420746.jpg

c0292342_22423406.jpg
お目当てのノースショアカフェは長蛇の列だったので諦めて、「BUON GRANDE ARIA(バーングランデアリア)」で、もちろんテラスランチ!


中之島界隈の散歩を楽しんで、カフェタイムもやっぱりテラスカフェ!
赤い飲み物は、ブラッドオレンジジュースです。
c0292342_23084054.jpg

中央公会堂、中之島図書館。。。レトロな歴史建造物と雑貨屋巡りも楽しんで。
この辺りは、都会の真ん中の憩いの場所ですね。
c0292342_23164155.jpg

好きなカフェ、好きな食べ物、好きな場所・・・
咲いている桜も5分咲きの桜も含め、心華やぐ満足出来た春の一日でした。


     *****


もう一つのお出かけです。
春休み中の孫クン二人を連れて、ドラえもんの映画「のび太の南極カチコチ大冒険」に行ってきました。
両手に花、ならぬ両手に孫でデートでした。


映画の後のお昼に食べた、マクドナルドのハッピーセットのオマケもちょうどドラえもん。
c0292342_23222504.jpg

いとこ同士の孫クン達。
保育園の卒園式と、1年生終業式で、大好きな先生と別れるのが辛かったらしく、ホロリと涙を流していたという二人です。

そんな純真でピュアな心を、いつまでも持ち続けて欲しいと思います。


今日はそんな孫クンひとりの入学式。
今からチビ姫チャマのお守りに行ってきます。

それでは皆様も愛ある一日を。。。



今日も訪問していただきありがとうございました。


  
[PR]
by iyim2012 | 2017-04-07 07:05 | お出かけ | Comments(10)

グレース・ケリー展

阪急うめだ本店で開催中の「グレース・ケリー展」
ーモナコ公妃が魅せる永遠のエレガンスー

日本とモナコの友好10周年を記念した催しです。

グレース・ケリーが私を呼んでいる~(笑)
まるでそんな風に思ってしまうほど、行きたい気持ちが膨らんで、思い立ったが吉日!
ちゃっちゃとひとり行って来たしだいです。
c0292342_19044383.jpg

20世紀を代表する美女と謳われ、ハリウッド映画界のトップ女優として活躍し、人気絶頂の中、モナコ王妃となる道を選んだという話は、有名すぎるほどですよね。

女優時代の映像、アカデミー賞のオスカー像、公務やプライベートで実際に愛用していた洋服や小物など140点が展示されています。

c0292342_19115358.jpg

c0292342_19192032.jpg
2点の写真はお借りしました



シャネル、ディオール、サンローラン、ジバンシー、エルメス・・・トップメゾンのドレスやスーツと、その衣装を着た写真の数々。
50年ほども前の物なのに、今でも充分ス・テ・キ~

お気に入りの眼鏡やサングラスもお洒落、その眼鏡やサングラスにも負けていない、それぞれのケースまでもがとってもお洒落。

そしてクールビューティーと賛美された気品ある女性像。

贅を極めた衣装や小物だけではない、国民や家族を慈悲深い愛で包んだ王妃の人となりも、よ~く伝わりました。
私生活では花を愛し、押し花の作品もいくつも作ってられたようです。





展示会を記念したオリジナルグッズのコーナーも、楽しみにしていました。

メイク用品、マグカップなどの雑貨、アクセサリー、ポーチやバッグ、ステショナリー・・・
もうどれを見ても目がハートです。053.gif

c0292342_14031395.jpg

ガラスケースに入った、マリアンヌ・バトルさんのビーズのブローチが数点。
その中のブラックドレスのブローチのグレースと目が合ってしまい、しばし見つめ合う・・・(笑)


すっかり両想いになってしまい、お買い上げしてしまいました。
c0292342_22423015.jpg

グレース・ケリー展@大阪

連日、大好評らしいです。
入場制限が設けられた時間帯もあったとか・・・

6日までです。次は名古屋で開催するそうですよ。


*オマケ*
阪急デパ地下で買った物

マシュマロエレガンスのチョコマロ
そして並んででも買いたかったグランドカルビーのポテトクリスブ
c0292342_22553540.jpg
今年のホワイトデーはグランドカルビーに決まり!
やっぱり少し並びました。



今日は3月3日 雛祭りですね。
うちのチビ姫チャマは初節句になります。

初節句のお祝いは次の日曜日のお楽しみです!(^^)/




今日も訪問していただきありがとうございました。


  

[PR]
by iyim2012 | 2017-03-03 09:00 | お出かけ | Comments(14)

教育と教養

先日、姉と鈴木美智子の朗読劇という物に行って来た。

鈴木美智子さん・・・ラジオのパーソナリティで「ありがとう浜村淳です」や「ヤングタウン」など関西で活躍されていた。
最近ではラジオは殆ど聞かない私でさえ、その喋り口調と声は耳に馴染んだ懐かしいものでした。


オープニングの挨拶で、印象に残った話題がふたつありました。

★「人間、いくつになっても「教育」と「教養」は大事ですよ。
特に60歳過ぎたら『教育(きょういく)は<今日、行く所>』『教養(きょうよう)は<今日、用事がある事>』が大切なんですよ。
この<今日行く所>と<今日用事がある事>が毎日の元気を作るんです」

鈴木美智子らしいわ。。。

そしてもう一つ
★「一、十、百、千、万」これは<一日一回笑う><一日十人の人と会う><一日百の文字を書く><一日千の文字を読む><一日一万歩歩く>
これを心がけることが、やはり元気のヒケツだと話していた。

会場を見渡せば、私より上の世代の人達が大半。 笑いと共に、ウンウンとうなずいていた。

朗読劇は、それなりに臨場感たっぷりで「泥の河」など胸にじーんと来るものもあったのだけれど、
朗読劇よりも、ふたつの話題、特に「教育と教養」のフレーズがうたい文句のように、いつまでも頭でぐるぐると回っていた。
そんな自分に笑えた。




会場は堺だったので、「さかい利晶の杜」へ寄ってみました。
c0292342_10210061.jpg


堺はかの著名な千利休と与謝野晶子が産まれた土地でもあります。
利晶の杜には「千利休茶の湯館」と「与謝野晶子記念館」のミュージアムがあります。
c0292342_16074137.jpg


隣には茶道会にとって「聖地」である利休屋敷跡があります。
400年前からの井戸もまだ枯れずに残っています。
c0292342_16135142.jpg


茶の湯館では、表千家、裏千家、武者小路千家のお点前がいただけます。
この日のお菓子は、堺の銘菓店宝泉の、「百梅」でした。
c0292342_16174196.jpg



そして同じく利晶の杜にある「梅の花」のディナーで締めくくりました。
c0292342_16183939.jpg
c0292342_16195587.jpg



今日も訪問していただきありがとうございました。


  

[PR]
by iyim2012 | 2017-02-10 08:58 | お出かけ | Comments(12)

ザ・ファーム ユニバーサル

忙しくなればなるほど、年末への気持ちが重くのしかかる最近。
気になってた場所への気持ちを、ひとつ片づけようと出かけてきました。


tha Farm UNIVERSAL。。。
夏頃、毎日放送のちちんぷいぷいで見て以来、ずっと行きたかったお店です。

“全ての人が楽しめる植物の楽園”をコンセプトに、カフェや植物園的な施設を併用した、植物を愉しむためのガーデニングセンターです。


広い敷地の中でも、一番のステキだと思った場所は、カフェFARMERS' KITCHENです。
c0292342_18010318.jpg

室内とは思えないような、植物あふれる空間です。
c0292342_18014605.jpg


プレミアムリッチココアとクリームブリュレの甘々で~(^^ゞ
c0292342_18061169.jpg
スイーツだけではなく、サラダやピザやパスタもあり、お食事も出来ます。
冬だから室内だったけど、テラス席もとびっきりステキでした。



多肉植物や観葉植物が売られているのはもちろんですが、ガーデニング用品も充実していてガーデニング教室もあるようです。

そしてあちこちに、写真が撮りたくなるようなお洒落な場所がいくつもあるのです。
c0292342_17573608.jpg
まるでちょっとしたテーマパークのようですね。


c0292342_18120317.jpg
c0292342_18122927.jpg

グリーンネックレスと、エアプランツを買って帰りました。
c0292342_18151554.jpg


自分の家は本格的なガーデニングは出来ないチンケな庭だけど、綺麗な物、可愛い物、素敵な景色は大好きな私。
そういった意味で、またぜひとも行きたいお店が出来ました。
c0292342_18161130.jpg

元々は純和風の植木屋さんだったとか。
今はワクワクする空間のお店に変身ですね~


P.S 今日の夜、SONGSでは吉田拓郎スペシャル、そしてMBSでは毎年の楽しみ小田和正さんの「クリスマスの約束」が・・・
こりゃ、眠れないな~



今日も訪問していただきありがとうございました。


  
[PR]
by iyim2012 | 2016-12-23 09:15 | お出かけ | Comments(10)

京都を歩く、買う、観る

前回の京都市美術館からの京都歩きです。

京都市美術館から西の方角に行くと、京都で三大老舗旅館と言われるほど有名な「柊屋」があります。
c0292342_17341337.jpg

そしてそのお向かいには、同じく三大老舗旅館の「俵屋」です。
c0292342_17352271.jpg
c0292342_17354019.jpg

そして俵屋の裏手の方に、俵屋旅館のアメニティなどを扱っている「ギャラリー遊形」があります。
俵屋で使用している商品が購入できます。
c0292342_17381990.jpg


今回、前に靴をいただいたお洒落な先生に、お礼の品を買いたかったので行ってみました。
オリジナルの石鹸や、器、お菓子など・・・ 2階はナイティやストールなどの布物です。
c0292342_17393952.jpg
ブロ友のあきこさんが九州から、ほんの数日前にこちらを訪れていました。
あきこさんを思いながら、ギャラリーの中を見ていました。
「あきこさん、私も行ったよ~(*^^)v」 




その後はパワースポットである伏見稲荷大社へと。
大人になってからは2度目です。 お山全体がパワースポットです。
c0292342_17501944.jpg

伏見稲荷は外国人が行きたい京都の、3年連続トップなんですって。
と、言われているだけあって、ほとんどが外国の方達です。

千本鳥居の写真が撮りたかったのですが、人が多すぎでしょ~
なかなか写真が撮れません~(-_-;)


でも運よく、下りに人がほとんど入らない写真を数枚撮ることが出来ました。(*^^)v
c0292342_17562212.jpg
c0292342_17564598.jpg


余談ですが、京都の三大老舗旅館のもう一つは「炭屋」らしいですよ。

そういう老舗旅館、いつかは泊まってみたいですね~


今日も訪問していただきありがとうございました。


  
[PR]
by iyim2012 | 2016-12-03 00:08 | お出かけ | Comments(16)

京都で伊藤若冲展

晩秋のこの時期、ぜひとも見ておきたかった若冲展、行ってまいりました。
c0292342_19054934.jpg

今年は若冲生誕300年を記念して、若冲が産まれた京都のあちこちで若冲を見る事が出来ます。

京都市美術館の「若冲の京都 KYOTOの若冲」展。
この時期しか見れない物、見たかった物を見てきました。
若冲ファンは年々増えているそうで、長~い行列が出来ていました。
c0292342_21095758.jpg

見たかった「樹花鳥獣図屏風」は、22日からラストの12月4日までの展示です。
入場してすぐに、その絵はありました。
c0292342_19140544.jpg

静岡県美術館蔵の、面白い動物や珍獣が描かれた若冲の傑作ですが、実はこの絵にとても良く似た「鳥獣花木図屏風」という絵があって、アメリカの若冲ファンのジョー・プライス氏が所有しています。
c0292342_19173915.jpg


この二つの絵を同時に見れるという展覧会が今年の3月に滋賀県であったらしいのですが、今更行く事も出来ないので、せめて静岡県美術館の方だけでも見たいと、あえてのこの時期を選びました。


この屏風絵は二つとも、モザイクのように細かい枡目が描かれていて、そのひとつひとつを色で埋めて図柄を浮かび上がらせているのです。
c0292342_21110167.jpg

他の作品もそうですが、江戸時代という大昔に、流派もルールも持たずに、自由なこの発想と描かれている動物の面白さ。
驚くほど緻密な描写、豊富な色彩。
ストレートにただただ面白い、独創的な絵ばかりです。

絵画にあまり興味のない人でも、楽しむことができると思うのです。


すごいな、若冲って人は。
絵を見れば人気の秘密がよくわかりますね。


美術館は、私以上に若冲フリークの友達の解説付きで。ラッキー(*^^)v
美術館の帰りに行った所はまた次回にでも。


今日も訪問していただきありがとうございました。


  
[PR]
by iyim2012 | 2016-12-01 20:14 | お出かけ | Comments(8)

西国三十三カ所めぐり 勝尾寺

なんともゆるいペースで、少しずつ進んでいく私の巡礼、三十三カ所札所参り。

今年は桜の頃には桜の名所、京都 醍醐寺へ、
そして紅葉の頃には紅葉の名所として名高い、箕面は「勝尾寺」に行ってまいりました。

c0292342_16444987.jpg

勝尾寺は西国三十三カ所参りの23番札所となっています。
c0292342_16462934.jpg


源氏、足利氏など時代の覇者たちが勝ち運を祈願したという寺。
人生すべてに「勝つ」として現在も受験、病気、商売、スポーツ、芸能など勝ち運、成功を祈って、境内の至る所に勝ちダルマが奉納されています。
c0292342_01043978.jpg


さて紅葉はといいますと、見ごろ一歩手前という感じでしょうか。
広大な敷地に植えられている四季折々の草木のグラデーションが美しい。
c0292342_11065309.jpg


およそ1000本のカエデが色とりどりに染まり、秋ならではの景色が広がります。
c0292342_11071266.jpg
c0292342_11073739.jpg

そしてこれが府下の景勝地としてよく知られている「箕面の滝」です。
c0292342_11184156.jpg



どんどん深まってますね~、秋
紅葉に彩られた景色は、心を満たします。
c0292342_11424373.jpg
自分の心も見つめます。



今日も訪問していただきありがとうございました。


  
[PR]
by iyim2012 | 2016-11-20 11:51 | お出かけ | Comments(18)

京都 瑠璃光院の秋 sanpo

京都は八瀬、瑠璃光院に行ってきました。
瑠璃光院は毎年、新緑の美しい春と、紅葉の鮮やかな秋、それぞれ2か月しか特別公開されないそうです。
c0292342_16043747.jpg

今年春に八瀬を訪れて、秋には絶対に瑠璃光院へ、と思っていました。
c0292342_16071326.jpg

わずかに色づき始めた紅葉でしたが、もう少し先になると毎日200人位の人が来て、入場制限がかかるほどの混みようになるのだとか。
そんな事を聞くと、ちょうど今頃が良かったのかと・・・

でもこの日もぞろぞろと沢山の人が訪れていました。
c0292342_16090040.jpg

12000坪の広大な敷地に建てられたお寺で、数寄屋造りの切り取られた窓からは、苔の絨毯、馬酔木と紅葉の木々などが楽しめます。
c0292342_16121266.jpg
c0292342_16160813.jpg
c0292342_23425470.jpg


ゆったりと、気持ちを落ち着けて佛説観無量壱寿経を写経します。
c0292342_16184896.jpg

ーこころ和む、からだ憩う、いのち癒すー 瑠璃光院
素敵なお言葉をいただきました。
c0292342_16241316.jpg
c0292342_21092293.jpg


そして帰りには、隣接するルイ・イカール美術館へも。
春にも訪れた美術館です。
c0292342_16301328.jpg

ひっそりと隠れ家的な美術館。
やっぱり素敵な空間です。
c0292342_16312082.jpg

2階には朝の部屋、昼の部屋、夜の部屋があります。
私はこちらの夜の部屋が一番好き。
c0292342_16305526.jpg
c0292342_16331966.jpg


こちらも瑠璃光院の特別公開に合わせて、1年の間に春と秋、それぞれ2か月間しか開いていません。


春のルイ・イカール美術館のブログ投稿にはもう少し詳しく書いています。




今日も訪問していただきありがとうございました。


  
[PR]
by iyim2012 | 2016-11-12 21:10 | お出かけ | Comments(16)