十色生活

iyim2012.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:お出かけ( 75 )

ハシゴしました

最近忙しいのは、外でもない自分の好奇心のせいでもあるのです。

2日まで大丸梅田店で開催されていた田中達也さんの「MINIATURE LIFE(ミニチュアライフ)」展、滑り込みで行くことが出来ました。
その日は娘の所の用事はお休みさせてもって、朝からひとりワクワク~!!(´∀`*)ウフフ
c0292342_19112833.jpg

「ひよっこ」は終わってしまったけれど、オープニングに流れていた、あのミニチュアの世界です。
c0292342_19131243.jpg

身近な物を景色に見立て、人形は約1.5cmというからあっぱれです。
c0292342_19233921.jpg

とにかく人形の動きがリアル過ぎです。
c0292342_19262932.jpg
c0292342_19270548.jpg

アイディアから広がる世界観が凄すぎです~~
c0292342_19354908.jpg


せっかく電車で大阪市内まで出たのですから、
この後、阪急梅田店で開催中の「白洲正子ときもの」展へ。
c0292342_19372113.jpg
白洲次郎、正子ご夫婦、実は好きです。
東京町田にある、旧白洲邸の「武相荘」へも訪れたほどの隠れファンなんです。



予定ではこの後、もう1カ所だけ、美術展にいくつもりをしていましたが、この地点で意外と私、元気なんです。
まだまだ行けるぞ!
なので、さらにもう1カ所追加して行く事に・・・


追加した大丸心斎橋店で開催中の「オードリーヘップバーン写真展」へ
c0292342_19463254.jpg
数本の名作映画に出演したオードリーの姿をとらえた貴重な写真たちです。
妖精のように可愛らしく、いきいきとした彼女は、未だ世界中を魅了し続けていますね。


最後は高島屋難波店で開催中の「民藝の日本」展です。
c0292342_19531694.jpg
柳宗悦が日本各地で集めた民芸品が集結です。
名もない職人たちの手仕事の素晴らしさです。

美術展に伴って、展示即売のコーナーでは「山ぶどうの籠」「曲げわっぱ」「砥部焼」「瀬戸焼」「南部鉄器」「網代編みの籠バッグ」etc・・・
もう数々の誘惑を振り切るのに大変だったわ。
でも目の保養にと、眺めるだけはタダですから。(´∀`*)ウフフ


それにしても1日で4件の美術展をハシゴするなんて・・・
笑ってやってください。( ̄∇ ̄;)ハッハッハ

心は満たされましたが、足は棒のようでした。(*_*;
c0292342_14590317.jpg


好奇心はあっても、最近は出かけるのが億劫になることもしばしば。
「今日の私はどう?」
「何か予定はある? なければ何をする? 何処かに行ってみる?」
「やっぱりやめとく?」
自問自答しながらの毎日。

でも年齢のせいにはまだしたくないから。



今日も訪問していただきありがとうございました。


  
[PR]
by iyim2012 | 2017-10-03 22:43 | お出かけ | Comments(14)

一生に一度は見たい名画

「一生に一度は見たい名画、ついに大阪へ!」
こんな自信ありきな大胆なキャッチコピーが着いた絵画展が、「ブリューゲル『バベルの塔』展」

10月半ばまで、中之島の国立国際美術館で開催されているので、行ってみました。
芸術の秋ですもんね。
c0292342_17394153.jpg

「バベルの塔」は、旧約聖書に登場する物語の中の空想の世界の中の塔。

500年前、何人もの画家がバベルの塔を描いた。
中でもブリューゲルが描いた、この空想の世界のバベルの塔の絵は、独創的で緻密な描写、世界的にも至宝と言われるほど称賛されている。


その絵は、思ったよりも小さかった。
その小さな絵の中の塔は、壮大なスケールで空へと伸び、未だ建設中だ。
よく見ると、米粒よりも小さな人がたくさん働いて作業している。その数1400人!?
c0292342_23595501.jpg

なんという細かさ。
小さなキャンバスに、どうすればこんな緻密な絵が描けるのだろう。想像もつかない。

モンサンミッシェルや、ポロヴドール遺跡を見た時と同じ感じ。
圧巻という以外、言葉が出ない~~!!!
日本には24年振りに来たらしいから、ほんとに一生に一度しか見れないかも・・・



名画観賞の後のランチは、美術館近くのアジアン料理のお店に。
あまり時間がなかったので、軽く食べる。
c0292342_17543136.jpg
季節の野菜のココナッツカレー


c0292342_17552105.jpg
軽くと言いながらも、デザートもしっかりいただいて。




今年はいつになく一気に涼しくなって、台風はやってくる季節だけど、9月と言えばもう秋。
ネイルも涼しげに秋を先取りで、スモーキーなグリーン、グレーがかったオフホワイト、グレーがかったベージュ
c0292342_10154506.jpg
少しずつ秋色にシフトしています。



芸術の秋、読書の秋、食欲の秋、スポーツの秋、お洒落の季節も到来です。

好きな季節を心行くまで堪能したい。
どんどんお出かけしたい心境・・・

でもまずはすぐにやってくる台風、皆さんお気をつけください。



今日も訪問していただきありがとうございました。


  
[PR]
by iyim2012 | 2017-09-16 09:27 | お出かけ | Comments(8)

ランチとお寺参りはセットです

前回の御朱印長の流れです。
お察しの通り、今日は西国三十三カ所参り、21番札所「穴太寺」にお参りした事です。

先ずはお参りの前に、腹ごしらえをと、
事前にリサーチして、行ってみたいと思ったお店に向かいます。

「BISTRO 仙人掌」(ビストロ サボテン)
c0292342_18134843.jpg
ツタのからまる古民家をリノベーションした一軒家です。
隠れ家のような、古民家ビストロ・・・味のあるちょうどよい感じの古めかしさ。
自転車が絵になる景観です。  
好きな雰囲気のお店でした。

c0292342_18185267.jpg

ハーブを使ったビストロ料理のメインは、牛肩ロースステーキ 香草バター添えをチョイス
お昼から、ステーキだぜぃ~! (´~`)モグモグ


c0292342_18251612.jpg

完璧でない手作り感の改装やインテリアが、いい雰囲気を出している店内です。
次から次へと来店し、あっという間にほとんど満席になってました。
近くだったら、絶対にまた来たいお店です。



「BISTRO 仙人掌」
京都府亀岡市篠町見晴5-20-8  ℡0771-22-8541
定休日:月曜日  11:30~14:30 17:30~21:30  



仙人掌(サボテン)ってこんな字を書くんですね~
どちらかと言えばランチのこのお店をアップしたくて、「穴太寺」はオマケのような気分です。

でもせっかくだから「穴太寺」もちゃんと残します。
c0292342_18413110.jpg


奈良時代末期に創建されたという素朴な古刹で、亀岡ののどかな田園地帯にひっそりと佇むお寺です。
c0292342_15062519.jpg
本堂の片隅に鎮座する、びんずるさん


病気平穏や安産祈願に名高いお寺です。
c0292342_15065165.jpg
優美で端正な姿の多宝塔



信仰心があるないにかかわらず、御仏の前では誰もが合掌し礼拝します。
祈る心は昔も今も変わりません。

疲れた体と心を癒した先人たちに思いを馳せ、静穏の心が自由を生むことを知ろう。





今日も訪問していただきありがとうございました。


  
[PR]
by iyim2012 | 2017-07-03 21:10 | お出かけ | Comments(14)

ドーナツと紫陽花

前回ブログの森の中のカフェ「マクロルスカイ」には、同じ敷地内に手作りのドーナツショップがあります。
「SO SO SOW」 ドーナツとコーヒー豆と雑貨のお店です。

アールグレイ、きな粉、ベリーのドーナツを買って帰りました。
c0292342_18265321.jpg
c0292342_18263804.jpg
可愛いお店です。 でも週に3日しかやっていません。


「SO SO SOW」
大阪府泉南郡熊取町小垣内4-1062
定休日 水曜、木曜、土曜、日曜  13:30~19:00



マクロルスカイでランチを食べ、ドーナツを買ってからは、あじさい寺と呼ばれている泉南市の「長慶寺」に行ってみました。
c0292342_18344410.jpg
c0292342_18351282.jpg

色々な花の姿をしっとりと味わおう。
c0292342_18353695.jpg

紫陽花のこの時期だけ持つという、贅沢な使い方をしている紫陽花柄の傘
晴雨兼用なので、梅雨時にありがちな小雨や曇り空のような天気にはピッタリ。
c0292342_18372498.jpg

「長慶寺」は広い敷地のお寺で、100段の厄除けの石段や、三重塔、多宝塔などに、終わりを迎えようとしている紫陽花が彩りを添えていました。
c0292342_18443111.jpg
c0292342_18445304.jpg
「長慶寺」
大阪府泉南市信達市場815  ℡0724-83-2692
真言宗泉涌寺派



*オマケ*
ハート、見っけ~(*^^)v
c0292342_18453359.jpg



今日も訪問していただきありがとうございました。


  



美しいあじさい&6月のイメージショット!


[PR]
by iyim2012 | 2017-06-30 09:07 | お出かけ | Comments(4)

美しい物

昨夜の雨と雷は驚くほどすごかったです。
一度おさまったかと思っても、再びゴロゴロピカピカー
結局朝方まで降っていました。 おかげで朝は爽やかです。


さて、大阪市立東洋陶磁美術館で開催中の
「ハンガリーの名窯 ヘレンド展」に行ってきました。
c0292342_21362803.jpg
茶器に精通した方ならご存知の方も多いと思いますが、マイセンやウェッジウッドなどと並び、オーストリア皇帝、ハンガリー王国御用達窯として190年の歴史がある、ヨーロッパで愛されている磁器食器です。


c0292342_21433179.jpg
写真は、撮影可の特設コーナーで写しました。
手作業、手描きに拘り、高い水準を目指したヘレンド磁器は、形の繊細さ、デザインのユニークな発想、色調、とにかく美しいです~(*´з`)

c0292342_21474441.jpg
ヴィクトリア女王やエリザベートが愛した食器たちは、中国と日本の磁器からも強い影響を受けたとされています。
習熟された約230点の作品により、ヘレンドの歴史と魅力を1点1点、目で楽しめました。

c0292342_08591305.jpg
普段は和食器を使う事が多いけれど、洋食器、磁器もとっても魅力的で美しいです。
記念にヘレンドの小皿、買って帰りました。1点1点手描きです。

少し前ならこういう時、図録を買ってましたが、結構お値段の張る図録から、手軽に買えるマグネットやポストカードに変わり、最近では殆ど買わなくなりました。
でも、そこだけにしか売っていない、小さな気に入った物と出会った時は、プチ贅沢しようと思っています。

この小皿もしばらくは眺めて楽しんで、たまにこっそり使って豊かな気持ちになろうと思います。




美術館のすぐそばには中之島公園のバラ園もあるので、愛でてきました。
c0292342_23220981.jpg
春バラももう終盤でしたが、相変わらずここは都会の中のオアシスです。
c0292342_23235832.jpg
「藤娘」という名の 何とも美しい色のバラ。。。



ランチは、4月の桜クルーズの時にお茶した、ロケーション抜群の「GABA weeks」にて
c0292342_09130081.jpg
お皿からはみ出さんばかりのフォカッチャですが、安心してください!中は空洞です。(笑)
そのフォカッチャの中に野菜やローストビーフを詰め込んでいただきます。

毎週水曜日はじゃんけんゲームが行われていて、ランチが無料になるそうですよ。
3回戦で敗退してしまったけど・・・(^-^;



ティータイムも前回混雑していて入れなかった「ノースショアカフェ」で
リベンジ出来ました。
c0292342_09203656.jpg
絵に描いたようなパンケーキ
飲み物は、ケールの入ったコールドプレスジュースにしました。

大川に面したステキなテラス席
(人がたくさんで店内の写真は自粛しました)



ヘレンド食器やバラ、お料理でも、美しい物や美味しい物は人の心を豊かにしますね。
これからももっと一杯、たくさんの美しい物をステキと感じて、人生をキラキラさせたい。。。


*****

「大阪市立東洋陶磁美術館」
大阪市北区中之島1-1-26  ℡06-6223-0055
ヘレンド展 7月30日まで開催


「GABA weeks」(ガーブ ウィークス)
大阪市北区中之島1-1-29中之島公園内  ℡06-6226-0181
無休 11:30~23:30


「NORTHSHORE CAFE&DINING」(ノースショアカフェ&ダイニング)
大阪市中央区北浜1-1-28ビルマビル1~2F  ℡06-4707-6668
不定休 7:00~22:00



今日も訪問していただきありがとうございました。


  
[PR]
by iyim2012 | 2017-06-02 08:58 | お出かけ | Comments(10)

プロヴァンスの隠れ家のようなお店

日差しがどんどんときつくなってきました。
初夏の陽気に誘われるように、植物たちも生き生きと目覚めるような季節ですね。
みずみずしく生命力に満ちた花やグリーン。

雑貨屋さん巡りと同じように、ガーデニングのお店に行くのも好きです。
c0292342_18414409.jpg
お隣の市に、こんな個性的なお店がありました。


主要道路に面しているのに、ここだけは別世界。
まるでフランスのプロヴァンスに居るようです。
c0292342_18442832.jpg

こういうお店、何と呼ぶのだろう? ガーデニングショップ?
ナーサリー?
それともボタニカルショップ?

呼び名はともかく、「緑と暮らす豊かさを教えてくれるれる」そんなお店です。


前を歩くのはターシャ!?
そう言いたくなるほど、溶け込んでいますよね。
c0292342_18545464.jpg

アンティークのオブジェと共に、店内はガーデニンググッズも充実していました。
c0292342_22345550.jpg


我が家は草木を地植えする場所がない。
小さな庭だけど、その庭にあった楽しみ方をすればいい。
そしてそんな楽しみ方のヒントをいただこう。

c0292342_22480373.jpg

L'lsla-sur-la-Ring
リルシュルラリング 岸和田市箕土路町2-256-1 ℡072-440-2887


隠れ家のようなお店です。
c0292342_23024296.jpg




我が家の紫陽花
去年の公民館祭りで、1つ100円で購入した苗木は、色もわからないと言われて買った物。

二つとも「白」でした。
c0292342_16541494.jpg

そして今まで家庭菜園なんてしたことない私が、いったい全体どうしたと言うんだい!?(笑)
c0292342_10555882.jpg
みょうがにゴーヤ、ミニ胡瓜、大葉。。。
ちょっとあれば良い物、植えてみました。



P.S
6月からビールが値上がりするらしいですね。 昨日は3ケース、まとめ買いしてきました。



今日も訪問していただきありがとうございました。


  
[PR]
by iyim2012 | 2017-05-29 09:32 | お出かけ | Comments(14)

京都「建仁寺」と「ユキパリス」

5月後半、京都が続きました。

最初の京都は、友達のご主人のお墓参りが一番の目的で、オマケを楽しむ京都歩きです。
ちょうど命日の日でした。

初夏の日差しの中、4人でお墓参りを済ませ、オマケの徒然と賑やかな京都歩きが始まりました。
お昼は花見小路にある「ぎおん楽楽」にて
c0292342_23233485.jpg

花籠弁当
旬を食すとは、日本人の贅沢な食文化の一つだけど、目で頂く贅沢は、京料理ならでは。
c0292342_23252601.jpg
美味しいお料理は、何より会話が弾みます!(´▽`*)



続いては花見小路の端にある「建仁寺」へ。
京都最古の禅寺です。

俵屋宗達の「風神雷神図屏風」をはじめ、小泉淳作「双龍図」など絵画作品の宝庫とでも言えるお寺です。
c0292342_10165929.jpg
「風神雷神図屏風」

c0292342_10180116.jpg
「双龍図」天井画です。



その後、新緑の美しい哲学の道を堪能して
c0292342_10355218.jpg


前々から行きたかった「ユキパリス・コレクション」にお邪魔してきました。
c0292342_10364079.jpg

ユキパリスさんご本人が収集した、16~20世紀のヨーロッパ各地で作られた、レースや刺繍などの手仕事の作品を始め、古今東西の優れた美術、工芸などを展示したミュージアムです。


2002年に出来たというミュージアムには、アンティークと一口に言ってしまうのは勿体ないくらいの素晴らしく繊細で美しい物たちがぎっしりと・・・
1階はショップ、2階はギャラリーとして、京都の古い民家に溶け込んだ素晴らしい空間でした。


ユキさんは月刊誌への連載などもされ、著書もたくさんあります。
ミュージアムの中は残念ながら写真撮影はご遠慮願いますとのことなので、気になる方はこちらをご覧ください。↓


c0292342_11034998.jpg

たくさんの素敵な物たちの中から、約70年前のアンティーククロスステッチを購入し、レジにいらしたユキさんにお願いして、ショップの袋にサインしていただきました。



哲学の道沿いにあるリバーサイドカフェ「GREEN TERRACE(グリーンテラス)」でひと息ついて。

c0292342_21133934.jpg

その後は買い物タイムも忘れずに・・・

この日の京都は鴨川に納涼床が出揃いはじめ、そろそろ夏の匂いが漂い始めていました。


     
     ****

「ぎおん楽楽」
京都市東山区祇園町南側570-122 ℡075-532-0188

「建仁寺」
京都市東山区大和大路四条下ル小松町584 ℡075-561-0190

「ユキパリス」
京都市左京区浄土寺南田町14 ℡075-761-7640

「GREEN TERRACE」
京都市左京区鹿ケ谷法然院町72 テラス哲学の道 ℡075-751-8008





今日も訪問していただきありがとうございました。


  
[PR]
by iyim2012 | 2017-05-23 09:28 | お出かけ | Comments(18)

堺歩き「山口家住宅」

「山口家住宅」
堺市立 町屋歴史館 江戸時代初期に建築された町屋で、国の重要文化財に指定された家屋です。

前回のブログの糀カフェ→つぼ市製茶茶寮 からの堺歩きで行った所です。

c0292342_09402327.jpg
江戸時代、庄屋を務めていたお宅です。
その佇まいとゆったりした構えから、当時の豊かな暮らしぶりがうかがえます。


c0292342_09480399.jpg
堺は千利休生誕の地で、茶の湯の伝統があります。
山口家にも、江戸後期に茶室と水屋、待合が設けられています。


c0292342_09513436.jpg
見事な梁のある土間です。


c0292342_09532153.jpg
土間に5つものかまどがあるなんて、衝撃!
丁稚(でっち)や使用人も何人もいたんでしょうね。


実は10年くらい前まで、実際にお住いになられていたようです。
あちこちに暮らしぶりの一端を見ることができます。
c0292342_10002301.jpg

c0292342_10004709.jpg

c0292342_10015292.jpg


「山口家住宅」 堺市堺区錦の町東1丁2-31 ℡072-224-1155


観光ボランティアの方が説明してくれます。
昔人の暮らしのおこないがよくわかる、古い物、いいですね。

「山口家住宅」も「つぼ市製茶本舗」も、結婚前に働いていた信用金庫のすぐ近所でした。
なのに、若い時は興味なかったのですね。 当時は全く知りませんでした。




今日も訪問していただきありがとうございました。


  
[PR]
by iyim2012 | 2017-05-19 15:42 | お出かけ

プチドライブ 道の駅編

おはようございます。
今朝の朝ご飯は、パンonチーズon海苔onシラス、たくさん乗っけました。
c0292342_23404316.jpg


仕事をやめて、専業主婦になってから約一か月が過ぎました。
家に居ても、色々と用事はあるものです。
孫の顔も見たい、気になる所にも出かけたい。 相変わらず貪欲生活です。(笑)


ぽっかりと時間が空いた昨日です。
行き先も何も決めずに、ふらっと小さな一人旅気分で出かけたくなりました。
久しぶりのプチドライブです。


車を走らせながら買い物でもしようと思いつき、道の駅に行くことに。
時々行く道の駅よりも、もう少し先にある産直販売所に行ってみよう。

ところが、到着すると、定休日。(*_*; なんてこった~(/ω\)

引き返す? いいえ、もっと先に行ってみましょう。


定休日だった産直販売所よりも、もう少し先にあった道の駅「いずみ山愛の郷」って所を偶然に見つけたました。
入ってみることにする。
外構えは立派だと思って足を1歩踏み入れると、中はあらら、小っちゃ~~

何かを買わなければというのではないんだけれど、それでも初めての場所なのでやっぱり旅気分で色々見て回りました。
そんな当てもないぶらぶら感が、ドライブと一緒で案外楽しいものです。
c0292342_20522711.jpg


続いて買い物の後、さらにその道の先にある、「どうとんぼり神座」を発見!
で、久しぶりの神座ラーメン。
c0292342_20434134.jpg
c0292342_20442393.jpg

=「神座」と書いて「かくむら」と読みます。
昔から上座は、一番偉い人の座る場所という意味です。
一番偉い人、それは神様(お客様)あなたです。
そんな気持ちで「上座」を「神座」とネーミングしました= 

なるほどね~と横目で見て感心しながら、ラーメンをすする。
久しぶりの神座ラーメン、旨いです。


とは言え、ひとりラーメンなんて、私ってなかなか男前である。
いやいや、ただのオジサンやん。
人生2度目のひとりラーメン。 遅いお昼ご飯でした。



いずみ山愛の郷で買った物
c0292342_20503152.jpg

以前ブログにも載せたポン酢「うらら香」、こめ油、珍しい野菜「子持ち高菜」




こんな行き当たりばったりの日も好きです。
プチドライブ、最高~


今日も訪問していただきありがとうございました。


  
[PR]
by iyim2012 | 2017-05-10 08:55 | お出かけ | Comments(12)

日本一長い商店街

連休前の事です。
南森町での用事が、思いのほか早く片付いたので、天満橋界隈を徒然と歩いてみる事にした。

まず向かったのは天満天神「繁昌亭」
上方落語の唯一の寄席です。
c0292342_23224311.jpg
4年ほど前に一度落語を聞きに入った事があります。
終わって退出するとき、出演していた噺家さん達が、全員でお見送りしてくれたのが印象的でした。


繁昌亭のすぐ横にある大阪天満宮
c0292342_21101406.jpg
天満の天神さんと呼ばれていて、日本三大祭りの一つである天神祭りは、夏の有名なお祭りです。


そして、1丁目から6丁目まである、天神橋筋商店街
日本で一番長い商店街と言われています。
c0292342_23310018.jpg

c0292342_23312778.jpg

c0292342_23320146.jpg
全長2.6km
商店街を進むにつれ、アーケードの景色も変わります。


商店街途中の珈琲館「潤」で、ティータイム
c0292342_21351803.png


新しい店や昔ながらの商店も入り交じる中、見てるだけ~のそぞろ歩きは結構楽しいです。
ダウンタウンの浜ちゃんオススメのコロッケ屋さん「中村屋」は行列を作っていました。


あ、見てるだけではありませんでした。
古びた小間物屋さんで、思わず一目ぼれして衝動買いしてしまった物・・・曲わっぱのお弁当箱
c0292342_23184043.jpg

月に数回だけでもお弁当を作ろうという意気込みと、見た目に拘る性格ゆえの衝動買い。


たった月に数回のお弁当如きに・・・
主人は、ニトリの安いお弁当箱を使ってるって言うのに・・・(-_-;) ←心の声
(;´д`)トホホだけど、やっぱりステキ!(´艸`*)

心惹かれる、曲わっぱです。




*オマケ*
お昼ご飯は、難波の南海線高架下にあるいつかの「岩山海」にて海鮮丼
c0292342_21520512.png
このボリュームで1000円ナリ
数年振りのこのお店、まだあったのね。
そして私ってやっぱり、海鮮丼好きなのね。




「岩山海」の過去ブログ探しました。2年半前でした。値段もそのままでした。





今日も訪問していただきありがとうございました。


  
[PR]
by iyim2012 | 2017-05-06 22:00 | お出かけ | Comments(16)